レーベル紹介

A&M

1962年、ハーブ・アルパートとジェリー・モスがロサンゼルスに設立。67年、クリード・テイラーがA&M内にCTIを設立。70年、傘下からCTI独立。


ABCパラマウント / ABC Paramount

1955年、ABCの子会社としてニューヨークに設立されたレーベル。クリード・テイラーがプロデュースを務めた。66年、ABCレコードに改称する。


アーゴ/カデット / Argo/Cadet

1955年、アーゴはシカゴのチェス・レコードのジャズ部門として設立。65年、カデットに改称。ファンキーなノリのいいジャズが多い。


ブルーノート / Blue Note

1939年、アルフレッド・ライオンがNYに設立。40年代末から70年代末にかけてモダン・ジャズの展開をリードした大レーベル。85年に復活、現在に至る。


ブルーサム / Blue Thumb

1968年、ボブ・クラスノーが設立。トミー・リピューマをプロデューサーに起用した。クルセイダーズが多数作品を残している。


キャピトル / Capitol

1942年、ジョニー・マーサーらによりロサンゼルスに設立されたメジャー・レーベル。ジャズ・ヴォーカル多数。米国ポップスの黄金時代を築く。


コモドア / Commodore

1938年、レコード店の店主ミルト・ゲイブラーがNYに設立。ビリー・ホリデイの「奇妙な果実」が大ヒット。ミルトは41年からデッカのA&Rを兼任。


コンコード / Concord

1972年、カール・ジェファーソンが西海岸コンコード市に設立。スコット・ハミルトンが看板アーティスト。2004年、ファンタジーを買収し、ジャズ界最大手レーベルとなる。


コンテンポラリー / Contemporary

1951年、レスター・ケーニッヒがロサンゼルスに設立。アート・ペッパーをはじめウエスト・コースト・ジャズの名作が多い。84年、ファンタジーが買収。


コーラル / Coral

1949年、デッカの傍系として米国で設立されたジャズとポップスのレーベル。ジャズ・ヴォーカルが多い。60年代の後半、デッカと共にMCAに吸収。


デビュー / Debut

1952年、ベーシストのチャールス・ミンガス、彼の妻セリア、ドラムのマックス・ローチがニューヨークに設立。初リーダー作が多い。72年、ファンタジーに吸収。


デッカ / Decca

1929年、エドワード・ルイスが英国デッカを創設したメジャー・レーベル。34年、その子会社としてジャック・キャップが米国デッカを設立した。


ダイアル / Dial

1946年、ロス・ラッセルがロサンゼルスに設立、翌年ニューヨークに移転。全盛期のチャーリー・パーカーをはじめビバップ・ムーヴメントを主に記録した。


ドット / Dot

1950年、ランディ・ウッドが設立した総合レーベル。57年、パラマウント・ピクチャーズに売却。サントラも扱うようになる。


ECM

1969年、マンフレート・アイヒャーがドイツのミュンヘンに設立。キース・ジャレットが代表アーティスト。現代音楽などのクラシックも手がける。


エマーシー / EmArcy

1954年、マーキュリーのジャズ部門として設立。クリフォード・ブラウンの多数の録音を残した。再三、復活している。


ファンタジー / Fantasy

1949年、マックス&ソルのウェイス兄弟がサンフランシスコに設立。代表作はデイヴ・ブルーベックの初期作品。傘下のジャズ・レーベルが多いことでも有名。


フォンタナ / Fontana

1954年、フィリップス傘下の総合レーベルとしてオランダで設立。モダン、フリー、ボーカルなどジャズのラインナップも多彩。


ギャラクシー / Galaxy

1951年、ファンタジーの傍系レーベルとして設立。ジャズの実質的な活動期間は78?80年代半ばで、オリン・キープニュースがプロデューサーを務めた。


GRP

1978年、デイヴ・グルーシンとラリー・ローゼンがニューヨークに設立。フュージョンを代表するレーベルとして人気を博している。


ヘッズアップ / Heads Up

1990年、デイヴ・ラヴがオハイオ州クリーヴランドに設立。コンテンポラリー・ジャズ系の人気アーティストが多い。アフリカ音楽シリーズも推進。


インパルス / Impulse!

1960年、ABCパラマウント傘下のジャズ専門レーベルとしてクリード・テイラーが設立。ジョン・コルトレーンの作品が多い。


イントロ / Intro

1952年、アラジン傘下のレーベルとしてロサンゼルスに設立。アート・ペッパーの幻の名盤やジョー・モレロなどのレコードがある。


ジャズ・ウェスト / Jazz West

1954年、アラジン傘下のレーベルとしてロサンゼルスに設立。アート・ペッパー、ケニー・ドリュー、ジャック・シェルドンなどの10枚を残した。


キャップ / Kapp

1954年、米国デッカ創設者の弟デヴィッド・キャップが設立。カーメン・マクレエなどの人気盤がある。67年、MCAに吸収。


キーノート / Keynote

1940年、エリック・ベルネがニューヨークに設立。43年からハリー・リムがジャズ録音を開始。レスター・ヤングなどの録音が有名。48年、マーキュリーが買収。


リバティ / Liberty

1955年、サイモン・ワロンカーがロサンゼルスに設立。ジュリー・ロンドンのアルバムが30枚もある。68年、UAと合併する。


ライムライト / Limelight

1962年、マーキュリーの系列レーベルとして設立。ジャズ中心。クインシー・ジョーンズが総合監修を務めた。66年まで活動。


マーキュリー / Mercury

1945年、アーヴィン・グリーンらがシカゴに設立した総合レーベル。ダイナ・ワシントン、サラ・ヴォーンなどの録音が多い。


マイルストーン / Milestone

1966年、オリン・キープニュースとディック・カッツがNYに設立。ソニー・ロリンズ、ジョー・ヘンダーソンなどの作品多数。72年、ファンタジーに吸収。


パブロ / Pablo

1973年、ノーマン・グランツがロサンゼルスに設立。エラ・フィッツジェラルド、オスカー・ピーターソンなどの制作に加えマネージャーも担当。87年、ファンタジーに売却。


パシフィック・ジャズ / Pacific Jazz

1952年、リチャード・ボックとロイ・ハートがロサンゼルスに設立したジャズ・レーベル。ウエスト・コースト・ジャズの全盛期を記録した。


プレスティッジ / Prestige

1949年、ボブ・ワインストックがNYに設立。マイルス・デイヴィス、ジョン・コルトレーン、ソニー・ロリンズらのハードバップ時代の名作が多数ある。


リヴァーサイド / Riverside

1953年、オリン・キープニュースとビル・グラウアーがニューヨークに設立したジャズの名門レーベル。ビル・エヴァンス、セロニアス・モンクの名作が多数。


ソリッド・ステイト / Solid State

1966年、UAの傘下のジャズ専門レーベルとしてロサンゼルスに設立。ソニー・レスターがプロデューサーを担当。70年、ブルーノートに吸収。


スポットライト / Spotlite

1968年、トニー・ウィリアムスがロンドンに設立。ダイアル・レーベルの復刻で人気を獲得。73年から新録音を始めた。


ストレッチ / Stretch

1992年、ピアニストのチック・コリアとロン・モスがロサンゼルスに設立したジャズ中心のレーベル。「境界のない音楽」をポリシーに掲げる。


テラーク / Telarc

1977年、ジャック・レナーとロバート・ウッズがオハイオ州クリーヴランドに設立。初期はクラシック音楽のみを制作。89年からジャズ開始。


トランジション / Transition

1955年、トム・ウィルソンがボストンで設立。約3年間活動。トムは後にCBSやヴァーヴ・フォアキャストでロックのプロデューサーとして活躍。


ヴァーヴ / Verve

1956年、ノーマン・グランツがビバリーヒルズに設立したジャズ専門レーベル。90年代に新録音が活性化し、新たな最盛期を迎える。

 
 
 

Universal Jazz