NEWS

TOPICS

【NE-YO×BENI】全英NO.1シングル「レット・ミー・ラヴ・ユー」夢のデュエット、遂に実現!

グラミー賞受賞、全米・全英NO.1アーティストNE-YOと、「男性ボーカリストによるヒットナンバーを英語詞で唄う」という画期的なコンセプト・アルバム『COVERS』が大ヒット中の話題の歌姫、BENIの夢のコラボレーションが実現しました。
2人がデュエットした曲は、NE-YOの10月31日に日先行発売されるニュー・アルバム『R.E.D.』からの1sシングル
「レット・ミー・ラヴ・ユー」。この楽曲は、全英のシングル・チャートでは既にNO.1を獲得し、全米、全英ともに大ヒットしています。
さらに、二人のデュエット曲「レット・ミー・ラヴ・ユー feat. BENI」は、ニュー・アルバム『R.E.D』に日本盤ボーナストラックとして収録されることが決定いたしました。

今回デュエットが実現した経緯は、NE-YOは5作目のスタジオ・アルバムを発売するにあたり、「今作では新たなことに挑戦したい」という意志がありました。邦人によるリミックスやコラボレーションというアイディアを検討していた時にレーベルメイトであるBENIの名前をレーベルが提案。NE-YOも彼女の『COVERS』を聴き、快諾。
NE-YOは現在マイケル・ジャクソン、スティーヴィー・ワンダー、ザ・シュープリームス等を世に輩出した老舗レーベル、モータウン・レコードのA&R部門のシニア・バイス・プレジデントを務めており、様々なアーティストのプロデュース、及び新人アーティストの発掘においてもその才能を発揮しています。
そのNE-YOが自ら、ディレクションを行い、ニュー・アルバムのリード・トラックである「レット・ミー・ラヴ・ユー」でのデュエットというアイディアが実現しました。
レコーディングは、9月末にNE-YOがプロモーション来日した際、都内のスタジオにて1日かけて行われました。

NE-YOは今回のレコーディングを終え、「素晴らしいものが完成したと思うよ。彼女の音楽は以前にも聴いた事があるし、彼女はプロフェッショナルだと信じていたんだ。」とコメント。また、BENIは「実は数年前武道館で彼のライヴを観に行った時に挨拶したことがあるの。数年後こうやってスタジオで共にレコーディングする事になるとは思っていませんでした。」とのこと。
約2年ぶりとなるNE-YOの新作『R.E.D.』(Realizing Every Dreamの略/読み:レッド)は10月31日に日本先行発売します。

NEWS一覧に戻る

 
 
 

FACEBOOK