BIOGRAPHY

小椋佳

【本 名】神田紘爾
【誕生日】1944年(昭和19年)1月18日
【出身地】東京・上野
【血液型】B型

1944年東京、上野に生まれる。1967年東京大学卒業後、日本勧業銀行(現みずほ銀行)に入行。同行に約四半世紀勤務、浜松支店長・本店財務サービス部長等を経て1993年退職。1994年東京大学法学部に再入学。文学部思想文化学科に進み、哲学専攻にて2000年大学院修士号取得。この間、1971年自らの作詩作曲による初LPアルバム「青春・砂漠の少年」を発表。3作目のアルバム「彷徨」は100万枚のセールスを突破。以来、ソングライターとして、布施明、中村雅俊、堀内孝雄、美空ひばり等、多数のアーティストへ作品を提供。「シクラメンのかほり」「俺たちの旅」「夢芝居」「愛しき日々」「愛燦燦」など数多くのヒット作品があり、日本レコード大賞を始め数々の賞を受賞。作詩作曲・歌手活動の他、執筆活動や舞台創造も重ねる。少年少女たちの演じる音楽劇「アルゴ」や、邦楽界の歌い手たちを起用しての新歌唱舞台「ぶんざ」「一休宗純物語」の公演がその代表。1998年以降、歌と語らいで綴る公演を「歌談の会」と称し、年間を通して全国各地にて開催中。2006年1月、「ぶんざ」「一休宗純物語」等に出演した高橋孝のデビュー・ミニアルバム「逢いたくて」をトータルプロデュース。2006年8月、約9年振りとなるフル・オリジナル・アルバム「未熟の晩鐘」をリリース。同年9月より2007年1月まで同タイトルのコンサートツアーを全国38会場(41公演)にて開催。2007年3月、西本智実を指揮者に迎え、ミューザ川崎にて洗足学園音楽大学オーケストラをバックに「未熟の晩鐘シンフォニーコンサート」を行う。2007年夏「ぶんざ」「一休宗純物語」に出演し、「歌談の会」でも共演中の伊東恵里のニューアルバム「LONLEY WITH YOU」をトータルプロデュース。還暦を迎えてもなお精力的に創作活動、若手の育成に励む。