BIOGRAPHY

Method Man & Redman

メソッド・マン(ウータン・クラン)とレッドマンのタッグが結成されたのは1995年、 デフ・ジャムの設立10周年を祝して製作された映画『THE SHOW』のサウンドトラックに提供した"How High"が契機。 当代きってのスターMCによる共演となった同曲は瞬く間にチャートを制覇した。

 抜群の相性をみせつけた両者のコラボレイションは以降、それぞれのソロ・アルバムでも頻繁に 繰り返されることに――レッドマン『マディ・ウォーターズ』(1996年)収録の"Do What Ya Feel"、 メソッド・マン『TICAL 2000 ジャッジメント・デイ』(1998年)収録の"Big Dogs"、 レッドマン『ドックス・ダ・ネーム2000』(1998年)収録の"Well All Rite Cha"と、 USヒップホップ・シーンきっての名コンビとしての認知を高めていくことになる。

 互いに「兄弟」と呼び合うほどにまで達した彼らの関係性は、1999年、待望のダブルネームでのアルバム 『ブラックアウト』をリリースするまでに至った。フィーチャリング・アーティストとして2人揃って起用される機会も増え、 これまでにLLクールJ"4, 3, 2, 1""Fuhgidabo Wit"をはじめ、EPMD"Symphony 2000"、ノトーリアスBIG"Rap Phenomenon"、 ディアンジェロ"Left & Right"、ラフ・ライダーズ"2 Tears In A Bucket"、 リンプ・ビズキット"Rollin'"、 ミッシー・エリオット"Dog In Heat"、アウトサイダーズ"Who You Be"などがある。

 また、ビーヴァス&バットヘッドに扮した"How High"やブルース・ブラザーズのパロディーとなるレッドマン"Whateva Man"など、 ビデオクリップでも度々披露された互いのアクターとしての豊かな資質は、両者を主演に据えた映画『How High』の製作にまで発展。 2001年末に全米公開された『How High』はボックスオフィスで最高4位の興行成績を記録する大ヒット。 "How High Part 2"を含むサウンドトラック『ハウ・ハイ~ザ・サウンドトラック』も好調なセールスをあげている。