NEWS

TOPICS

2008年のニュース

■3人のフラテリが奏でるロックンロール・クライマックス!世界を躍らせるザ・フラテリスの初の単独ツアーが決定!!

お騒がせロック・トリオ、初の日本単独ツアー決定した!2007年3月にファースト・アルバム、『コステロ・ミュージック』がリリース。「気取りや フラッツ」がCMに使用されたこともあり、爆発的なヒットとなった。日本盤のリリース・タイミングでの初来日も決定し、日本での初公演の期待感はクライ マックスへ高まった。しかし、残念なことにドラマーの急病で初公演はアンプラグドとなった。8月サマーソニックでは、メイン・ステージでバンド本来の実力 を発揮、数万人の観衆を躍らせキッチリとリヴェンジ。2008年6月にセカンド・アルバム、『ヒア・ウィ・スタンド』をリリースし、再びサマーソニックに 出演。新曲を披露したザ・フラテリスは引き出しの多さを証明。そして、2009年3月、意外にもバンドにとって初となる単独ツアーが決定!大阪、名古屋の ファンにとって念願の単独公演だ。

【TOUR SCHEDULE】
2009.3/12(木)大阪 心斎橋クラブクアトロ
2009.3/13(金)名古屋 名古屋クラブクアトロ
2009.3/16(月)東京 渋谷O-EAST
2009.3/17(火)東京 渋谷O-EAST

  
<総合問い合わせ先> クリエイティブマン03-3462-6969
来日公演関する詳しい情報はクリエイティブマンのウェブサイトにて!

2008.12.9更新


■サマーソニック東京会場でステッカー無料配布!

8/9(土)、10(日)のサマーソニック東京会場に、ユニバーサルTシャツ販売ブース「Bravado」が設置されます。Tシャツ販売の他、メタリカ、ザ・フラテリス、ウィーザーのステッカーを無料で配布致します!

2008.8.7更新


■ザ・フラテリス、2007年8月のSHIBUYA AX単独公演の熱狂を振り返る!

待ちに待った来日まで一ヶ月。ザ・フラテリス・ファン、そしてまだそうでないという方に彼らがどれだけ素晴らしいライヴ・バンドか是非思い出してもらいたい、知ってもらいたい。ということで8月13日の公演から3曲を特別に公開しちゃいましょう!

「アシッド・ジャズ・シンガー」: 今年6月にリリースになった『ヒア・ウィ・スタンド』収録曲。既にこのタイミングでセット・リストに入ってたんですね!

 

「クリーピン・アップ・ザ・バックステアーズ」: ロックンロール・バンドの真髄とも言える激しさが垣間見れる熱いパフォーマンス!

 

「気取りやフラッツ」(フラットヘッド): 言わずと知れたCM使用曲。バンドのパンク資質が感じられるトラックでもあり、オーディエンスもそれに応え、東京の熱い夜は締めくくられた。 

*公開は終了しました。

2008.7.10更新


■ザ・フラテリスとイギリスで大人気の映画、『ホット・ファズ~俺たちスーパー・ポリスメン!』

日本未公開でDVDが発売されるや否やゾンビ映画の傑作として話題となった『ショーン・オブ・ザ・デッド』の監督であるエドガー・ライトによる 『ホット・ファズ~俺たちスーパー・ポリスメン!』を皆さんご存知ですか?日本公開が危ぶまれる中、数多くのファンが署名を集め公開までこぎつけたという UK発のポリス・アクション映画です。

本国で100万枚を突破、日本でも15万のセールスを記録したファースト・アルバムの『コステロ・ミュージッ ク』からのシングル、「ベイビー・フラテリ」のビデオは『ホット・ファズ~』との全面コラボ。映画のオイシイ場面も数多く登場します!イギリスの音楽、映 画に興味を持っている人は要チェックですよ!

 

ザ・フラテリスが所属しているアイランド・レコーズUKのアーティストの映像が数多くアップされているオフィ シャル・サイトもありますので、チャンネル登録してみては?エイミー・ワインハウス、ザ・フィーリング、U2などの有名なアーティスト、まだ無名の新人ま で幅広い映像がご覧になれます。レーベル運営チャンネルならではのライヴ映像も多数ありますよ!

2008.7.7更新


■SUMMER SONIC EXTRA vol.4: ユニバーサル先行予約情報

サマーソニックに2年連続出演するザ・フラテリス!1年半振りのご機嫌なセカンド・アルバムを引っさげての単独公演が決定!
ザ・フラテリスを単独が絶対観たいという熱いファンの方、一般発売前に先行予約が可能になりました!まず以下の情報を確認して頂き、リンク先で手続きを行ってください!

受付名称:SUMMER SONIC EXTRA vol.4 ザ・フラテリス単独公演ユニバーサル特別先行予約
受付期間:6/30(月)昼12:00~7/4(金)18:00
受付URL(PC/携帯共通):http://pia.jp/t/fratellis/
※1人4枚まで
※お申し込みには、@ぴあ会員登録(無料)が必要になります。
※システム使用料として、別途、チケット1枚辺り210円がかかります。

2008.6.30更新



■サマーソニック2年連続出演!1年半振りのご機嫌なセカンド・アルバムを引っさげての単独公演が決定!

8/12(火)東京 O-EAST
OPEN 18:00 / START 19:00
TICKET ¥6,000-(税込/All Standing/1DRINK別)
INFO: クリエイティブマン 03-3462-6969
チケット発売:7/6(日)10:00am~

2008.6.25更新



■ブックレットに書かれてある日本語メッセージの主は・・・無類の日本好き!

「気取りやフラッツ」(原題: フラットヘッド)がiPod+iTune StoreのCM曲と使用されたこともあり、世界的大ブレイクを果たしたザ・フラテリス。CM使用曲を収録した『コステロ・ミュージック』は本国イギリス で100万枚、日本においても約15万枚ものセールスを記録。そして6月3日、待望のセカンド・アルバム 『ヒア・ウィ・スタンド』の輸入盤が日本で発売になった。すると、アルバムのブックレットに書かれてある日本語のメッセージがファンの間で話題に。

「サンキュー ジャパン!オマエたちはオレラにとってかけがえのないそんざいだぜ」

これはバンドが関係者に感謝を意を表す、いわゆる「サンクス・クレジット」に記載されているメッセージだ。

メッセージの主は、ベース・ギターを担当するバリー・フラテリだ。実はバリーは大の日本好き。バリーの日本好きが発覚したのは、去年の初来日後4月中旬の こと。日本のザ・フラテリスの担当者が、渋谷に所用で出掛け、昼食をファースト・フード店で取ろうとしたら隣に、なんとバリーが!? なんでここにいる の?おいおい、ここは日本だよ。

担当者: 「どうして日本にいるの???」
バリー: 「日本が好きになったから、オフになったから飛んで来たんだ!」
担当者: 「今、どこに泊まってるの?」
バリー: 「下北から数駅の友達のところ」
担当者: 「アルバム、大ヒットしてるよ。サマソニで会えることを楽しみにしてるから!」
バリー: 「そりゃー、すげえや!今度はもの凄いパフォーマンスを披露するからな。またな」

こんな感じの会話を交わす。

そして今年5月、音楽専門誌のザ・フラテリスへのインタビューを行うことになり、イギリスのマネージメントにリクエスト。フロントマンでソングライターであるジョンへのリクエストをしたところ、海外から返ってきた答えは・・・。

マネージメント: 「バリーも電話インタビューやりたいそうだ。やらせてやって欲しい」
担当者:  「OKだけど、ジョンもやってくれるんだよね」
マネージメント: 「もちろん!でも最初はバリーからだ。日本のインタビューをどうしてもやりたいそうだからね」

ザ・フラテリスのメンバー全員そんなにおしゃべりでもなく、どちらかと言うと寡黙な方。バリーはその中でも一番落ち着いていて、余計なことは言わないタイプなので、とても貴重なバリーの電話インタビュー6月中旬に店頭に並ぶ音楽専門誌に掲載されることになる。

皆さんもザ・フラテリスのスケジュールが長期オフになっている時は要注意。日本でバリーに出くわすかもしれない!

そんな日本を愛してくれているザ・フラテリスのニュー・アルバム『ヒア・ウィ・スタンド』の国内盤がいよいよ本日発売された。

これを聴いて、サマーソニック08で再び日本の地を踏む彼らに熱い声援を送り、彼らの想いに応えようではないか!

2008.6.18更新



■『ヒア・ウィ・スタンド』が全英アルバム・チャートで初登場5位を獲得

6月21日付け(6月15日発表)の全英アルバム・チャートで、ザ・フラテリスのニュー・アルバム『ヒア・ウィ・スタンド』が初登場5位を獲得しました。

2008.6.18更新



■英フリー・コンサート・シリーズ『iTunes Festival』への出演が決定

7月の約1ヵ月間にわたり、ロンドンのKOKOで開催されるコンサート・シリーズ『iTunes Festival』に、N★E★R★D、ポール・ウェラー、ザ・フィーリング、サム・スパローが出演すると発表されました。英アップル社が主催するこのコ ンサートは、iTunesユーザーを対象としたフリー・イベントで、出演アーティストのライヴ音源は録音され、後にiTunesを通じて入手可能になるそ うです。各アーティストの出演日程は以下の通りです。
7月1日:N★E★R★D
7月2日:ポール・ウェラー
7月4日:ザ・フィーリング
7月21日:サム・スパロー

2008.6.18更新



■全米ツアーの合間に3都市でインストア・イベントを開催

現在全米ツアー中のザ・フラテリスが、ニュー・アルバム『ヒア・ウィ・スタンド』のリリースに伴い、全米3都市のVirgin Megastoresでアコースティック・ミニ・ライヴとサイン会を行なうと発表しました。日程は以下の通りです。
6月13日:ニューヨーク(Union Square店)
6月17日:ロサンゼルス
6月18日:サンフランシスコ

2008.6.12更新



■ドコモのMusic&Videoチャネル(TM) 「ユニバーサルミュージックch」でビデオを紹介!

ユニバーサル ミュージックの洋楽番組をドコモのMusic&Videoチャネル*で見ることができます。

6月13日更新の番組では、ニュー・アルバム『ヒア・ウィ・スタンド』から「ミストレス・メイベル」(ビデオ)他全3曲をお送りします!

* Music&Videoチャネルとは、最長約1時間(動画番組は最長約30分)の番組を夜間に自動ダウンロードするサービスです。最初に1回設定するだけで、あとは自動的に更新がされるため、いつでも最新の動画・音声番組を持ち歩くことができます。
「Music&Videoチャネル」は、株式会社NTTドコモの商標です。

2008.6.11更新



■ジョン・フラテリに隠し子!?


ザ・フラテリスのジョン・フラテリに隠し子が居るという英ゴシップ紙の騒動を受け、彼が9歳になる男の子の父親であることを認めました(未婚)。しかし、 ジョンによると、決して隠していたわけではないそうで、次のようにコメントしています。「18歳の時、その頃に付き合っていた女の子が妊娠してしまったん だ。しかし、同時にこの頃、バンドが成功し始めて、俺は故郷のグラスゴーを離れなくてはいけなくなったんだよ。決して、逃げたわけじゃないんだ。実際、今 までずっと、毎月養育費を支払っていたし、故郷に居る時は、週の半分くらいは息子と会っているからね」。

2008.6.10更新



■2008年夏限定「ユニバーサルミュージック夏フェス学園」を開講!

夏限定!の夏フェス・スペシャルサイトをオープン!
http://www.universal-music.co.jp/fes08/

ブログあり、プレゼントあり、クイズあり、参加型企画です。
みんなで一緒に夏フェスを盛り上げよう!
(対象フェス:FUJI ROCK FESTIVAL/ROCK IN JAPAN FESTIVAL/ SUMMER SONIC/ RISING SUN ROCK FESTIVAL)

●特派員募集!
当日ライブの模様をリアルタイムでブログに投稿していただける特派員を大募集!

■特派員とは?
・フェス当日、ユニバーサルミュージック所属アーティストのライブレポートを携帯からリアルタイムで投稿していただきます 
・アーティストと会えるMEET&GREETがあるかも!?
・フェス後には今年のフェスを振り返ったあなたの熱い想いの詰まった編集後記もお願いします

■応募条件
・下記フェスに参加される方で、チケットを予めご自身でご用意いただける方
(チケット代、現地までの交通費、宿泊費など、フェスの参加に掛かる費用はお客様負担となりますので予めご了承ください)
FUJI ROCK FESTIVAL/ROCK IN JAPAN FESTIVAL/ SUMMER SONIC/ RISING SUN ROCK FESTIVAL
・必ず投稿をしてくださる方
・我こそは!と熱い想いを持っている方
応募締切: 2008年6月30日(月)

■選考について
・締め切り後、特派員をお願いする方には改めてご連絡差し上げます。

●洋楽アーティストからプレゼント到着!
夏フェスに先立って洋楽アーティストからプレゼントが到着! 
第一弾はWEEZER Tシャツ!(※WEEZERは夏フェスへの出演予定はありません)
来週も、第二弾プレゼントを発表予定!

2008.6.6更新



■新曲「ミストレス・メイベル」着うた®、着うたフル®本日発売!

ニュー・アルバム『ヒア・ウィ・スタンド』からの1stシングル「ミストレス・メイベル」の着うた®、着うたフル®、本日発売です!

[販売サイト] ユニバーサル ミュージック公式携帯サイト / 絶対!洋楽 / Music.jp / Dwang /
[音楽をモーラ]mora * (*着うたフルのみ取り扱い)

2008.6.4更新



■ジョンがソロ・アルバムのリリースを計画中

ザ・フラテリスのジョン・フラテリが、ソロ・アルバムのリリースを計画していることが明らかになりました。現在、このアルバム用の曲作りを行なっていると いう彼は、英デイリー・スター紙に対し、次のように語っています。「ニュー・アルバム(『ヒア・ウィ・スタンド』)に伴うツアーが終わったら、ソロ・アル バムをリリースしようと思っているんだ。でも、大したことじゃないよ。ただ単に、自分をずっと忙しくしておきたいだけさ」。

2008.6.3更新



■新曲お披露目のためロンドンでシークレット・コンサートを開催

5月27日にザ・フラテリスが、ロンドンのCamden Dingwallsでシークレット・コンサートを開催しました。このコンサートは、日本で6月18日にリリース予定のニュー・アルバム『ヒア・ウィ・スタ ンド』からの新曲をお披露目するために行なわれたもので、当日は8曲もの新曲がプレイされたのだそうです。ジョン・フラテリは英BBCに対し、「まだリ リースされていないニュー・アルバムからの新曲をプレイするのは、少しだけヘンな感じだったな」とコメントしています。

2008.5.29更新



■ニュー・シングルのリリースを記念してロンドンでコンサートを開催すると発表

ニュー・アルバム『ヒア・ウィ・スタンド』からの先行ファースト・シングル「ミストレス・メイベル」を5月26日に全英リリースする予定のザ・フラテリス が、このリリースを記念して、ロンドンでコンサートを行なうと発表しました。コンサートは、リリース翌日の5月27日に、ロンドンのDingwallsで 開催される予定です。

2008.5.22更新


■ドコモのMusic&Videoチャネル(TM) 「ユニバーサルミュージックch」で新曲のビデオを紹介!
ユニバーサル ミュージックの洋楽番組をドコモのMusic&Videoチャネル*で見ることができます。
5月23日更新の番組では、6月発売のニュー・アルバムのシングル「ミストレス・メイベル」をビデオでお送りします!
* Music&Videoチャネルとは、最長約1時間(動画番組は最長約30分)の番組を夜間に自動ダウンロードするサービスです。最初に1回設定するだけで、あとは自動的に更新がされるため、いつでも最新の動画・音声番組を持ち歩くことができます。
「Music&Videoチャネル」は、株式会社NTTドコモの商標です。

2008.5.21更新



■英フェスティバルでニュー・アルバムから4曲の新曲を披露

5月16日に英ブライトンで開催されたフェスティバル『The Great Escape』にヘッドライナーとして出演したザ・フラテリスが、ニュー・アルバム『ヒア・ウィ・スタンド』(日本リリースは6月11日予定)からの新曲 をファンに披露しました。当日、彼らがプレイした17曲の中には、「ミストレス・メイベル」「テル・ミー・ア・ライ」「マイ・フレンド・ジョン」「ルッ ク・アウト・サンシャイン」といった4曲の新曲が含まれていたということです。

2008.5.20更新


■ドコモのMusic&Videoチャネル(TM) 「ユニバーサルミュージックch」で紹介!

ユニバーサル ミュージックの洋楽番組をドコモのMusic&Videoチャネル*で見ることができます。
5月16日更新の番組では、昨年大ヒットした「気取りやフラッツ(Flathead)」のビデオを紹介します。
* Music&Videoチャネルとは、最長約1時間(動画番組は最長約30分)の番組を夜間に自動ダウンロードするサービスです。最初に1回設定するだけで、あとは自動的に更新がされるため、いつでも最新の動画・音声番組を持ち歩くことができます。
「Music&Videoチャネル」は、株式会社NTTドコモの商標です。

2008.5.14更新



■英恒例『Glastonbury Festival 2008』の全出演ラインナップが正式発表

6月27~29日の3日間にわたり開催される英恒例フェスティバル『Glastonbury Festival 2008』の全出演ラインナップが正式発表されました。各アーティストの出演日程等の詳細は以下の通りです。
ザ・フラテリス:6月27日、Pyramid Stage(メイン・ステージ)
ザ・フィーリング:6月27日、Pyramid Stage(メイン・ステージ)
ケイト・ナッシュ:6月27日、Pyramid Stage(メイン・ステージ)& Left Field & Queen's Head
ジェイ・Z:6月28日、Pyramid Stage(メイン・ステージ、ヘッドライナー)
クラウデッド・ハウス:6月28日、Pyramid Stage(メイン・ステージ)
ザ・コーティナーズ:6月28 & 29日、John Peel Stage
ダーティ・プリティ・シングス:6月29日、Left Field

2008.4.29更新



■UK恒例『Reading & Leeds Festivals』への出演が決定


UK恒例『Reading & Leeds Festivals』に、メタリカ、ザ・キラーズ、ダーティ・プリティ・シングス、クイーン・オブ・ザ・ストーン・エイジ、ザ・フラテリスが出演すると発 表されました。このうちメタリカとザ・キラーズは、ヘッドライナーを務める予定になっています。今年の同フェスティバルは、8月22~24日の3日間にわ たり、レディングとリーズで同時開催されるということです。各アーティストの出演日程は以下の通りです。
メタリカ:23日リーズ、24日レディング、メイン・ステージ(ヘッドライナー)
ザ・キラーズ:23日レディング、24日リーズ、メイン・ステージ(ヘッドライナー)
ダーティ・プリティ・シングス:23日レディング、24日リーズ、メイン・ステージ
クイーン・オブ・ザ・ストーン・エイジ:22日レディング、23日リーズ、メイン・ステージ
ザ・フラテリス:22日レディング、23日リーズ、メイン・ステージ

2008.4.1更新



■英『Glastonbury Festival』への出演が決定


ザ・フラテリスが、英『Glastonbury Festival』の出演ラインナップに加わりました。今年の同フェスティバルは、6月27~29日の3日間にわたり、サマーセットのPilton Farmで開催され、他にジェイ・Z、Kings Of Leon、The Verve、Leonard Cohen、Massive Attackなど、多数のアーティストが出演する予定になっています。

2008.3.13更新



■英『Teenage Cancer Trust』のためのチャリティ・コンサート出演が決定


ガンや白血病などの難病と闘う若者達を支援する英チャリティ組織『Teenage Cancer Trust』のためのチャリティ・コンサートに、ザ・フラテリスとエイミー・マクドナルドが出演すると発表されました。このコンサートは、4月8日から約 1週間にわたり、ロンドンのRoyal Albert Hallで多数のアーティストがプレイするシリーズで、ザ・フラテリスは11日に全6組のアーティストのヘッドライナーとしてライヴを披露する予定です。 また、エイミー・マクドナルドは、最終日(13日)に行なわれる"TCT Sessions"に、Newton Faulkner、David Gray、Joan Armatradingなどと共に参加するということです。

2008.3.11更新



■英MTV主催コンサート・シリーズ『MTV Spanking New Music Tour』への参加が決定

英MTVが主催するコンサート・シリーズ『MTV Spanking New Music Tour』に、ザ・フラテリスが参加すると発表されました。このコンサート・シリーズは、4~5月にかけてUKとアイルランド各地で多数のコンサートが開 催されるもので、ザ・フラテリスはThe Ting TingsやAlphabeatと共に、シリーズの一環として以下の3公演を行なう予定です。
4/27 - Cambridge Junction
4/28 - Islington Academy
4/29 - Liverpool Academy

2008.3.4更新



■アイルランドの『Oxegen Festival』への出演が決定


 アイルランド最大の恒例フェスティバル『Oxegen Festival』に、ザ・フラテリス、イアン・ブラウン、カウンティング・クロウズが出演すると発表されました。今年の同フェスティバルは、6月 11~13日の3日間にわたり、KildareのNaasにあるPunchestown Racecourseで開催されます。現時点で他に、REM、Chemical Brothers、Hot Chip、Kings Of Leonなどの出演が決定しています。

2008.2.26更新



■スコットランド最大のフェスティバル『T In The Park』への出演が決定


スコットランド最大の恒例フェスティバル『T In The Park』の出演ラインナップが発表され、カイザー・チーフス、ザ・フラテリス、イアン・ブラウン、カウンティング・クロウズ、ザ・フィーリング、エイ ミー・マクドナルドの出演が決定しました。今年の『T In The Park』は、7月11~13日の3日間にわたりキンロスのバラドで開催され、他にREM、Rage Against The Machine、The Verve、The Prodigyなど、50組以上のアーティストが出演する予定になっています。なお、すでにカイザー・チーフスは、7月12日のNME/Radio 1 Stageでヘッドライナーを務めると発表されています。

2008.2.19更新


NEWS一覧に戻る

 
 
 

THE FRATELLIS 着うた・着うたフル

着うた®・着うたフル®のダウンロードはこちら

QR code linking to http://recochoku.jp/artist/30024039/