BIOGRAPHY

JULEPS 


NOq RWwy4JULEPS~ジュレップス~
埼玉県所沢市発3人の男性ヴォーカルと女性ピアニストの4人グループ。結成4年目。
3者3様の歌声と、やさしいピアノの音色が織り成すさわやかなハーモニーが特徴。『JULEP』という言葉は、カクテルの名前からとったもので「苦い薬を飲んだ後の口直しの甘い飲み物」という意味。聴いてくださる方に幸せな時間を過ごしてもらう事をモットーとする。

【成り立ち】
高校時代、同級生で同じバレーボール部だった松山と有尾でカラオケでハモって遊んだりしていたことが始まり。ある日、部活の後輩の結婚式があり、お祝いに歌った事がきっかけで人のために歌う事の喜びを知り、本格的に歌手を目指す意思を固める。

Back street boysが好きだった2人はコーラスグループを作るべくメンバー探しを始める。その後、松山のバイト先のカラオケ店に一人で歌の練習をしに来ていた岡をス カウト。楽器の弾けないヴォ?カル三人でアカペラグループを結成。しばらくカラオケボックスでの練習の日々。
約半年ほど練習していたが、さすがに活動に煮詰まっていたところに、松山のバイト先に後輩として入ってきた佐藤を松山がスカウト。2004年9月現在の編成となる。
結成以来、路上ライブは行わず、出演させていただくステージの一回一回に心をこめ、クオリティを常に高く保つように心がける。
その結果、地元所沢を中心に活動場所をひろげ、着実に支持の輪を集める。コンサートに足を運ぶファンの年齢層は幅広く、主に女子中高生そして30~40代女性。親子連れも多い。

■自主制作シングルCD『蕾~つぼみ~』 ※5000枚を超えるヒット!
2005年11月発売以来ライブ会場での販売や地元レコード店等の協力で、売り上げ5000枚を突破。FM Nack5、FM富士、所沢近郊コミュニティラジオなどでon air。所沢市の主要商店街でBGMとして放送中。

※ラジオドラマエンディングテーマソングに!TBSラジオ(全国33局ネット)TOYOTAプリゼンツ ラジオドラマ 【秋元康のドラマティックドライブ~いつも誰かと~】 2007年4月 放送開始毎週月曜18:00~18:15

■「レオパレス21」コマーシャルソング担当!
レオパレス21テレビCM「40万個の鍵編」のバックに流れるおなじみのテーマソング「それぞれの夢」を担当。

【主な活動歴】

'04 9月 JULEPS結成 地元所沢を中心に活動を開始。
'04 12月 所沢のライブバーにて初単独ライブ 動員26名
'05 10月 JULEPSの歌を聴き感銘を受けた所沢商工会議所青年部役員がJULEPSのために「若手ミュージシャン発掘支援プロジェクト」を発足。地域の新聞掲載 やコミュ二ティFM、ケーブルTVに出演などで知名度が上昇。市内の地域イベントから出演要請が増える。
'05 12月 自主制作シングルCD「蕾~つぼみ~」発売開始。
'06 4月 「蕾~つぼみ~」がバンダレコード所沢店4月度CDシングルチャート1位獲得。
'06 9月 所沢若手ミュージシャン発掘支援プロジェクト『ジュレップスコンサート 心に爽やかな活力を』
所沢商工会議所青年部主催 所沢市民文化センター ミューズマ?キーホール800席満員の大成功
'06 11月 オリジナルCD「蕾」が作詞家秋元康氏の耳に触れ、同氏が月刊WILLで 連載中のコラム「ヒットの予感」にJULEPSの話題が掲載される。これを期に地元での人気が過熱化。
'07 1~3月 「JULEPS LIVE in WALTZ ~メジャーへの風~」全五回
2007年1月~3月所沢駅前ワルツビル8階特設ホール(180名収容)にて定期チャリティーライブ開催。ライブチケットは毎月発売日当日即完売 全公演満員大成功。
このコンサート収益金の一部を所沢市に寄付(4/12)
'07 3月 「所沢市の卒園、卒業生を祝う会 in西武園ゆうえんち」でゲストコンサート
該当者(卒園、卒業生)1200名来園
'07 3月 レオパレス21コマーシャルソング アーティストに抜擢 CM着うたサイトで月間2位
'07 5月 読売リサイクルカーニバル2007 単独ライブ 所沢市航空公園内野外ステージ