BIOGRAPHY

MICHAEL McDONALD


Michael

1952年2月12日、ミズーリ州セント・ルイス生まれ。 アマチュア・シンガーとして歌う父親の影響を受け、幼少の頃からカントリーやR&Bに触れる。 ハイ・スクール時代、自ら地元バンド結成し音楽活動を開始するが、そのほとんどがR&Bスタイルで、モータウンやスタックスなどのヒット曲をレパートリーにしていた。

1970年、LAに移りスタジオ・ミュージシャンとして活動を始める。 74年、ジェフ・ポーカロの紹介でスティーリー・ダンのツアーに誘われたのがきっかけとなり、75年発表のスティーリー・ダンのアルバム『うそつきケイティ』に参加した。

それをきっかけにジェフ・バクスターの提案で、中心人物であったトム・ジョンストンが病気になったドゥービー・ブラザーズのツアーに参加する。 そのツアーの最後に正式メンバーのオファーを受け、76年『ドゥービー・ストリート(Takin' It To The Streets)』に4曲を提供、グループに新しい魅力を注ぎ込んだ。

 その後、ドゥービー・ブラザーズは、77年『運命の掟』を発表。78年に発売したアルバム『ミニット・バイ・ミニット』からの1stシングル「ホワット・ア・フール・ビリーヴス」で全米1位、グラミー賞のソング・オブ・ザ・イヤーを獲得。80年のアルバム『ワン・ステップ・クローサー』を経て、フェアウェル・ツアーに参加し、その模様は83年『フェアウェル・ツアー・ライヴ』となった。

 ドゥービー時代より開始したソロ活動だが、アレサ・フランクリンやパティ・ラベルなど、さまざまなビッグ・アーティストと共演をするが、84年、ジェイムス・イングラムとのデュエット曲「歓喜の調べ(YAH MO B THERE)」で2度目のグラミーを受賞する。また、ソロとしては、現在まで82年『思慕~ワン・ウェイ・ハート』、85年『ノー・ルッキン・バック』、90年『テイク・イット・トゥ・ハート』、93年『ブリンク・オブ・アイ』、00年『ブルー・オブセッション』、01年『イン・ザ・スピリット~ア・クリスマス・アルバム』6枚のアルバムを発表している。03年、ユニバーサルに移籍し、第一弾として『モータウン』をリリース。全米でプラチナ・ディスクを獲得する大成功を収め、その第2弾『モータウン2』を04年(日本では05年3月)リリースした。