BIOGRAPHY

Jacky Cheung / ジャッキー・チュン


Jacky _bio香港の四大天王の内のひとり、「歌神」といわれている。 1961年7月10日、香港生まれ。 高校卒業後、香港貿易発展局で補助事務員を経てキャセイ・ パシフィック航空に就職。 在職中である1984年にソング・コンテストに出場、グランプリを受賞。 これがきっかけとなり、メジャー・レコード会社であ るポリグラム(現:ユニバーサル・ミュージック)と契約し、1985年にアルバム『Smile』でデビューする。 圧倒的な歌の上手さと日本や欧米のヒッ ト曲をカヴァーした楽曲がマッチし、中国語圏で大ヒット。 1991年アルバム『情不禁』に収録されていた、サザンの「真夏の果実」のカヴァーが香港で半 年に渡ってチャート・イン、それ以来トップ・クラスのセールスを継続して記録している。 特に、1994年にリリースしたアルバム『さよならのキス』は、 当時アジアで300万枚以上というセールスを記録、この成功によりジャッキーは世界の華人社会の頂点に立つ。 また、この記録は、アジアのシンガーとして は初めて当時のポリグラム全世界の中で、セールスがベスト10に入るという偉業となった。また、映画への出演も盛んで、コメディからシリアスな作品まで役 柄も幅広く活躍。俳優としての代表作は、ジョン・ウー監督の「ワイルドブリット」、王家衛監督の「いますぐ抱きしめたい」「欲望の翼」など。

デビューから15年以上にも渡りトップの地位を誇るジャッキーが、また昨年より活発に動き始めた。現在「張学友2002音楽の旅」と銘打った1999年以 来3年ぶりのワールド・ツアーの真っ最中。 オーストラリアから始まったこのコンサート・ツアーは、アジアはもとよりアメリカ、ヨーロッパと70公演以上 実施される予定。 もちろん、日本公演も8月17日(土)、18日(日)と2日間決定している。