ジャズの100枚。

あなたも、きっと好きになる。最大最強「ジャズの100枚。」10/8発売!

2014.08.08 TOPICS

2014 年秋、すべてのレーベルの壁を超えたJAZZ 史上初、最大最強のキャンペーンスタート!

ジャズ・レコード100年の歴史を代表する名盤が、『ジャズの100枚。』として一作品1,000円(税抜)で限定発売されます。発売日は10月8日。ジャズ・レーベルの宝庫ユニバーサルミュージックだからこそ成し得る、史上最大最強のジャズ・シリーズです。
ブルーノート、プレスティッジ、リヴァーサイド、ヴァーヴ、ECMなどユニバーサルが権利を有する名門ジャズ・レーベルが総参加。2017年に100周年を迎えるジャズ・レコードの歴史を彩る100枚の名盤です。
ジャズ初心者の方にも気軽に商品を手にしていただくために、イラストレーター・チーム100%ORANGEによるキャラクター、「ジャズボーヤ」も誕生。商品の帯を飾ります。

(ユニバーサル管轄の主要ジャズ・レーベル)
ブルーノート、プレスティッジ、リヴァーサイド、ヴァーヴ、インパルス、コンテンポラリー、ECM、エマーシー/マーキュリー、デッカ、キャップ、MCA、ドット、コーラル、アーゴ/カデット、マイルストーン、ギャラクシー、コンコード、パブロ、ファンタジー、コモドア、デビュー、MGM、キャピトル、パシフィック・ジャズ、リバティー、ユナイテッド・アーティスツ、ジャズ・ウェスト、イントロ、ダイアル、インペリアル、トランジション、ソリッド・ステイト、フォンタナ、ABC パラマウント、ライムライト、キーノート、テラーク、ストレッチ、スポットライト、ブルーサム、GRP、ヘッズアップ and more!

●ジャズ・レコード100周年に向けたカウントダウン企画。
世界初のジャズ録音は、1917年のオリジナル・ディキシーランド・ジャズ・バンドによるものでした。2017年のジャズ・レコード100周年に向け、約100年間に生み出された極めつけの名盤を選りすぐってリリースします。尚、今回発売する作品は、大半が半世紀前の1950~60年代に録音されたアルバム。ジャズという音楽が、いかに時代を超えて、永く愛され続けてきたかがおわかりいただけると思います

●いま、時代が一番求めている音楽は“ジャズ”。
2010年に大手レコード販売店HMVジャパンが約2,600人に対して実施した意識調査によると、一般の音楽ファンに「普段聴いている音楽以外に聴いてみたいジャンルは?」との質問に対し、1位は圧倒的に“ジャズ”(31%)という回答で、2位のクラシック(18%)には大差をつける結果となりました。この調査からも、ジャズは潜在的に聴いてみたいと思われている音楽といえます。
ジャズ発祥の地アメリカでも、近年ジャズ名盤の再発アナログLPが若い世代を中心にブームとなっており、さらにはあのレディー・ガガがジャズの大御所ヴォーカリストのトニー・ベネットと9月にデュエット・アルバム『チーク・トゥ・チーク』を発表するというニュースも。今後ジャズへの注目度がますますアップすることは間違いありません。

●一度は耳にしたことがある曲、ここにあります。
「ワルツ・フォー・デビイ」(日産「ティアナ」CM曲)、「ザ・ケルン・コンサート」(パナソニック・テレビ「プラズマタウ」CM曲)、「モーニン」(NHKテレビ「美の壺」テーマ曲)、「この素晴らしき世界」(映画『グッド モーニング, ベトナム』)など、名盤だけに、ジャズを聴いたことがない方でも一度は耳にしたことがある、TVや映画で使用されたナンバーを多数収録しています。

●初心者の方にも気軽に商品を手にしていただくために。
シリーズのキャラクター・デザインに、「新潮文庫の100冊」のキャラクター、パンダのYonda?君などで知られるイラストレーター・チーム100%ORANGEを起用。商品の帯にキャラクターを大きくあしらい、「ジャズ=お堅い」イメージを払拭します。

2014.10.8 ON SALE ¥1,000+税 完全限定盤