BIOGRAPHY

Musique vs U2 (Moose)


Mu _u 2_bio Mooseはまともに眠る時間もない。
 Moussa Clark、Mooseの名で親しまれている彼は、今日のダンス・ミュージック界で最も才能のあるオールラウンダーの一人である。プロデューサー、DJ、A&Rマンとして、若干20代でありながら、非常に高いレベルの仕事をしている。
 Mooseの最初の仕事は、95年、Jamie WhiteとParty Faithfulという名で制作してXLレーベルからリリースした「Let There Be House」。97年にはPF Project feat. Ewan McGregorの名で出したハード・ハウス・チュ-ン「Choose Life」(映画「トレインスポッティング」のユアン・マクレガーのセリフをサンプリング)がUKチャートで6位に入った。その後 Tzant「Sounds of the Wickedness」のリミックスがUKチャート11位になり、これをきっかけに世界中のレーベルからリミックスのオファーが殺到。リミックスやプロデュースは、Philter、The Stuntmanの名でも手掛けている。
 彼の才能はMultiply RecordsのボスMike Hallに伝わり、MooseはA&Rのヘッドとして迎えられた。そしてPhats & SmallやRobbie Rivera、Mike Koglin、Mirrorball、The '3' Jaysなどを見つけてきてサインした。
 DJとしても過去10年間ワールドワイドに活躍してきた。パリ、ナポリ、ダブリン、アメリカ各地、どこでも行った。パリでは、SomaというパーティのレジデントDJで、ポンピドゥ・センターの屋上でプレイしたこともある。
 99年には『Euphoria』というダンス・ミックスCDを作った。UKでその年に最も売れたダンス・コンピレーションの一枚となり、1999 Ministry Magazine AwardsでBest Compilation of the Yearに選ばれた。
 UK国内では、Ministry of SoundからSancho Panzaまで、あらゆるパーティでDJをする。Notting Hill Carnivalではごった返す人を熱狂させる。99年までの2年間はMedicineの、2000年5月からはブリクストンのMass Clubで行なわれているパーティSleazeのレジデントDJである。
 眠ってなんかいられない。