BIOGRAPHY

L 618b 3330e 3968d 06a 9e 10bd 96421339b

ブラジル/リオ・デ・ジャネイロ出身。名門サンバ・チーム「ポルテーラ」の役員の父親の影響もあり、幼い頃からブラジル伝統音楽、ポップ、ジャズ、ロックと多彩な音楽に触れながら育ち、イタリアでオペラを学んだ。19歳で衝撃的なプロ・デビュー・ライヴ。繊細なヴォーカルと生音をきかせるしなやかな音楽性で圧倒的な評価を得る。愛や自然から生まれるブラジルの豊かな伝統音楽への愛情。研ぎ澄まされた審美眼と時代の先を読む鋭い洞察力。その両方が作品に見事に結実。素晴らしくオリジナルな作品が生まれる。それゆえマリーザの音は常に新しい。また「シンガー」「ソングライター」「プロデューサー」その全てでトップとして才能を発揮するマリーザ。こんな女性シンガーはブラジルには後にも先にもいない! なお、アルバム『マリーザ・モンチ』『ローズ・アンド・チャコール』はローリング・ストーン誌ブラジル版によってブラジル音楽史上ベスト100アルバムに選出。同誌はマリーザのことを"現存のブラジルのシンガーとして最も重要な存在"と評している。