NEWS

TOPICS

2002年のニュース

■テレビ番組のサウンドトラックに曲を提供
 アメリカのテレビ局WBの番組『Smallville』のサウンドトラック・アルバムに、ライアン・アダムスとライフハウスが曲を提供しました。ライア ンは「Nuclear」を、ライフハウスは「Everything」を提供しています。他にSixpence None The Richer、Remy Zero、Five For Fightingなどの曲が収録されたこのアルバムは、アメリカで'03年2月25日にリリースされる予定です。
2002/11/20更新


■ストーンズの全米ツアーのサポート・アクトに決定
 現在、最新アルバム『スタンリー・クライムフォール』に伴うヨーロッパ・ツアー中のライフハウス。その彼らが、ローリング・ストーンズの全米ツアーのサ ポート・アクトに抜擢されました。彼らが出演する日程は、以下の3公演です。
11/23 - San Antonio, TX @SBC Center
11/25 - Nashville, TN @Gaylord Entertainment Center
11/30 - Las Vegas, NV @MGM Grand Garden Arena
2002/11/01更新


■LIFEHOUSE 来日公演セットリスト!
2002/10/18 EBISU THE GARDENHALL
M1 ANCHOR ('02 2nd 『STANLEY CLIMBFALL』)
M2 WASH ('02 2nd 『STANLEY CLIMBFALL』)
M3 SICK CYCLE CAROUSEL ('01 1st 『NO NAME FACE』)
M4 AM I EVER GONNA FIND OUT ('02 2nd 『STANLEY CLIMBFALL』)
M5 JUST ANOTHER NAME ('02 2nd 『STANLEY CLIMBFALL』)
M6 SOMEBODY ELSE'S SONG ('01 1st 『NO NAME FACE』)
M7 OUT OF BREATH ('02 2nd 『STANLEY CLIMBFALL』)
M8 STANLEY CLIMBFALL ('02 2nd 『STANLEY CLIMBFALL』)
M9 SPIN ('02 2nd 『STANLEY CLIMBFALL』)
M10 BANZAI (Cover ULFULS)
M11 ONLY ONE ('01 1st 『NO NAME FACE』)
M12 SKY IS FALLING ('02 2nd 『STANLEY CLIMBFALL』)
M13 QUASIMODO ('01 1st 『NO NAME FACE』)
M14 EVERYTHING ('01 1st 『NO NAME FACE』)
M15 SIMON ('01 1st 『NO NAME FACE』)
M16 TAKE ME AWAY ('02 2nd 『STANLEY CLIMBFALL』)
EN1 HANGING BY THE MOMENT ('01 1st 『NO NAME FACE』)
2002/10/23更新


■アルバムに写真が掲載された"謎の男"について語る
ライフハウスの最新アルバム『スタンリー・クライムフォール』のパッケージの中には、大柄でメガネをかけて微笑んでいるメンバー以外の男性の写真が掲載さ れていますが、この男性の写真が掲載されることになった経緯について、ジェイソン・ウェイドは次のように語りました。
 「彼はポークチョップという名前で、写真撮影時に出会ったんだ。彼はいかにも『スタンリー・クライムフォール』(『立ち上がり、よじ登るが落ちてしま う』という意味の造語)という感じに見えるから写真を撮影した。ルイジアナにある列車の駅で働いている男だよ。彼は、『ポークチョップと呼んでくれ。それ が俺の名前だ。友達もそう呼ぶ。もし良かったら、後でまたカップケーキでも食べにきてくれ』という風に話して、最高にクールなヤツだった。俺達は写真撮影 の時には少々ナーヴァスになるんだけど、彼は俺達よりフォトジェニックで、まるでチャンピオンのように立っていた。彼と撮影できて良かったよ」。
 なおライフハウスは、10月5日にオーストラリアのブリスベンで開催される『M-One Festival』に、Garbage、The Goo Goo Dolls、Nickelbackなどと共に出演する予定です。
2002/10/07更新


■新作が全米アルバム・チャート第7位に初登場
 ライフハウスのニュー・アルバム『スタンリー・クライムフォール』が、10月5日付ビルボード誌総合アルバム・チャート(The Billboard 200)に第7位で初登場しました。
2002/09/27更新


■リックの兄弟が新ギタリストとして加入
 ライフハウスに、新ギタリストのショーン・ウールステンハルムが加入しました。彼はドラマーのリック・ウールステンハルムの兄弟で、すでに今年の夏のツ アーに同行していましたが、今回けじめをつけるために正式発表となったそうです。
2002/09/20更新


■ロンドンでのボン・ジョヴィのクラブ・ショウのオープニング・アクトを務める
 9月18日、ロンドンのシェパーズ・ブッシュ・エンパイアで、ボン・ジョヴィの貴重なクラブ・ギグが開催され、ライフハウスはこのオープニング・アクトを務めました。
2002/09/20更新


■ジェイソンとリックが語るツアー中のエピソード
 ニュー・アルバム『スタンリー・クライムフォール』のリリース(日本は9月11日発売)に先駆け、現在短期間のウォームアップ・ツアーを行なっているラ イフハウス。これらの日程の中には、ステート・フェアやカントリー・フェアへの出演も含まれていますが、その結果、ロサンゼルス出身の都会派の彼らが、カ ントリー音楽好きの観客の中でプレイすることもあるそうです。ジェイソン・ウェイドとリック・ウールステンハルムは、過去にもこういう経験をしたことがあ ると語っています。
 「以前ワイオミング州にある町でプレイしたことがあるんだけど、そこはまるでカウボーイハットのみが存在しているような場所なんだ。全員がカウボーイブーツを履いているんだよ」(ジェイソン)
 「『ハンギング・バイ・ア・モーメント』をプレイし始めたら、冷たい目で見られた」(リック)
 「でも、そのうち彼らは、まるで打ちのめされたようになったんだ。おかしな経験だったね」(ジェイソン)
2002/08/16更新


■ニュー・シングル「スピン」のビデオ・クリップを撮影
 日本で9月11日にニュー・アルバム『スタンリー・クライムフォール』をリリースするライフハウスが、このアルバムからのファースト・シングル「スピ ン」のビデオクリップを撮影しました。監督はピンクやクリードを手掛けたDave Meyersが担当。撮影は8月2日,4日にロサンゼルスで行なわれました。なお、このビデオは、クラブや高速道路の下で撮影されたバンドのパフォーマン ス・シーンに、いろいろな人々の生活の典型的なシーンを加えた形で構成。砂場でふざける子供達、ゲームに興じるティーンエイジャー、スロウ・ダンスを踊る 若いカップル、新兵訓練所の兵士などの映像が取り入れられる予定になっています。
2002/08/07更新


■9月にニュー・アルバムをリリースするライフハウスの来日公演が決定!
 日程は下記の通りです。
10/17(木) 大阪: ON AIR OSAKA
10/18(金) 東京: 恵比寿ガーデンホール
招聘:ウドー音楽事務所
チケット発売:9月7日
2002/08/02更新


■ジェイソンが新曲について語る
 日本で9月11日(アメリカでは9月17日)にニュー・アルバム『Stanley Climbfall』をリリースするライフハウス。このアルバムからのファースト・シングル「Spin」は、アルバムに収録されたものとは別のヴァージョ ン(終盤が1分間短い編集ヴァージョン)になるそうです。ジェイソン・ウェイドは、思いがけないハプニングからこの曲が生まれたと語っています。
 「レコーディング時、スタジオでプレイを始めたら、ヘッドフォンがはずれて落ちたんだ。スタジオでヘッドフォンがはずれると、ドラムの音しか聴こえない だろ? でも僕は、リック(・ウールステンハルム)のドラムの音しか聴こえない状態の中でノリをつかみ、そのまま歩き回りながら勢いよくプレイし続けた。 そうしたら急に、プロデューサーのRon(Aniello)が一緒にプレイし始めた…。彼はそこで首を振って、彼もヘッドフォンをはずしたんだよ。次にセ ルジオ(・アンドレイド)も同じことをして、みんながドラムの音しか聴こえない状態になったんだけど、僕達はそのままプレイし続けた。結局、そのテイクが 採用されたんだ。少しいい加減な感じだけど、クールな思い出だね。」
2002/07/31更新


■ニュー・シングルは10年を経て陽の目をみた曲
 ライフハウスのニュー・アルバム『Stanley Climbfall』からの先行ファースト・シングル「Spin」が、7月23日に全米のラジオ局でオン・エア解禁となります。この曲は、元々ジェイソ ン・ウェイドが16歳の時に書いた曲で、その後、5年間かけて完成したものだといいます。しかし彼は、このように長い期間キープする曲はごくまれだと語っ ています。「通常は、これほど古い曲には2度とタッチしないんだ。出来の悪さを恥じるあまり、すでに思い出せない曲さえある。でもこの曲は、常に俺の側に 付きまとっていて離れなかった。完成までにこれだけ期間をかけたんだから、後はただ幸運(ヒット)を祈っているよ。」
2002/07/18更新


■新曲お披露目のための全米ツアーをスタート
 
7月3日、カリフォルニア州サンディエゴ公演を皮切りに、全25公演の全米ツアーをスタートしたライフハウス。アメリカで9月17日にリリースされるニュー・アルバム『Stanley Climbfall』の曲をファンにお披露目するためのこのツアーは、9月7日のニュー・メキシコ州アルバカーキー公演まで続けられます。この全米ツアー開始直前にジェイソン・ウェイドは、次のように語りました。
 「今回のツアーでは、ニュー・アルバムからの曲を中心にプレイする。前のアルバムからの曲の中には、もうプレイすることに飽きている曲もあるんだ。だか ら、シングル曲とかはプレイしないと思うよ。もう長い間ライヴを行なっていなかったから、ツアーに対して少しだけナーヴァスになっているかな。でも、1度 ツアーを始めてしまえば、それは今後1年半も続くものだからね」。
 ニュー・アルバム『Stanley Climbfall』は、今年前半にロサンゼルスでレコーディングされました。前作『ノー・ネーム・フェイス』同様、プロデューサーにRon Anielloを、 エンジニアにBrendan O'Brienを起用。アルバムからのファースト・シングルは「Spin」になる予定です。
2002/07/05更新


■現在、ニュー・アルバムのミックス作業中
 ライフハウスが、ニュー・アルバム『Stanley Climvfall (原題)』のレコーディングを終了しました。このアルバムは、アメリカで9月17日にリリースされる予定です。彼らは、このアルバムのミックス作業をブレ ンダン・オブライエンと共に行なうため5月27日にアトランタへ移動。アルバムには、レコーディングされた20曲の中から14曲が収録されるそうです。ア ルバムからのファースト・シングルは、アップテンポな曲「Spin」になる予定です。なお彼らは、すべての作業を終了して一度ロサンゼルスに戻った後、7 月3日のサンディエゴ公演から約2ヵ月間の全米ツアーをスタートします。そして、このツアーで新ギタリストをテストした後、秋からはヘッドライナーとして より大規模なツアーを行なう予定です。
2002/05/31更新


■ニュー・アルバムのリリースが9月に決定
 ライフハウスのニュー・アルバムのアメリカでのリリースが、9月17日に決定しました。ハリウッドの『Royal Tone Studios』でレコーディングされたこのアルバムは、前作『ノー・ネーム・フェイス』を手掛けたRon Anielloが再度プロデュースを担当しました。なお彼らは、8月に以下の日程で短期間の全米ツアーを開催する予定です。
8/9 - Kings Island, OH @Paramount's Kings Island
8/10 - Charlotte, NC @Paramount's Carowinds
8/11 - Doswell, VA @Paramount's Kings Dominion
8/15 - Aberdeen, SD @Brown County Fair
8/16 - Imperial, NE @Chase County Fair
8/17 - Pueblo, CO @Colorado State Fair
8/19 - Boise, ID @Western Idaho Fair
8/21 - Sacramento, CA @California State Fair
2002/05/24更新


■3月からニュー・アルバムのレコーディングをスタート
 ライフハウスが、3月からロサンゼルスのスタジオで、ニュー・アルバムのレコーディングをスタートします。前作『ノー・ネーム・フェイス』との違いにつ いてジェイソン・ウェイドは、次のように語りました。「ニュー・アルバムがどんな内容になるかは、実際にレコーディングを始めてみないとわからないな。で も、前作に比べて少しだけアップテンポで、少しだけハードなロックになると思う。もちろん、ミディアムテンポの曲やバラードも収録する予定だよ。俺達は音 楽的に成長過程にあるから、やりたいと思ったことをやってみようと思うんだ」。なお、プロデューサーは、前作と同じくロン・アニエロが担当。ミックスも、 前作と同じく、パール・ジャムやレッド・ホット・チリ・ペッパースなどとの仕事で知られるブレンダン・オブライエンが担当します。また彼らは、1月31日 にアメリカの人気テレビ番組『The Tonight Show With Jay Leno』に出演し、「ブリージング」のパフォーマンスを披露しました。
2002/02/01更新

NEWS一覧に戻る

 
 
 

LIFEHOUSE 着うた・着うたフル

着うた®、着うたフル®のダウンロードはこちら

QR code linking to http://recochoku.jp/artist/30001636/