BIOGRAPHY

Lcd -soundsystem

DEATH FROM ABOVE。
NYCを拠点とする新世代の為のダンス/ロックを定期的に提供し続けるジェームス・マーフィーとティム・ゴールドワージーによるユニット兼レーベル。そのDFAを代表するのがジェームス・マーフィー。
彼が立ち上げた実験的バンドが「LCD SOUNDSYSTEM」。2005年にデビューアルバムをリリースし、瞬く間に大西洋の両側、そして日本で圧倒的支持を受けるようになる。2007年にはセカンド『SOUND OF SILVER』を発表。一般的にわかりにくい内容になりがちなセカンド・アルバムだが、『SOUND OF SILVER』はその予想に反して我らが知る、愛すべきLCD SOUNDSYSTEMのサウンドで偉大なPOPバンドとしての再生を見せつけている。それを証明するべくデビュー・アルバムに続き2作連続でグラミー賞ノミネートを果たす。世界中のライヴ・ハウスやダンス・フロアを沸かし続けているだけでなく各メディアやアーティスト達から大称賛を浴びる中、今世紀最初の10年間を代表するインディ・ダンス・イノベーターとなる。
2010年。新たなディケイドへと突入した今年、約3年振りとなる3枚目のアルバム『THIS IS HAPPENING』を完成。
LCD SOUNDSYSTEMにとって"最後"!?にして"最高"!!のアルバムになった。早々にフジロック・フェスティバルへの出演も決定しており、一回りも二回りもパワー・アップしているパフォーマンスと共に期待して良し。