BIOGRAPHY

MOS DEF / モス・デフ


NYブルックリン出身。彼の詳細は不明。
ジャンルを問わず、数々のアーティストへのラッパーとしての客演を経て、90年中期より盟友タリブ・クウェリとともにNYヒップホップ・アンダーグラウン ド・シーンの立役者として一躍ヒップホップ界のスターとなる。98年にはタリブ・クウェリとの伝説のチーム=ブラック・スターを結成、HIPHOPクラシック・アルバムとなる『ブラック・スター(原題:Mos Def And Talib Kweli Are Black Star)』を発売(U.S.35万枚)、名シングル「デフィニション」はアンダーグランドのHIPHOPとしては異例のビルボード・ラップ・チャート初登場5位を記録し、当時のミュージック・シーンの度肝を抜いた。そして99年にはソロ・アルバム『ブラック・オン・ボース・サイズ』を発売、U.S.で75万枚を越す大ヒットを記録する。この頃より、TVでの活動を始め、映画、演劇の世界からの声が多くかかるようになり、一躍エンターテインメント業界で 欠かせない異彩を放つ俳優としての活動がメインとなる。日本には90年代後期にRAWKUSのショウケースで来日し、その後2001年にフジ・ロックに自身のロック・クルー"ブラック・ジャック・ジョンソン"として来日。