about MOTOWN

1959年、“Motor Town”の愛称で知られるデトロイトで産声をあげたモータウン・レーベル。

ベリー・ゴーディ・Jr(ジュニア).によって創設され、R&Bの歴史の黎明期を支えてきた。2014年は創設55周年にあたる年。ビートルズやローリング・ストーンズ等とヒット・チャートの上位を巡って鎬を削った60年代、ニュー・ソウルやディスコ・ソウルの波にも乗った70年代、ポップ・ミュージックとのリンクにも大いに訴求した80年代、そしてボーイズIIメン等の若手アーティストをスターに押し上げた90年代から今日に至るまで、長年にわたって音楽シーンを牽引してきた。主要アーティストはスティーヴィー・ワンダー、マーヴィン・ゲイ、マイケル・ジャクソン(ジャクソン5)、ライオネル・リッチー(コモドアーズ)、スモーキー・ロビンソン(ミラクルズ)、ダイアナ・ロス(シュープリームス)、テンプテーションズ、フォー・トップス、グラディス・ナイト&ピップス、デバージ、リック・ジェームス・・・いずれもR&Bの域を越えて世界の音楽界に影響を与えた、レジェンド的な存在となっている。

著名人にとっての「モータウン」

★ “モータウンは世の中の鏡となった”
エルヴィス・プレスリー

★ “モータウンは人々に見るべき夢を与えてくれた”
ジミ・ヘンドリックス

★ “モータウンの歴史は僕の人生そのものだよ。”
スティーヴィー・ワンダー

★ “ソウル・ミュージックの歴史の中、心ときめくキラキラしたモータウン・レコーズの登場がどれ程大きかったか、とても言葉では語れない。
僕が受けた影響、そのメロディやショックなほど斬新でキャッチーな様々なイントロからそのアレンジ、そしてリズム、いやその他にも、あげていたらきりがない!”
高橋幸宏

★ “モータウンの音源を聴かずして、音楽を語るべからず!基本中の基本!”
DJ KAORI

★ “『ホワッツ・ゴ―イング・オン』はソウル史上最も偉大なヴォーカリストによる、最も情熱的で、最も重要な作品だ”
デンゼル・ワシントン

★ “みんな大好きMotown!
知らないだなんて言わせない!
あそこにも!ほら、ここにだって!
気がつけば、僕らの周りにはMotownの音楽が溢れています。

『サザエさんのテーマ』だって、ありゃ立派なモータウンミュージック!”

ハマ・オカモト(OKAMOTO’S)

★ “公民権運動のサウンドトラックともいえるモータウン・サウンド。モータウンが今の私を育ててくれた。”
バラク・オバマ

★ “モータウンは唯一、真実と信頼できる音楽だ”
マーティン・ルーサー・キング・ジュニア

※敬称略、アイウエオ順