BIOGRAPHY

Hélène Grimaud エレーヌ・グリモー (ピアノ)

 


 

Helene _grimaud _profileエレーヌ・グリモーはフランスのエクサン・プロウァンスに生まれ、地元の音楽学校で音楽の手ほどきを受けた後、マルセイユでピエール・バルビゼに師事した。13歳の時、パリ音楽院に全員一致の推薦で入学を許可され、1985年ジャック・ルヴィエのクラスで一等賞を獲得、さらにジョルジ・サンダーとレオン・フライシャーのもとで研鑽を積む。1987年は、カンヌ国際音楽祭、ラ・ロク・ダンテロン・ピアノ・フェスティヴァルヘの出演、東京での初リサイタル、ダニエル・バレンボイムの招きを受けてパリ管への出演と、グリモーのキャリアにとって一大転機となった。その後、世界各地のメジャー・オーケストラ、ベルリン・フィル、ボストン響、クリーヴランド管、ロサンジェルス・フィル、ニューヨーク・フィル、サンフランシスコ響、モントリオール響、バーミンガム市響、ロンドン響、ロンドン・フィル、ヨーロッパ室内管、イギリス室内管、バイエルン放送響、ベルリン・ドイツ響、ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管、チューリヒ・トーンハレ管、エーテボリ響、オスロ・フィル、N響、サンクトペテルブルク・フィル、ロッテルダム・フィル、フランス放送フィル、フランス国立管、パリ管などと、また多くのマエストロ、クリストフ・フォン・ドホナー二、エサ=ペッカ・サロネン、チョン・ミュンフン、ウラディーミル・アシュケナージ、クリストフ・エッシェンバッハ、クルト・マズア、ヘルベルト・ブロムシュテット、ローレンス・フォスター、ネーメ・ヤルヴィ、パーヴォ・ヤルヴィ、デイヴィッド・ジンマン等と定期的に共演を重ねている。

2001/02年のシーズンは、エッシェンバッハ指揮パリ管とのブカレストでのコンサートに始まり、ロンドンのBBCプロムスに出演、アムステルダムでシャイー指揮ロイヤル・コンセルトヘボウ管とも共演。そして2002/03年シーズンのハイライトはアルヴォ・ペルトのピアノとオーケストラのための新作の世界初演、アシュケナージ指揮チェコ・フィルとのアムステルダム、ロンドン、パリ、日本を含むツアー、ドホナー二指揮フィルハモニア管、ダウスガード指揮デンマーク国立管、N.ヤルヴィ指揮デトロイト響、エトヴシュ指揮オランダ放送フィルとの共演等が含まれる。レコーディング・デビューは15歳の時、デンオンに『ラフマニノフ作品集』を録音。続いて3枚のCDにショパン、リスト、シューマン、ブラームスの作品と、ロペス=コボス指揮ロイヤル・フィルと『ラヴウェル:ピアノ協奏曲』『ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番』を録音した。エラートには、『シューマン:ピアノ協奏曲/R.シュトラウス:ブルレスケ』(ジンマン指揮ベルリン・ドイツ響)、『ブラームス:ピアノ小品集』、『ラヴェル:ピアノ協奏曲/ガーシュウィン:協奏曲』(ジンマン指揮ボルティモア響)、『ブラームス:ピアノ協奏曲第1番』(クルト・ザンデルリンク指揮ベルリン・シュターツカペレ管。1999年クラシカル賞受賞)を録音。さらに、テルデックからは、『ベートーヴェンけピアノ協奏曲第4番/ピアノ・ソナタ作品109、110』(マズア指揮ニューヨーク・フィル)、アシュケナージ指揮フィルハーモニア管と共演した『ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番/練習曲《音の絵》ほか』がリリースされている。そして2002年、グリモーはドイツ・グラモフォンと専属契約を結んだ。2000年、フランス「音楽のヴィクトワール賞」年間最優秀ソリストにノミネートされた。2002年1月、フランス文化省から芸術勲章オフィシェに叙せられた。

 
 
 

INFORMATION

『野生のしらべ』エレーヌ・グリモー著/北代美和子訳/1785円(税込)
ランダムハウス講談社より発売中!

音楽は私を目覚めさせ、私を救った――。
小さな肉体を突き破ろうとする強烈な自我をもてあました少女時代、人生を決定づけたピアノとの鮮烈な出会い、そして、第二の誕生ともいえるオオカミとの邂逅……。今日までの思索を、繊細かつ哲学的に綴った珠玉の自伝。