BIOGRAPHY

JODY WATLEY / ジョディ・ワトリー


Jody 1959年1月29日シカゴ生まれ。宣教師兼ラジオDJの父親をもち、幼い頃からサム・クックやアレサ・フラ ンクリン等に会う。高校の時にTV番組「SOUL TRAIN」のダンサーとして採用される。この時、番組の進行役のドン・コーネリアスによって作られた'踊れるヴォーカル・トリオ'、シャラマーのメイ ン・ヴォーカリストとして抜擢される。シャラマーでは「セカンド・タイム・アラウンド」(米POP8位/R&B1位)、「ナイト・トゥ・リメンバー」(米 R&B 8位/英5位)等のヒットを放ち、1984年に脱退。UKに本拠を移し、幾つかのシングルを発表するが苦悩の日々を送る。

 1986年MCAレーベルとソロ契約が成立し、活動拠点をUSに戻す。1987年、満を持して『JODY WATLEY』でソロ・デビュー、アルバムは全米10位を記録。ここからシングル・カットされた5曲の内「ルッキン・フォー・ア・ニュー・ラヴ」(POP 2位/R&B 1位)、「ドント・ユー・ウォント・ミー」(POP 6位/R&B 3位)、「サム・カインド・オブ・ラヴァー」(POP 10位/R&B 3位)の3曲がベスト10入りする大ヒットとなり、1988年、グラミーで最優秀新人賞に輝く。

 1989年の2ndアルバム『ラージャー・ザン・ライフ』(米16位)からは「リアル・ラヴ」(POP 2位/R&B 1位)、「フレンズ」(POP 9位/R&B 3位)、「エヴリシング」(POP 4位/R&B 3位)のヒットを記録。同年9月に初来日公演、リミックス・アルバム『ダンス・ウィズ・ミー』を発表。1991年に3rdアルバム『アフェアズ・オブ・ ザ・ハート』をリリース、「アイ・ウォント・ユー」(R&B 5位)、「アイム・ザ・ワン・ユー・ニード」(POP 19位)がヒット。1993年4thアルバム『インティマシー』をリリース、日本のラジオでもかかりまくった「ユア・ラヴ・キープス・ワーキング・オン・ ミー」がヒット。

 1995年には自らアヴィトーン・レーベルを設立し、5thアルバム『アフェクション』をリリース。1997年ベイビーフェイスがシャラマーの 「フォー・ザ・ラヴァー・イン・ユー」をカヴァー、そのレコーディングにシャラマーとして参加し、大きな話題となった。

 1998年、アトランティックと契約を交わして6thアルバム『フラワー』をリリース、「オフ・ザ・フック」がヒット。同シングルはトラックマスターズ のリミックスで「イフ・アイム・ノット・イン・ラヴ」のリミックスと共に大クラブ・ヒットとなった。
 
そして1999年には日本独自契約となり、「ザ・サタデー・ナイト・エクスペリエンス」を発売。1stシングル「アナザー・チャプター」はオリジナルに加え、日本盤ボーナス・トラックとしてDJ SOMA、またGTSのDJ TURBOによる「アナザー・チャプター」のリミックスも収録し、今日のクラブ・カルチャーを意識して取り組み、同年のプロモ来日時にはClub Earthでパフォーマンスを披露している。