Biography

イム ヒョンジュアーティスト写真 Small

イム・ヒョンジュ / Lim Hyung Joo

1986年5月7日、ソウル(韓国)生まれ。 12歳でデビューし、その歌声から≪声楽の神童≫と称され、オペラとポップスを融合した≪ポペラ≫という新ジャンルを確立、韓国で社会現状を巻き起こした。 その後、数々のコンクールで優勝。ジュリアード音楽院の予備学科で声楽を学びながら、2003年、アルバム『Salley Garden』で世界デビュー。クラシック・チャートで週間、月間、年間すべてにおいて1位を記録し、国内だけで40万枚以上を売り上げている。
同年2月には、ノ・ムヒョン元大統領の就任式で、歴代最年少歌手として国歌を披露、一躍韓国を代表するアーティストとしての地位を築いた。また6月には、ニューヨーク・カーネギー・ホールにて、海外で初のデビュー・コンサートを行い成功した。

2005年には、松任谷由実を中心にアジアを代表するアーティストにより結成された≪Friends of Love The Earth≫のメンバーとして「愛・地球博」の閉幕コンサートに出演。また、同プロジェクトで第56回NHK紅白歌合戦にも出演。当日は、上海から生中継され、そのパフォーマンスは、瞬間最高視聴率42.5%を記録した。

 2006年、FIFAワールドカップ ドイツ大会に際して行われた韓国チーム応援コンサートでは、5万人を前に国歌斉唱。2009年~2010年にかけては、経済誌Forbes誌上で、韓国のリーダーたちとの対談が連載され、多方面にわたる活動で知られる。

 2010年8月には、Korean Independence Dayに、ロサンゼルス交響楽団とウォルト・ディズニーコンサート・ホールでパフォーマンス。同年12月には、国連から平和メダルを授与(史上最年少)。2011年3月27日には、東日本大震災のチャリティ・イベント-≪FNS音楽特別生番組「上を向いて歩こう」≫で、Friends of Love The Earthが5年ぶりに再結成し、「Smile Again」を歌う。

2011年9月、ベスト・アルバム『オリエンタル・ラヴ~アジアン・ヒッツ・コレクション』をリリース。2011年10月には、モーストリー・モーツァルト・フェスティヴァルで、モーツァルト・ハウスにて、ウィーン・モーツァルト・アンサンブルと共演。2013年10月には、パリ公演を行い大成功に収めた。また、韓国の時事ジャーナルが選んだ次世代リーダー100人に選ばれている。音楽部門では、チョン・ハンナ(チェリスト)に続き第2位となった。

韓国ドラマ、映画などでの挿入歌、主題歌を歌うことでも広くその名は知られているが、日本映画『パッチギ!』(2005年)では「イムジン河」を、そして2013年春からNHK総合で放映された韓国ドラマ『トンイ』においては、挿入歌「愛別離」を歌っている。その他のドラマでは時代劇「ケベク」で「一歩だけ」、「快傑春香」では「ヘンボクハギレバレ」、映画「コムガンホ」では「千年を1日にように」を歌っている。

また2013年6月には、停戦60周年記念式で大統領の間で国歌斉唱。また、10月には、韓仏文化交流協会主催のパリ公演をマドレーヌ劇場で行う。世界デビュー10周年にあたるこの年の11月には、ソウル世宗文化会館で記念コンサート「Only Voice」を行う。日本ではJ-Popのカバー・アルバム「Two Hearts, One Love」をリリース。12月にはファンを200人招待したミニ・ライヴを南青山FUTURE SEVENで開催。

同年12月には、韓国ではオリジナル・アルバムとして9年振りの「Finally」をリリースし、クラシック・チャートのみならず、K-Popチャートにもランクインされるほどのヒットとなった。さらに2014年、アルバム収録曲「ハルスガ オプソ」「Lonely My Love」のMusic Videoがショートフィルムとして制作され、ヒョンジュ自身が初監督を務めた。主演は、「太陽に抱く月」でおなじみのソン・ジェヒ、ミス・コリアのソ・ウンチェ、そして日本からはWAZZ UPの本庄恭平が出演している。3月には、VIPを招いた上映会を行う。

2014年5月にはUniversal Koreaにレーベル移籍。「千の風になって」の韓国語ヴァージョンがセウォル号の事故の被害者への追悼歌として多くの人に聞かれ、韓国人の心を癒した。9月27日は Orpheum会場にてLA公演を行う。そして10月9日には、大韓民国分かち合い国民大賞保健福祉部長官を受賞。KBSTVにて授賞式が生放送された。

日本では12月アルバム『Finally』がデジタルにて先行配信。「Lonely My Love」の日本語ヴァージョンが収録されている。

 
 
 

Download

☆iTunesストア
Itunesで購入


☆moraで購入
Moraで購入


☆レコチョクで購入
Recochokuで購入