BIOGRAPHY

永田英二


 Biography 
生年月日:1955年5月29日
出身地:東京都
趣味:車
特技:BLUES HARP

1967年 6月 フォーリーブスの一員としてデビュー
1968年 9月 永田英二とハイソサエティー結成
1969年 8月 東芝レコードより「あこがれ」でソロデビュー
1970年 9月 渡米。アメリカにて「サーティンプレイス」をレコーディング
1972年 5月 帰国。スーパーエイジス結成
1974年 4月 ソニーに移籍「別れないでおくれ」リリース
1977年 5月 RCAより「青春挽歌」リリース
1980年 2月 ビクターより「コンジョレス東京」リリース

第2回新宿音楽祭 銀賞受賞。
デビュー以来ミュージカルの傑作「王様と私」の第一王子を演じ、その後ミュージカル「タッチ」にも出演するなど幅広く活躍。
1987年3月3日、プロダクション「株式会社オフィス・タッチ」を設立し、代表取締役になる。
代表としての仕事のみならず、「CLASSIC ROCK JAM」などの多くの音楽イベントの制作協力や、音楽プロデューサー、作曲家などとして多岐に渡り活動中。
また、特別顧問に就任している特定非営利活動法人国際薬物対策センターが推進する薬物乱用防止プログラムである「POWER OF ART PROJECT」に於けるエグゼクティヴ・プロデューサーを務め、「夢や希望が見えない人へ。厳しい現実と闘っている人へ。芸術に本来そなわっているチカラを通し勇気と希望を湧き立たせる。」というコンセプトに基づき、音楽を通じて「誘惑に負けない強い心を持とう」というメッセージを発信する為ライブイベントを開催。
2011年からは、東日本大震災へのチャリティー活動へも積極的に取り組んでいる。
過去8回開催された同イベントは多方面にて賛同と高い評価を得ている。

【PRODUCERとしての活動】
1991年
・東宝映画「電影少女」企画&音楽プロデュース
・東宝映画「白銀の標的」音楽プロデュース
・東宝映画「危険なふたり」音楽プロデュース

1993年・松竹映画「極道記者」音楽プロデュース
1999年・テレビ東京 HipHop/Club系音楽番組「Wipe Out」スーパーバイザー
2000年・東映映画 「極道の妻たち~リベンジ~」音楽プロデュース
2001年・東映映画 「極道の妻たち~地獄の道づれ~」音楽プロデュース
2004年・映画「少年と星と自転車」音楽プロデュース

【主なARTIST PRODUCE】
奥菜 恵 / 外道 / IZAM / 宮原 学 / DJ YUTAKA / 宇都美慶子 / 大西亜里 / RUMI / 桑名正博 and more

【主な作曲提供作品】
グリコ「パピコ」のCMソング
日本旅行のCMソング
宇多川都 『まぶしすぎて』 (東映映画『極道の妻たち リベンジ』エンディング・テーマ
2000年8月23日発売) and more

【主なミュージカル出演作品】
王様と私(1965年4月・梅田コマ劇場、1965年12月2日 – 27日、東京宝塚劇場)「劇団若草」時代に第一王子役で出演した。本名の「長田栄二」名義。
 ●いつかどこかで~フォーリーブス物語 (1967年6月、大阪フェスティバルホール、他全国公演、脚本:ジャニー喜多川、主催:民音)
 ●フォーリーブスヤングサプライズ 「少年たち -小さな抵抗-」(1969年12月、大阪フェスティバルホール・日生劇場)
 ●少年たちシリーズ ~ フォーリーブス・ライブ・ミュージカル 「生きていくのは僕たちだ!」(昭和46年度文化庁芸術祭参加作品ミュージカル。 原作:『17歳の絶唱』。 1971年10月29日&31日・帝国劇場。大阪・名古屋公演も有り)
 ●ミュージカル 「フォーリーブス物語 星に帰った若者」(1973年3月)
 ●見上げてごらん夜の星を (1973年6月17日 – 8月、フォーリーブス結成7周年記念ミュージカル)
 ●ライブ・ミュージカル 『少年たち ~フォーリーブス・不朽の名作~』(1975年4月5日 – 5月5日)「八田英士」名義
 ●タッチ (1980年)「永田英二」名義

【近年の主なLIVE出演】
 ●2011年 5月29日 LIVE in 青山gigabar TOKYO
 ●2011年 10月20日 LIVE in 原宿ASTRO HALL
 ●2012年 2月27日 LIVE in 渋谷GUILTY
 ●2012年 5月29日 LIVE in 渋谷GUILTY
 ●2012年 9月07日 LIVE in 渋谷GUILTY
 ●2012年12月3日 LIVE in 渋谷GAME
 ●2013年 5月29日 LIVE in 渋谷GUILTY


 Discography 
【Single】
EP 「永田英二」名義(1969年~)
 ●あこがれ c/w 二人の世界
 ●恋をあげよう c/w 恋の歯車
 ●悲しきトレイン北国行き c/w 昨夜の出来事
 ●あのとき僕たちは c/w メイビー
 ●愛は何処へゆく c/w 美しい夢
 ●THIRTEEN PLACE (US盤)
 ●不思議な恋人 c/w 大人はわかってくれない
「八田英士」名義(1974年~)
 ●別れないでおくれ c/w ひとり旅
 ●それぞれの秋 c/w いわし雲
 ●さすらい c/w 風よはこんで
「永田英士」名義(1977年5月~)
 ●青春挽歌 c/w 訣別(アデュー)
「東京コンジョレス」名義(1980年2月~)
 ●コンジョレス東京 c/w ロックるロックンロール
4曲入りEP
「永田英二」名義
 ●悲しきトレイン北国行き / 恋をあげよう / あこがれ / ダイアナ

【Album】
EP
「永田英二」名義
 ●恋をあげよう ~永田英二ビッグヒットを歌う~
 ●テネシー・ワルツ/思い出のポピュラー・ヒットを歌う
「八田英士」名義
 ●新しい旅立ち
 ●郷愁
CD
 ●early 70’s male idol collection 「別れないでおくれ」「それぞれの秋」「さすらい」(1997年)

他、延べ、シングル12枚 / アルバム7枚 / セッション・アルバム3枚をリリース。