BIOGRAPHY

20061222keithurban

ニュージーランド生まれ オーストラリア育ち 1990年:EMIオーストラリアとレコード契約。 1997年:アメリカン・ドリームに憧れナッシュビルに移住。RANCHというバンドで全米デビュー。その後ソロ・アーティストに転向。 2000年:アルバム『KEITH URBAN』でソロ・デビュー。2001年度グラミー賞にノミネート。 2002年:アルバム『GOLDEN ROAD』は200万枚のセールスを記録。 2004年:『BE HERE』では遂にカントリーというジャンルをクロスオーバーし不動の地位を築く。 2006年:ニコール・キッドマンと結婚し世間の話題をさらった。 今作『愛・至上主義』は発売初週で150万枚のセールスを超え、既にCMAの主要部門を受賞!ビルボード・チャートも初登場3位を獲得した。「自分を忠実に表現して、それをみんなと分かち合いたかった」とキース本人が語るように、愛する人へのストレートな想いを歌ったアルバムとなっている。