BIOGRAPHY

MARVIN GAYE / マーヴィン・ゲイ



Bioポップ・ミュージックの歴史に残るソウル・シンガーの一人、マーヴィン・ゲイ(Marvin Gaye)。本名のつづりはGayだが、最後にeをつけたのは、尊敬するシンガー、サム・クックのCookeにあやかってだという。

1939年ワシントンD.C.出身。暴力的な父親の元で育ち、ハイスクール卒業後、米空軍に入隊。除隊後に地元でストリート・パフォーマンスを開始。レイ ンボウズというドゥワップ・グループに参加し、ボ・ディドリーと知り合う。ボの協力でリリースできたレインボウズのシングルを聴いたシンガー、ハー ヴィー・フクアの誘いを受け、彼のバック・コーラスとしてムーングロウズと改名したのが58年のこと。ムーングロウズはシカゴに移住し、当時ブルース/ソ ウルのナンバー・ワン・レーベルだったチェス・レコードと契約し、レコーディングとライヴ活動を展開した。彼らがデトロイトで行ったライヴを見たモータウ ン・レコード社長のベリー・ゴーディー・ジュニアが、マーヴィンをソロ・アーティストとしてモータウンに引き抜いたのが61年。そしてゴーディーの妹アン ナと急速に恋に落ち、同年、結婚した。

67年にダイアナ・ロスとのデュエット曲「エイント・ノー・マウンテン・ハイ・イナフ」が、68年にシングル「悲しい噂(I Heard It Through The Grapevine)」がヒットを記録したが、マーヴィン・ゲイといえばやはり71年の名作アルバム『ホワッツ・ゴーイン・オン』にとどめをさすだろう。 ジャズ、クラシックの要素を導入し、マーヴィンの政治意識が色濃く反映されたたこの作品は、あくまでポップ・ソウルを求めるベリー・ゴーディーにとって受 け入れがたいものであったが、現実には「マーシー・マーシー・ミー」「インナー・シティ・ブルース」などのヒット・シングルを生み出し、高い評価を得た。 72年にはさらにジャズ・テイストを強めた『トラブル・マン』を発表。73年の『レッツ・ゲット・イット・オン』では、彼のセクシャルなヴォーカル・スタ イルを全面に押し出し、物議をかもしたが、彼の最も売れたアルバムになった。73年にはダイアナ・ロスと再びデュエットしたアルバム『ダイアナ&マーヴィ ン』を発表。しかしこのころから妻のアンナとの離婚問題が発生。しばらくして正式に離婚したが、ベリー・ゴーディーとの確執などもあり、コカインにおぼれ るようになる。82年にはヒット・シングル「セクシャル・ヒーリング」を生んだアルバム『ミッドナイト・ラヴ』を発表し、83年には米ナショナル・バス ケットボール・リーグ(NBA)のオールスター・ゲームで国家を歌うという大役を務めた。

しかし1984年の45歳の誕生日の前日、激しい口論の末、父親に射殺されるという悲劇的な最後を遂げた。その死以後も、アーバン・ソウルの申し子として変わらずリスペクトされ続けている。