BIOGRAPHY

ニック・ジョナス

ニック・ジョナス1992年9月16日生まれ。アメリカはテキサス州ダラスでジョナス家の三男として生まれ、11歳のときニューヨークに引っ越す。言葉を話す前から歌っていたというニックは2001年に『アニーよ銃をとれ』でブロードウェーデビュー。その後『美女と野獣』、『レ・ミゼラブル』、『サウンド・オブ・ミュージック』と、立て続けに大作の舞台に立った。その後、長男のケヴィン、次男のジョー、そしてニックから成るジョナス・ブラザーズを結成し、トータルで2,000万枚のセールスを誇り、1年間で最もシングルがUSトップ20に即エントリーしたグループとして2009年にはギネス世界記録に認定され、2008年のAmerican Music Awardでは最優秀新人賞受賞、グラミー賞では最優秀新人賞にノミネートされるほどの全米大人気グループとして活躍していたが、2013年に事実上活動を休止。その夏、一人で楽曲を書き始め、直々アイランド・レコードの社長デヴィッド・マッセイへ連絡し、見事契約へ。全米ではシングル「チェインズ」でデビューし、アルバム『ニック・ジョナス』を発表し、全米6位にランクイン。同年の秋には「Kingdom」というアメリカドラマシリーズのMMA ファイターの役を演じ、鍛え上げた肉体も話題となっている。そんな中、2015年、年明け早々2ndシングルの「ジェラス」が全米のラジオでNo.1エアプレイを獲得し、大ヒット中!