BIOGRAPHY

MARIO WINANS / マリオ・ワイナンズ


マリオ・ワイナンズは彼と同年代の多くのミュージシャンの倍の成功を手に入れて来た。ヒップホップ、R&B、そしてゴスペルの世界のリスペクトさ れるべきミュージシャンはマリオのプロデュースや思慮深い歌詞によって奨励されてきた。たとえば、グラミー賞にノミネートされてきたアーティストだけを挙 げてみてもメアリー・J.ブライジ、ホイットニー・ヒューストン、R・ケリー、ジェニファー・ロペス、ブライアン・マックナイト、ノトーリアス B.I.G.、P.ディディ、702、そしてもちろん彼のファミリー=ワイナンズ・ファミリーである。

マリオのストーリーは彼の祖母のキッチンから始まる。
「ボクは、いつもワイヤー・ハンガーのついたポットとか鍋をたたいてたんだ。」と笑いながらマリオが思い出す。「ボクは、気付いたらドラムを叩いてたん だ」。マリオのパーカッションへの興味は、世界で既に名声を得ていた彼の出自であるワイナンズ"ゴスペル"ファミリーさらに幼年期を通じて養育され続け た。学校では、マリオは学校のマニュアル通りの音楽の授業で方法論をきっちりと学ぶマジメな学生だったが、放課後には、彼は、部屋に直行、彼が聴きたい ビートを作っていたという。

「ボクは楽譜の読みかたを知っている。」と、ピアノ、ドラム、キーボードなどあらゆる楽器を操る マリオは言う。「でも、ボクにとって、作曲はパッションとフィーリングなんだ」。マリオのプロデューサーとしてのターニング・ポイントは、彼の母親にして ゴスペル・シンガー=ヴィッキー・ワイナンズが自宅のある部屋を録音機材でいっぱいした時だ。「ボクは、そこのすべての機械を操作する方法を自分自身で身 につけたんだ。また、その時以来、ボクは絶えずビートを作っていた」。

高校を卒業したわずか1週間後に、マリオはあるローカル・グループのゴスペル・アルバムをプロ デュースした。そのことで自信をつけたマリオはアトランタへ旅立つ。結果、マリオのプロダクションに大きな影響を与えたダラス・オースティンとのミーティ ングに繋がり、そしてハウス・プロデューサーとしての契約も取り付けたのだ。契約後、すぐに行われたR.ケリーの作品で、マリオは一流のプロデューサーと して、ソング・ライターとしての評価を一挙に高めていく。

マリオは、レコーディング・アーティストになることをあまり考えてはいなかった。しかし、さまざ まな説得/助言を受け、彼はモータウン・レコーズでソロ・プロジェクトを追求し始めた。コトはゆっくり進み、マリオはネクスト・レベルにいく必要があっ た。「ボクは、P.Diddyと親しかった友達に電話をしたんだ」とマリオは言う。「その5分後に、ボクはP.ディディと電話で話していたんだ。彼は、ボ クの仕事をしっていて、ちょうとソレこそがバッド・ボーイ・レコーズにとってハマルものだと言ったんだ。そしてその1週間以内に、私たちは契約の書類事務 を進めていた。」

そしてマリオの10年間の音楽キャリアという長い旅の頂点こそが、バッド・ボーイ・レコーズでの マリオのデビュー・アルバムとなる『ハート・ノー・モア』。これはいま現在のR&Bのハード・エッジなフレイヴァーと、過去の音楽にある"正直 さ"や"無垢でピュアな情熱"のギャップを埋めるソウル・ミュージック。「無垢+ピュア」はこのアルバム『ハート・ノー・モア』の重要なテーマ。マリオ は、過去数年に聴かれていない自身の音楽に情熱と署ジキなアプローチをした。「このレコードは"関係性"、"純粋さ"そして"単純さ"についてのモノ。ボ クたちはみんな"心"を持っている。ボクたちは、本当は自身が心配する人々に何を言うべきか、そして行うべきかをより深く考えなければならない。これを戦 いというならば、その根底には、常に通常より深いものが存在している。」

このアルバムはここからのファースト・シングルにして大ヒット・チューンである「アイ・ドン・ワ ナ・ノウ」から始まる。そのシングルはほとんどのR&Bシンガーが歌ったことのないテーマ、つまり女性への不信とそれを無視しようとする決意を謳ったモノ だった。「ボクは音楽で最良の感情を示すんだ。ボクは、聴いてくれたヒトの胃のあたらいをキュンとさせる音楽が好きだ。瞬間でヒトの感情以外のすべてを忘 れさせるそのスポットに衝撃を与える―――そんな音楽。ボクは皆にそれを歌っているんだ。女性は、男が女性と同じ感情、ハートを持ってるってことを知る必 要があるんだ。女性は男たちの親切を弱さと考えてしまうコトがあるから、ボクらはそういった感情に対して"強い男"でいようとするんだ。でも、ボクはボク らすべてのためにこの歌を歌った。これを期に男も傷つくんだ、と知ってもらえたかな。」と彼は言う。

「スリー・デイズ・アゴー」はとても寂しがられた誰かへの公開手紙だ。その普遍的なテーマを持っ たこの曲は、愛されていたモノ、子供あるいは親に関するモノとなった。微妙なキーを備えたミッド・テンポの「ディスビリーフ」という楽曲は、すっかり、マ リオのシルキー・ヴォイスが、揺れ動く恋人に関するツライ状況を謳った歌詞に表情を与えている。「キャント・ジャッジ・ミー」は、マリオが苦痛や悲しみに ふけているばかりではないことを証明している。この曲で、マリオはサウンド的には複雑なプロダクションを重ね、女性や男性の両方が容易に理解することがで きるテーマばかりを扱っていると思うなよと女性に警告している。「プリティ・ガール・ブルシット」は、コンプレックスをテーマにした曲で、彼の旬な音にも 気を配った非常にへヴィなベースの効いたテクノに影響を受けた楽曲となっている。

「ボクはこのレコーディングでホントに多くの経験をしてきた」とマリオは言う。「もちろん、ボク はそれらについて話すことができる。そしてそれらを歌うこともできる。ボクは人々を感じさせることが出来る限り、ボクは、神によって導かれたこの場所で行 うべきことを行っているんだ。」