BIOGRAPHY

ミロシュ(ギター) | MILOŠ, guitar

Milos Photo201410

「2011年、ドイツ・グラモフォンより『ミロシュ・デビュー!~地中海の情熱』をリリースしたモンテネグロ出身の若きクラシック・ギター奏者、ミロシュ・カラダグリッチの過去6年間は、まさに怒涛のようであった。UKクラシック・チャート第1位に輝いた『地中海の情熱』は数々の賞を受賞し、当時30歳を迎えたばかりのミロシュは、1960年代のジョン・ウィリアムズ、あるいは1970年代のジュリアン・ブリーム以来のセンセーションをクラシック・ギター界に巻き起こした」(サンデー・タイムズ紙、2014年)。ロイヤル・アルバート・ホールでのミロシュ・デビュー・リサイタルは、ロンドンの各紙で絶賛された。「何よりも驚かされたのは、わずかな照明の中、たった1本のマイクを前に内省的で控えめなプログラムを演奏した1人のギタリストが、広大なロイヤル・アルバート・ホールを親密な空間に凝縮してみせたことだった」(ガーディアン紙)。「たった1本のギターから、ドラマティックかつ完璧なプログラムで多くの批評家を唸らせるスターが誕生した――ミロシュ・カラダグリッチの魔術的なテクニックは、彼が単なる手品師ではなく、音楽に真剣に取り組む完成したアーティストだということを証明した」(インディペンデント紙)。

 ロイヤル・アルバート・ホールの数千人の聴衆を前にした時も、あるいは100人収容の室内ホールで弾く時も、ミロシュは心から演奏を満喫し、クラシックの一流ホール以外、すなわちニューヨークのル・ポワソン・ルージュやロンドンのカムデン・ラウンドハウス(iTunesフェスティバル)やドイツ・グラモフォン主催のイエロー・ラウンジのようなライブハウスに登場する時も、それは変わらない。2014年2月、マーキュリー・クラシックス/ドイツ・グラモフォンからリリースされたサード・アルバムでは、ロドリーゴの代表作《アランフエス協奏曲》を出発点としながら、スペインの音風景を旅してみせた。ヤニック・ネゼ=セガン指揮ロンドン・フィルの共演で録音されたこのアルバムは、「ミロシュ、アランフエス宮殿が迎えた新たな王」(フィガロ誌)や「現在、最もエキサイティングで伝達能力に秀でたクラシック・ギター奏者のひとり」(ニューヨーク・タイムズ紙)など、海外で絶賛を博した。

 さらにミロシュはシカゴ響、ロサンゼルス・フィル、クリーヴランド管、フィラデルフィア管、スペイン国立響、サンタ・チェチーリア国立アカデミー管など、一流オーケストラにデビューを果たした。2015/16年のシーズンはワシントン・ナショナル響、高雄市響、チェコ・フィル、オスロ・フィル、ミュンヘン・フィル、ノールショピング響、ロンドン・フィルとの共演に加え、ノーザン・シンフォニエッタとUKツアーを予定している。また、アメリカ・ツアーに加え、スペイン、オランダ、ウィグモア・ホールなどイギリスでのリサイタル、さらにミュンヘン・フィル360°フェスティバル、ラインガウ、ジローナ、ヴェルビエ、シュレスヴィヒ=ホルシュタイン音楽祭への出演、そしてグシュタード・ミュージカル・サミット・フェスティバルでのカメラータ・ベルンとの共演などが予定されている。

 2014年には、スイスの高級腕時計レイモンド・ウイルからミロシュがデザインしたスペシャル・エディションの腕時計が発売され、売上金の一部がモンテネグロ・ビエラの孤児院に寄付される。さらに2015年には、スペシャル・エディション第2弾が限定数50で発売される予定である。また、2015年12月にはベルリン・フィルハーモニーにて社会慈善団体「グーテ・タート」のためにチャリティ・コンサートを行う予定である。

 こうした慈善活動に加え、ミロシュは音楽教育の支援活動にも熱心に取り組んでおり、メイヤー・オブ・ロンドン・ファンド・フォー・ヤング・ミュージシャンズおよびアワーズ・フォー・ヤング・ミュージシャンズのパトロンとして活動しているほか、ライブ・ミュージック・ナウのアンバサダーも務めている。2014年にはスタジオ・ジブリ作品『思い出のマーニー』のサウンドトラック録音に参加し、BBCヤング・ミュージシャン・コンペティションの共同司会を担当したほか、スカイ・アーツ制作のオーディション番組『ギター・スター』のセレブ審査員として登場した。

 1983年モンテネグロに生まれたミロシュは8歳よりギターを始め、16歳で奨学金を得て英国王立音楽院に留学。以来、ロンドンに在住しながら、故郷モンテネグロと家族との絆を保ち続けている。2015年、英国王立音楽院フェローに着任。2007年より、ポール&ジェニー・ギルハムから貸与されたグレッグ・スモールマンの2007年製ギターを使用している。

(訳・編:前島秀国)

 

 
 
 

Download

☆iTunesストアで購入
Itunesで購入


☆moraで購入
Moraで購入