BIOGRAPHY

レ・フレール


main

レ・フレール は、フランス語で「兄弟」という意味。

兄弟共に15歳よりルクセンブルク国立音楽学校に留学しクラシックピアノを学ぶ。 2002年9月3日に「レ・フレール(フランス語で「兄弟」を意味する)」を結成。結成当初は地元のライブハウスをはじめ、各地の幼稚園や小学校を中心としてライブ活動を開始。1台のピアノを2人で自在にダイナミックに操る独自のプレイスタイル「キャトルマンスタイル※」は地元「横須賀」を発信源として瞬く間に話題となる。

メジャーデビュー前の2005年にテレビ番組「題名のない音楽会21」(テレビ朝日)と、2006年の「東京JAZZ」オープニング出演を皮切りに、メジャーデビュー後も「キリンニューイヤーコンサート」でのクラシックオーケストラ(東京交響楽団)との共演、アルバム「服部良一」におけるポップス楽曲編曲、映画「4分間のピアニスト」(2007年ドイツ・アカデミー賞受賞作品)へのイメージソング提供、テレビ番組「はなまるマーケット」(TBS)エンディングテーマ曲提供など、ピアノ1台で演奏するスタイルが高く評価され、ジャンルの壁を超えて活躍の場を広げている。

2006年11月8日にリリースしたメジャーデビュー作「Piano Breaker / ピアノ・ブレイカー」はオリコンウィークリーチャートにおいてピアニストデビュー作歴代最高位を塗り変え、史上初のTOP20入りを果たし、さらにゴールドディスクを獲得。
海外においても2008年9月韓国にUniversal Musicからのメジャーデビューと同時に開催したソウル・プサン・チェジュの3都市ツアー、2010年5月にフランスUniversal Music、ベルギーUniversal Musicからのメジャーデビューと同時に開催したフランス・ルクセンブルク・ベルギーのヨーロッパ3カ国ツアーをいずれも大成功におさめた。
また、共演においてはアクセル・ツヴィンゲンベルガー(Pf)、Hank Jones (Pf)、池宮正信 (Pf)など海外アーティストとのセッションを通じ、オリジナル楽曲をベースとしてオーケストラやソロアーティストとの融合を行うなど独自のアプローチで「連弾」を追求している。
ジャンルを問わず、あらゆる年齢層を惹き付け、聴く人の魂を揺さぶる熱いオリジナルサウンドは着実に評価を高め、『レ・フレール』という一つの音楽ジャンルを形成しながら世界に向けて発信し続けている。

※「キャトルマン」はフランス語で「4本の手」=「連弾」のことを言う。通常2本の手で成し得ない可能性を4本で探りながらできたレ・フレールのプレイスタイルを「キャトルマンスタイル」と名付けた。

 

斎藤守也

斎藤守也 1973年11月5日生まれ(兄)

12歳からピアノを始める。
15歳の時、ルクセンブルク国立音楽学校に留学、ガーリー・ミューラー氏に師事。22歳で同校を卒業し、ジャンルの幅を広げるために帰国。
帰国後は作曲活動に専念する傍ら、ライブハウス、レストラン、バーなどでのソロ活動やバンド活動を行う。バラードを得意とし、静かで深さのある音は自由さと誠実さを併せ持ち、歌を奏でるようなポップな旋律まで幅広いプレイで聴く人の心をひきつける。
また、独特な編曲センスはこれまでのジャンルにない、レ・フレールサウンドとして表現され、現在舞台音楽を始め、さまざまな方面から注目を集めている。

 

斎藤圭土

斎藤圭土1978年11月18日生まれ(弟)

6歳からピアノを始める。
15歳の時、兄と同じルクセンブルク国立音楽学校に留学する。留学中に出会ったブギ・ウギ・ピアノを独学で始め、2000年春には、ブギ・ウギ界の巨匠、 ドイツ人ピアニストのアクセル・ツヴィンゲンベルガー氏と共演する。2008年11月には、初のソロアルバム「Boogie Woogie Far East」をリリース。
古典的ブギ・ウギの継承者、次世代を担うブギ・ウギ・ピアニストとして国内外から注目を集める他、近年ではブルースの評価も高く、アジアにおけるブギ・ウギ&ブルースシーンの若き牽引者としても活動範囲を広げている。
その激しく一途な音は圧倒的な引力で観客を魅了する。