BIOGRAPHY

久石 譲 (Hisaishi Joe)



国立音楽大学在学中よりミニマル・ミュージックに興味を持ち現代音楽の作曲家として出発。

1981年 「MKWAJU」 を発表、翌年 「INFORMATION 」 を発表しソロアーティストとして活動を開始。

以後、 「Piano Stories」 をはじめ、 「My LostCity」 、 「ETUDE ~a Wish to the Moon~」 、 「Asian X.T.C.」 、 「Another Piano Stories~The End of the World~」(2009年2月発表)など多数のソロアルバムを生み出し、ジャンルにとらわれない独自のスタイルを確立する。



1984年の映画 『風の谷のナウシカ』 以降、宮崎駿監督の 『千と千尋の神隠し』 や 『崖の上のポニョ』 など9作品の音楽を担当するほか、北野武監督の 『HANA-BI』 、米国アカデミー賞外国語映画賞に輝いた滝田洋二郎監督 『おくりびと』 の音楽を手掛け現在までに60本近い映画作品の音楽を担当。これまで数度にわたる日本アカデミー賞最優秀音楽賞をはじめ、数々の賞を受賞。近年は海外作品の音楽監督も多数務め、韓国映画 『トンマッコルへようこそ』 では大韓民国映画大賞最優秀音楽賞、中国映画 『おばさんのポストモダン生活』 では第27回香港アカデミー賞最優秀音楽賞を受賞するなど海外においても高い評価を得ている。



2001年には、自らも映画監督としてデビューを果たした 『Quartet カルテット』 を製作。音楽・共同脚本をも手掛けた本作品は、日本初の本格的な音楽映画としてモントリオール映画祭のワールドシネマ部門正式招待作品に選ばれた。



演奏活動も精力的に行っており、毎年ピアノソロや、アンサンブル、オーケストラといった様々なスタイルを披露。国内はもちろんのこと諸外国においても活動の場を広げ、2004年カンヌ国際映画祭 「The General」 フィルムコンサートではオーケストラの指揮を務め、2006年のアジアオーケストラツアーでは5都市のトップ楽団と共演し各地で大成功を収めた。



また2004年、新日本フィルハーモニー交響楽団と結成した 「ワールド・ドリーム・オーケストラ(W.D.O.)」 の初代音楽監督に就任。2008年8月、日本武道館に於いて 「久石譲in武道館~宮崎アニメと共に歩んだ25年間~」 を開催。6管編成の管弦楽と混声合唱団、吹奏楽、マーチングバンドを含む総勢1200人の大規模編成を指揮・ピアノ共演し大いなる成功に導いた。



2009年は、指揮者としても本格的な活動を開始させ、1月にはOTTAVA 「あの名曲シリーズ」 においてクラシックの指揮者デビューを飾り、5月には 「久石譲Classics vol.1」 コンサートを開催。続く第二弾となる 「久石譲Classics vol.2」 を2010年2月16日開催。ライヴ録音した音源は 「JOE HISAISHI CLASSICS」 シリーズとして、ワンダーランドレコードよりアルバムを発表するなど、現代音楽家の視点で捉えたクラシック音楽を幅広い層へ向けて発信し続けている。



2009年8月、ロンドン交響楽団演奏によるソロアルバム 「ミニマリズム」 を発表し、同名のオーケストラツアーを全国12公演開催。11月、秋の褒章において紫綬褒章を受章。



2010年は、国立音楽大学招聘教授に就任するなど、自身の音楽活動の傍ら、後進指導にも力を注ぐ。秋には、音楽を担当した李相日監督による映画 「悪人」 (2010年9月11日公開)の公開、そして昨年に引き続きロンドン交響楽団と共演したソロアルバムを発売予定。 音楽家として今後ますます意欲的な活動が期待されている。



主な著書に、 『感動をつくれますか?』 (2006年刊・角川oneテーマ21)、 『久石譲35mm日記』 (2007年刊・宝島社)、そして解剖学者・養老孟司氏との対談本 『耳で考えるー脳は名曲を欲する』 (2009年刊・角川oneテーマ21)がある。



official web site : http://www.joehisaishi.com/
 
 
 

WORKSⅣ

 
 

ジブリ・ベスト