ジャズレーベル紹介 ジャズレーベル紹介

ジャズレーベル紹介

RIVERSIDE / リヴァーサイド

Logo River

概要 

 

【創立】1953年
【創立者】オリン・キープニュース/ビル・グラウアー
【創立地】
【主要アーティスト】ビル・エヴァンス/セロニアス・モンク/ウェス・モンゴメリー 他


ヒストリー

モダン・ジャズを代表する名門レーベル。ビル・エヴァンスとセロニアス・モンクが全盛期の多数のレコーディングを残した。エヴァンスの『ワルツ・フォー・デビイ』『ポートレイト・イン・ジャズ』『サンデイ・アット・ザ・ヴィレッジ・ヴァンガード』など、モンクの『ブリリアント・コーナーズ』『セロニアス・ヒムセルフ』『モンクス・ミュージック』などは、モダン・ジャズ・ピアノの金字塔といえる傑作群である。また、ウェス・モンゴメリーが多数の名作を残したことでも知られる。ウェスの『インクレディブル・ジャズ・ギター』『フルハウス』などは不滅の人気を博している。リヴァーサイドは1953年にオリン・キープニュースとビル・グラウアーが設立した。キープニュースがプロデュースを担当し、グロウワーが経営に従事した。当初はディキシーランド・ジャズなどのアーリー・ジャズの復刻が中心で、54年のランディ・ウェストンからモダン・ジャズの録音を開始。そして、翌年、セロニアス・モンクの『プレイズ・デューク・エリントン』の録音と発売から本格的にモダン・ジャズ・シリーズが始まった。それ以降キャノンボール・アダレイ、ジョニー・グリフィン、ブルー・ミッチェル、ボビー・ティモンズ、チャーリー・バードなどの代表作を多数録音する。キャノンボールはタレント・スカウト、音楽ディレクターとしても尽力。地方で活動していたウェス・モンゴメリーを発掘したのはキャノンボールである。リヴァーサイドはブルーノート、プレスティッジと並ぶモダン・ジャズ3大レーベルとして躍進し、モダン・ジャズの輝かしいカタログを残すことになる。傍系レーベルにはジャズランド、オフビート、ジャドソンなどがある。しかし、グラウアーが63年に死去し、翌年リヴァーサイドは活動を休止する。72年にファンタジー・レコードに吸収。キープニュースは未発表の発掘や復刻に着手した。現在はコンコード・ミュージック・グループの一部。