BIOGRAPHY

KEVIN RUDOLF / ケヴィン・ルドルフ


Bio NY出身、25歳の白人ギタリスト。12歳でギターを手にしたケヴィン・ルドルフは2004年にティンバランドと出会い、本格的にプロのソングライター、ギタリストとして活動を開始。ブラック・アイド・ピーズ、ジャスティン・ティンバーレイク、ネリー・ファータドなどの楽曲にギタリストとして参加。その活躍がリル・ウェインらが所属するヒップホップ・レーベル=キャッシュ・マネーの目に留まり、アーティストとして契約。「レット・イット・ロック」は、現在、"世界で最も良いトラックが集まって来る男"=リル・ウェインが自ら参加することを懇願したという楽曲!