BIOGRAPHY

NAS


Dendou 本名Nasir Olu Dara Jones、9月14日NYクイーンズ区生まれ、34才。ジャズ・トランペット・プレイヤー=オル・ダラの実子。94年、"ラップ史上最高作"と広くに評価され、90年代のラップ・シーンに多大な影響を与えることになったデビュー作『イルマティック』で衝撃的なデビューを飾る。オリジナリティ溢れるラップ・スタイルはもちろん、クイーンズ区のプロジェクト(低所得者住居)で育った彼は、"真なるストリートの代弁者"としてもリスペクトを受ける。96年に2ndアルバム『イット・ワズ・リトゥン』を発表、ポップな作風へと変貌を遂げたサウンドが幅広い人気を獲得し、全米チャート第1位に輝く。99年4月、コアとポップ的要素を取り入れた2枚組みの3rdアルバム『i am...』、同年12月には4thアルバム『ナストラダムス』をリリース。その後『スティルマティック』(01年)、『ゴッズ・サン』(02年)、『イルマティック』の10周年記念盤(04年)、『ストリート・ディサイプル』(04年)を発表している。2001年あたりからジェイ・Zとのビーフに火がつき、その後約4年間に渡る冷戦は続く。そして対立の行方が注目される中、2005年、NASがジェイ・Zのライヴ・ステージに飛び入り参加する形で和解は誰の目にも明らかとなった。翌2006年1月、NASはジェイ・ZがCEOの座に就いたDef Jamレーベルと契約を交わし、前作『ヒップホップ・イズ・デッド』をリリース。本作はDef Jamからは2枚目となる作品。