NEWS

TOPICS

2011年のニュース

■ロンドンの有名な高級デパート、ハロッズでのパフォーマンスが決定

フローレンス・アンド・ザ・マシーンが、ロンドンの有名な高級デパート、ハロッズのウィンター・セールのオープニングを飾るパフォーマンスを行なうことに決定しました。フローレンスは、12月27日の午前9時から、Harrods Door 5でアコースティック・パフォーマンスを披露します。この模様は、ハロッズのフェイスブックでライヴ・ストリーミングされる予定になっています。

2011.12.27更新


■米VH1のコンサート特番『VH1 Divas Celebrates Soul』に出演

12月19日に米VH1で放映されたコンサート特番『VH1 Divas Celebrates Soul』に、フローレンス・アンド・ザ・マシーンが出演しました。フローレンスは、実力派の女性アーティストが出演することで知られるこの恒例特番に参加できたことを、「とても光栄で、数々の素晴らしいパフォーマンスに心を打たれた」とコメントしています。放映前日の18日にニューヨークのHammerstein Ballroomで収録されたこのコンサートには他に、メアリー・J.ブライジ、ジェシー・J、Jennifer Hudson、Kelly Clarkson、Jill Scott、Sharon Jones & the Dap-Kingsなどが出演しました。今回のコンサートでは特に、故エイミー・ワインハウスへのトリビュート・パフォーマンスが行なわれましたが、中でも圧巻だったのは、以前からエイミーを「私の本物のソウル・シスター」と評していたフローレンス・ウェルチのパフォーマンス。フローレンスはWanda Jacksonとのコラボで「バック・トゥ・ブラック」を披露。このパフォーマンスが、今回のパフォーマンスの中で最も素晴らしかったと絶賛されています。

2011.12.27更新


■2012年の『New Orleans Jazz & Heritage Festival』への出演が決定

 2012年に開催される『New Orleans Jazz & Heritage Festival』に、フローレンス・アンド・ザ・マシーンが出演することが明らかになりました。2012年で50周年を迎えるこのフェスティバルは、4月27日~5月6日にルイジアナ州ニューオーリンズのFair Grounds Race Courseで開催されます。現時点で他に、Eagles、Tom Petty & The Heartbreakers、Foo Fighters、John Mayer、Zac Brown Band、Herbie Hancock、My Morning Jacket、Bonnie Raittなどの出演が決定しています。

2011.12.19更新


■LAのラジオ局KROQ主催のクリスマス・フェスティバルに出演

 ロサンゼルスのラジオ局KROQが主催するクリスマス・フェスティバル『第22回 KROQ Almost Acoustic Christmas』に、フローレンス・アンド・ザ・マシーンが出演しました。このフェスティバルは、ロサンゼルス郊外のGibson Amphitheatreで2日間にわたり開催。フローレンスは、2日目の12月11日のステージに登場し、「Dog Days Are Over」「Shake It Out」「Never Let Me Go」「No Light, No Light」などのパフォーマンスを披露しました。フェスティバルには他に、Foster The People、High Flying Birds、Mumford & Sons、Black Keysなどが出演しています。なお、フローレンスのパフォーマンスを観ていたBushのGavin Rossdaleは、次のようにコメントしました。「フローレンスは完全なる女神で、最も特別なミュージシャンだよ。長年、彼女のような存在は出てこなかった。彼女が歌うと、まるで世界を光で彩るかのようだ。誰もが住みたいと思うような世界だね」。

2011.12.19更新


■アメリカ大晦日の恒例テレビ番組への出演が決定

 アメリカ大晦日の恒例テレビ番組『Dick Clark's New Year's Rockin' Eve with Ryan Seacrest』の出演ラインナップに、新たにフローレンス・アンド・ザ・マシーンが加わりました。今年で40年目を迎えるこの番組では、各アーティストがニューヨークのタイムズ・スクエアから生中継でパフォーマンスを披露(一部ロサンゼルスからの衛星生中継もあり)。今年はすでに、レディー・ガガやジャスティン・ビーバー、ニッキー・ミナージュ、LMFAOなどの出演が決定しています。?

2011.12.13更新


■米ビルボード誌が2011年の年間チャートを発表

 米ビルボード誌が、2011年の年間チャート"Best of 2011"を発表しました。フローレンス・アンド・ザ・マシーンは、"Digital Albums Artists"部門で8位を獲得しています。

2011.12.13更新


■MTVで最新ライヴ映像が先行&独占配信!必見!

10月25日にイギリスHackney Empireで行われた最新アルバム『セレモニアルズ』のローンチ・ショウから、アルバムの収録曲「Spectrum」がMTVで先行&独占配信中! 
これはフローレンス・アンド・ザ・マシーンが 2011年にイギリスで行った唯一のショウ。チケットが1分で売り切れるなど、大きな話題となった。
期間:12月1日(木)11:00~12月8日(木)11:00
http://www.mtvjapan.com/blog/mtvblog/2011-12-01/5086

2011.12.01更新


■英BBCのラジオ番組でドレイクのカヴァー・パフォーマンスを披露

 フローレンス・アンド・ザ・マシーンが、11月25日に英BBC Radio 1の番組『Live Lounge』に出演しました。フローレンスは、「Shake It Out」や「No Light No Light」を含め、全6曲のパフォーマンスを披露。この中には、ドレイクとリアーナのデュエット曲「Take Care」のカヴァー・パフォーマンスも含まれていました。フローレンスは、ドレイクとのコラボを熱望し続けているということです。

2011.11.30更新


■2012年ロンドン・オリンピックの開催を祝うイベントへの出演が決定

 フローレンス・アンド・ザ・マシーンが、2012年6月に開催される『BBC Radio One's Hackney Weekend』の出演ラインナップに新たに加わりました。このイベントは、ロンドン・オリンピックの開催を祝うため、2012年6月23日と24日にロンドンのHackney Marshesで開催されるもの。チケットは無料で、登録した人の中から抽選で配布されるそうです。現時点でフローレンス以外に、Leona Lewis、Plan Bなどの出演が決定しています。

2011.11.30更新


■スペインの夏恒例『2012 Benicassim Festival』への出演が決定

 フローレンス・アンド・ザ・マシーンが、2012年の『Benicassim Festival』に出演することが明らかになりました。このフェスティバルは、2012年7月12~15日の3日間にわたり、スペインのベニカシムで開催されるもの。現時点で、The Stone Rosesがヘッドライナーを務めることが決定しています。また、2012年3月にUKアリーナ・ツアーを開催すると発表したフローレンスですが、11月25日に発売されたチケットはすでにソールドアウトになっています。

2011.11.30更新


■2012年3月に開催するUKアリーナ・ツアーの日程を発表

 フローレンス・アンド・ザ・マシーンが、2012年3月に開催するUKアリーナ・ツアー(アイルランド含む)の日程を以下の通り発表しました。
3/2 - Dublin @O2 Arena
3/4 - Bournemouth @International Centre
3/5 - Cardiff @Motorpoint Arena
3/6 - Nottingham @Capital FM Arena
3/8 - London @Alexandra Palace
3/9 - London @Alexandra Palace
3/12 - Glasgow @Glasgow SECC
3/13 - Birmingham @LG Arena
3/15 - Manchester @Evening News Arena
3/16 - Newcastle @Metro Radio Arena

2011.11.25更新


■人気コメディTV番組『Saturday Night Live』でユーモアのセンスを披露

 フローレンス・アンド・ザ・マシーンのフローレンス・ウェルチには、実はユーモアのセンスがあるようです。フローレンスは、11月19日に米NBCテレビの人気コメディ番組『Saturday Night Live』に出演。感謝祭を題材にした"New Jack Thanksgiving"のコントに参加しました。また、「Shake It Out」と「No Light, No Light」のパフォーマンスも披露しています。

2011.11.25更新


■ライヴでのアンコールは1回だけ。2回以上は違和感

 フローレンス・アンド・ザ・マシーンのフローレンス・ウェルチは、ライヴでのアンコールは1回だけにすべきだと考えているのだそうです。彼女は、オーストラリアのSydney Morning Herald紙とのインタビューで、次のようにコメントしています。「(アンコールは)2回やるべきではないわ。1回はいいわよ。でも、2回はダメね。あと私は、自分自身のショウじゃなかったら、アンコールはやらないわよ。アンコールは、とても嬉しいものよね。でも私は、2回とか3回とかやる人を観ると、違和感を感じてしまうの。アーティストにとってアンコールは、心から沸き上がったドラマティックなジェスチャーだと、私は思っているのよ」。

2011.11.16更新


■『セレモニアルズ』が全英アルバム・チャートで初登場1位を達成

 11月12日付け(11月6日発表)の全英アルバム・チャートで、フローレンス・アンド・ザ・マシーンのニュー・アルバム『セレモニアルズ』が初登場1位を達成しました。このアルバムは、リリース初週に約9万枚のセールスを記録。コールドプレイの『マイロ・ザイロト』を2位に押しのけての1位獲得になっています。ちなみにフローレンスは、デビュー・アルバム『ラングス』でも全英No.1を達成しており、2作連続で全英No.1アルバムに輝きました。

2011.11.08更新


■10/25に実施されたロンドン・ライヴ・レポートが到着!<パート2>

VOGUE ブロガーのAliceさん
http://blog.talk.vogue.co.jp/alice/archives/5215070.html
ELLE GIRL ブロガーのさや缶さん
http://blogs.ellegirl.jp/sayakan/

2011.11.04更新


■シャネルのカール・ラガーフェルドとのコラボで限定アナログ・シングルをリリース

 フローレンス・アンド・ザ・マシーンのニュー・シングル「Shake It Out」の限定アナログ盤(Special Collector's Vinyl Version)が、10月31日にUKでリリースされました。この限定盤のデザインは、シャネルのクリエイティヴ・ディレクターであるカール・ラガーフェルドが担当。レコード盤は、白のカラー・ディスクが使用されています。ジャケットはシリアル番号入りで、パッケージにはシルヴァーのホイルを使用。カールが撮影した写真もフィーチャーされているということです。リリースは限定500枚のみになります。フローレンス・ウェルチは、10月初頭にパリで開催されたシャネルのファッション・ショウ(2012年春夏パリコレ)にパフォーマーとして出演。その時からカールは、彼女と何かでコラボしたいと望んでいたのだそうです。

2011.11.01更新


■『Ceremonials』はデビュー・アルバム以上に喜びに満ちあふれた作品

 フローレンス・アンド・ザ・マシーンのフローレンス・ウェルチが、ニュー・アルバムの『Ceremonials』は、デビュー・アルバム以上に喜びに満ちあふれた作品だと英オブザーバー紙に語りました。アルバムには、彼女自身のこの数年間の成長も表れているといいます。そして、プレッシャーがあったことも明らかにしています。「こんなに素晴らしい機会を与えられたわけだけど、同時に、すべてを台無しにしてしまうかもしれないとも感じていたのよ」。また、現在は禁酒している彼女ですが、以前の特にツアー中は、日々記憶を失うまで泥酔していたようです。ほとんど、自ら制御できない日々だったのだそうです。

2011.10.31更新


■ライヴ・ストリーミングが実施されたフローレンス・アンド・ザ・マシーンのロンドン・ライヴ・レポートが到着!

セレモニアルズ・アルバム・ローンチ・ライヴ:THE HACKNEY EMPIRE, LONDON: 25/10/11
Photos by Tim Oxley

111028ロンドンはいつも君を驚かせる。普段ならば秋雲に覆われ、陰鬱な水溜りが地面を覆い、肌寒い風が吹きあれるロンドンも、夕方には気持ちのいい日差しに完璧な夕暮れで非常に気楽な気持ちになる。素晴らしく壮麗で豪華なミュージック・ホールHackney Empireに向かっていくと、1分で売り切れたというフローレンス・アンド・ザ・マシーンの『セレモニアルズ』アルバム・ローンチのチケットを手に入れた幸運な人々があふれ、その誰もが笑顔に満ち溢れていた。膨大な数の'Flofollower'達が彼らのアイドルを見るためのスペアチケットを手に入れるチャンスがないか待ち続け、新しいアルバムの話をし、満点のレビューを与え、フェスティバルに出演したときの模様や、シャネルのショウでカール・ラガーフェルドのためにフローレンスがパフォーマンスをした話をしたりしている。彼らが行列の中で静まり返る瞬間は、ステージドアすぐ近くに近づいた瞬間だけ、フローレンスがウォーム・アップのために歌うアカペラVersionの「ドッグ・デイズ・アー・オーヴァー」を聴くことができたのかもしれない。ファンにとってこのような瞬間はもう二度と来ないのかもしれないと感じさせるようだった。もう一度言うが、今夜のフローレンス・アンド・ザ・マシーンのショウは、ロンドン1流行のチケットとなっており、彼女のコアなフォロワーたちは、自分達にとってアンダーグラウンドなスターであったフローレンスをしぶしぶながらも解放しなくてはならないわけだ、今夜のショウは世界中でストリーミングもされることになっており、これはつまりこの前衛的なスターを取り囲む熱狂が桁違いに増えつつあることを示している。
会場は深く官能的な赤のライトで包まれ、すべての目がステージ上の豪華にひだが入ったクリムゾン色のカーテンに向けられ、今夜何が始まるのかを心待ちにしている。フローレンスのダンスがまるで巫女が踊るダンスであるかのような荘厳な雰囲気をもった何かで満ち溢れている。
カーテンが開き、雷のようなドラムシグナルが鳴り響き、シャンパン・カラーのシルクのナイトウェアをまとったフローレンスのセレモニーが始まると、会場は観客達の笑顔に満たされた。
「オンリー・イフ・フォー・ア・ナイト」が始まると、まるでフローレンスが精霊を呼び込んだかのような彼女の驚くべきヴォーカル(時にファルセットを聞かせ、時に泣き声のようでもある)や、あまりに壮大で残りのオーケストラはどこに隠れているのだろうかと疑問に思ってしまうかのようなバンド(ハープも含む)により、そのサウンドに引き込まれる。このショウがアルバムのローンチ・パーティーであることから、当然ながら『セレモニアルズ』からの聴いたことのない楽曲が披露されたが、そのなかの3曲は聴いたことのあるオーディエンスを大いに盛り上げていた。ファースト・シングル、「ホワット・ザ・ウォーター・ゲイヴ・ミー」,アルバム中最も詞的な様相を持ったこの楽曲が、今夜はバンドの奏でるセクシーでダブとロックが合わさったかのようなグルーヴにフローレンスのヴォーカルの魔法が見事にのっていた。『セレモニアルズ』からの楽曲「ハートラインズ」は観客が初めて聴くにもかかわらず、力強いコーラスと熱狂的なオーケストレーションにより、直ちに観客の気持ちをつかみ、新作が素晴らしいものになるに違いないことを容易に証明してみせた。
フローレンスは完全にくつろいだ様子で、愛らしく揺れ動き、ステージ上で回ったり、まるで彼女の夢にはまっているかのように、彼女のローブで優雅に動きまわっていた。彼女は心のそこから、そこにいることを楽しんでいるようであった。ギグが進むにつれ、曲と曲の間に少し時間をとり、彼女たちがそこに戻ってくることができたことを観客に感謝し、それぞれの楽曲の歌詞についてかいつまんで説明していた。「この曲は、罪についての曲よ。罪悪感を感じるということではなくて」とアコースティックVersionの「ラヴァー・トゥ・ラヴァー」の前に説明した、まるでブルースのように感じられるこの楽曲は、フローレンスのメリスマ様式ので力強いサウンドによって
Hackney Empireのフェイク・バロック様式の柱を揺らしていた。
『セレモニアルズ』の大半の楽曲は、バンドが世界中をツアーする間に制作され、スタジオに入るころには完璧な出来ばえとなってようであり、それは、憂いを帯びたかのような「リーヴ・マイ・ボディ」を聴くと日の目を見るより明らかである。ゆっくりとしていて、おそれと自信に満たされながらストリップド・ダウンしたアレンジのこの楽曲は、フローレンスがその曲に自由にどっぷりつかることを許しているようだった。
もちろん『ラングス』からのヒット曲も想像通り期待を裏切らないものだった、しかし、「ドッグ・デイズ・アー・オーヴァー」「コズミック・ラヴ」「ユー・ゴット・ザ・ラヴ」や「ラビット・ハート(レイズ・イット・アップ)」といったようなそれらの楽曲は今まで以上に新鮮味を帯び、哀愁が漂い、観客の盛り上がりをまるでイビザ・レベルまで盛り上げ、「シェイク・イット・アウト」(『セレモニアルズ』からの最新のアンセム)では、その多幸感はいまだかつてないレベルに達していた。
『セレモニアルズ』の顕著な特徴のひとつはそのアルバムの持つ領域の大きさである:1曲の中で大規模で壮大でありながらも親密で、ロマンチックで、しなやかな様が感じられる、そしてステージはそれらを感じるには完璧な場所である。「ネヴァー・レット・ミー・ゴー」や「セイ・マイ・ネーム」といった壮大なストリングス、ブラス、ベルの波が押し寄せるモノリシックな楽曲はまるで歌詞の一つ一つに個人的な小さな秘密が潜んでいるように感じられ、それが彼女のファンの熱い信仰を生んでいることは疑いの余地はない。彼女の音楽はワイルドでありながらも常にすべてを受け入れようとしているからなのだ。最後に演奏された「ノー・ライト・ノー・ライト」で、フローレンス・アンド・ザ・マシーンは 上級クラスの演出方法で、緊張と解放を生み出し、グルーヴをつくり、眠っている子供を起こすこともないような繊細なヴォーカルの抑揚で再び観客をノック・アウトした。
彼女がステージを去ると、会場には笑顔があふれ、彼女がこの新しいアルバムと素晴らしいショウによって大いに歓迎されることは明らかだった。
帰路は人も交通も混乱し、立ち往生してしまった。それはフローレンスと彼女のバンドのせいではないしフローレンスが出てくるときに話ができるとわかっていてフローレンスのようなコートやボウシを被って待っているファンによるものでもない。彼らは非常に礼儀ただしいし、いつの日にか彼女はファンのために立ち止まれなくなってしまうかもしれないし。それはまだデヴィッド・ボウイ レベルには達していないかもしれないが、『セレモニアルズ』のリリース後、そのような日が訪れるのはそう遠くないだろう。しかし彼女を取り巻くものすべてがどんなに困難なものであろうとも、彼女は彼女自身であり続けるのが、それがフローレンスー非常に誠実で正直ーであり、あなたがいつも彼女の真実を知ることができる、だからこそ彼女はいつも本質であり、謎であり、Flofollowerたちが彼女に夢中になる理由だ。

BEN WILCOX

2011.10.28更新


■U2のボノがハイヒールでパフォーマンスする方法をアドヴァイス

フローレンス・アンド・ザ・マシーンのフローレンス・ウェルチは、U2のボノから、ハイヒールでパフォーマンスする方法に対するアドヴァイスを受けたそうです。フローレンスは、次のように説明しています。「ボノは最高の人ね。彼は私に、ハイヒールを履いてパフォーマンスする方法をアドヴァイスしてくれたの。身体の安定は、足を固定して、手を使うことで得られるのよ」。

2011.10.27更新


■新A写はカール・ラガーフェルド撮りおろし!音楽界の新しきミューズ フローレンス・アンド・ザ・マシーン、ライヴ・ストリーミングの実施決定!日本発売は1/25。

111024

ファッション界から熱いラヴコールを受ける音楽界の新ミューズ フローレンス・ウェルチ 率いるフローレンス・アンド・ザ・マシーンの新アーティスト写真が到着。なんと、カール・ラガーフェルドが撮りおろし!

フローレンス・アンド・ザ・マシーンは先日パリで行われたシャネルのショウでパフォーマンスを行ったばかり。

そして、日本盤の発売が来年1月25日に決定したフローレンスのニュー・アルバム『セレモニアルズ』のイギリスリリースを記念して行われるショウの

ライヴ・ストリーミングが決定!

発売して1分で売り切れ、フローレンス・アンド・ザ・マシーンにとって2011年にイギリスで行う唯一のショウとなるこのライヴが、チケットを持っていないファンでも、快適な家からストリーミングで観覧できる!

Hackney Empireで行われるアルバムのローンチ・ショウへの要望は期待をはるかに上回るものだったため、ファンのひとりをも失望させないために、ライヴの同時ストリーミングを世界中でみられるようにすることを決定。このストリーミングは、エクスクルーシヴなアーティスト・ブランディッドのヴィデオ・プレイヤーを通じて実施される。

このストリーミングは、 たったの£3.99(日本円で、500円以内!)で見ることができる上、ファンはショウを見ている間に、チャットに参加することもできるし、24時間以内でフローレンス自身によるパフォーマンスに関する解説やライヴ写真、サイン入りのセットリスト等が含まれたオフィシャルのプログラムをダウンロードすることができる。

このストリーミングに関するすべての情報はこちらから:http://florenceandthemachine.net/

◆ライヴ開始時間:イギリス時間10月25日午後9時15分予定(日本時間:10月26日午前5時15分予定)

2011.10.24更新


■ツアー中は自分の身体とショウを観に来てくれるファンのために禁酒

 フローレンス・アンド・ザ・マシーンのフローレンス・ウェルチは、ツアー中は禁酒しているそうです。その理由を、彼女は英ザ・サン紙に次のように説明しています。
  「ツアー中は禁酒しているの。自分自身の身体と、観に来てくれるファンに対して、いつも以上に責任を感じるからなのよ。U2のツアーに同行した時、本当にハードなスケジュールの中で、毎日ショウを行なっていたの。もし二日酔いになんかなったら、ツアーを乗り切れないわ」。
  禁酒した理由は、声にも関係しているといいます。
  「禁酒したら、私の声域がすごく広くなったのよ。いまやっているこの仕事は、世界一の仕事だと思うの。だから、さぼって失いたくないわ」。

2011.10.25更新


■2012年春夏パリコレでのシャネルのファッション・ショウに出演

 『Paris Fashion Week(2012年春夏パリコレ)』の一環として開催されたシャネルのファッション・ショウに、フローレンス・アンド・ザ・マシーンが出演しました。このショウは、10月4日にパリのGrand Palaisで開催されています。現在、シャネルのヘッド・デザイナーを務めるKarl Lagerfeldのアイディアにより、ステージは海の中の世界のような演出(貝やサンゴ)が施されました。シャネルの白いドレスを着たフローレンス・ウェルチは、ショウのオープニングとエンディングに登場。白い貝の中でのパフォーマンスで、まるでボッティチェリの名画『ビーナスの誕生』のような姿だったのだそうです。

2011.10.13更新


■ニュー・シングル「Shake It Out」のPVを公開

フローレンス・アンド・ザ・マシーンが、ニュー・シングル「Shake It Out」のPVを公開しました。このシングルは、ニュー・アルバム『Ceremonials』からの「What The Water Gave Me」に続く2枚目のシングルで、正式にはこちらがファースト・シングルになります。監督は、過去にOasisの「The Importance Of Being Idle」や、Kylie Minogueの「Can't Get You Out Of My Head」を手掛けたDawn Shadforthが担当しました。フローレンスによるとPVは、1920年代のサイケデリックなドレス・パーティに悪魔風な部分を取り入れたそうで、『華麗なるギャツビー』に情熱を加えたような作品になっているということです。

2011.10.13更新


■フローレンスの個性派ファッションは英語の教師の影響

 フローレンス・アンド・ザ・マシーンのフローレンス・ウェルチの個性的なファッションは、彼女が学生時代に学んでいた英語の教師からインスピレーションを得たのだそうです。彼女は英ELLE誌とのインタビューの中で、次のようにコメントしています。「私のファッション・アイコンは英語の教師よ。彼女はよく、中世の女性みたいなヴェルヴェットのドレスを着て学校に来ていたの。他に、ロマンティックなヒロインにも魅せられたわ。テニスン(詩人)の『The Lady of Shallot』とかね」。
  そんなフローレンスが憧れている人物の1人が、女優のエリザベス・テイラー。彼女は次のように語りました。「エリザベス・テイラーは素晴らしい女性よ。彼女とリチャード・バートンとの関係について書かれた『Furious Love』を読んだわ。ドラマティックで、情熱的。彼らは愛することと、酔っぱらうことに、すべての時間を費やしたのよ」。

2011.10.11更新


■『2011 MTV Europe Music Awards』のノミネーションが発表!

『2011 MTV Europe Music Awards』のノミネーションが発表!フローレンス+ザ・マシーンがBest UK & Ireland Actにノミネートされました!
授賞式は、北アイルランドのベルファストにあるOdyssey Arenaで11/6に開催されます。

2011.09.22更新


■ニュー・アルバムが全世界で11月リリース+Vogue Japan最新号で表紙を飾る!

フローレンス・アンド・ザ・マシーン、ニュー・アルバムが全世界で11月にリリース決定!
音楽界、ファッション界からラヴコール!新ロック・アイコン フローレンス・ウェルチ 率いるフローレンス・アンド・ザ・マシーン ニュー・アルバムが全世界で11月にリリース!アルバムからの音源「ホワット・ザ・ウォーター・ゲイヴ・ミー」がiTunesで発売中!またVogue Japan最新号で表紙を飾る!

第53回グラミー賞 新人賞にノミネート!グラミー賞のみならずアカデミー賞等でもパフォーマンス!エルトン・ジョン、カニエ・ウェストなどから大絶賛!音楽界のみならず、グッチのデザイナー フリーダ・ジャンニーニをはじめとするファッション界にも多大なるインスピレーションをあたえ、若手の大人気女優 ブレイク・ライブリーも大ファンであることを公言!いま各界からラヴコールが寄せられている注目のアーティスト フローレンス・アンド・ザマシーン。

全世界での大ヒット、アワーズ受賞し、大ヒットとなったデビュー・アルバム『ラングス』に続くフローレンス・アンド・ザ・マシーンのアルバムがリリースされることが発表された。アルバムのタイトルは、決定していないが、ポール・エプワースによりプロデュースされている。ザ・ビートルズの『リボルバー』や、ピンク・フロイドの『狂気』が録音されたアビー・ロードのStudio3で5週間の奇跡的な作業が行われ、その後、最後の作業のために、フローレンスとポールはポールのスタジオに入っている。
アルバムに先駆けリリースされるのは、アルバムへの期待を駆り立てるティーザー・シングルは、「ザ・ウォーター・ゲイヴ・ミー」。水が彼女に与えるものは、人の心を捕らえるアート・ポップ・ビジョン。

「この曲は水にまつわる曲。音楽、芸術すべてにおいて、私が興味を引かれるものは圧倒的な力を感じさせるもの。私にとって海とは自然の圧倒的な力を感じるものなの。ヴァージニア・ウルフやフリーダ・カーロからもインスピレーションを受けたわ。」

このアルバムの先行シングル「ザ・ウォーター・ゲイヴ・ミー」は現在iTunesで発売中!

エクスクルーシヴのスタジオ映像はこちら:www.florenceandthemachine.net

そして、カール・ラガーフェルドからのラヴコールで撮り下ろされたフローレンス・ウェルチが表紙を飾ったVOGUE JAPAN 2011年10月号(8月27日売り)が全国書店にて発売される。

2011.08.29更新


■ユニバーサルミュージック x リバティ x ナノ・ユニバース 完全限定生産?
『"LIBERTY Rocks!"プレミアムミュージックボックス』発売決定!

ユニバーサル ミュージック合同会社 は、136年の歴史を持つ英国「リバティ」社の日本法人である株式会社リバティジャパンと共に、リバティ・アート・ファブリックス2011年秋冬コレクションテーマ "音楽と芸術の融合" を主題に前例のないコラボレーション企画を実現しました。 第一弾となる「"LIBERTY Rocks!"プレミアムミュージックボックス」は、セレクトショップ 「ナノ・ユニバース」全店及び、手芸店 「オカダヤ」の全店舗にて、9月 3日より発売されます。

110802

ユニバーサル ミュージック 所属アーティストでファッションアイコンとしても存在感を示す フローレンス・ウェルチ(人気バンドFlorence & The Machineの女性ボーカル) が、リバティ・アート・ファブリックス2011年 秋冬コレクションへ参加したことが、この企画を立ち上げるきっかけになりました。
彼女の楽曲を中心に、これまでありそうでなかった英国・女性アーティストのヒット曲のみを集めたオリジナル・コンピレーションアルバムを制作、この"LIBERTY Rocks!"プレミアムミュージックボックスに収録されています。

8月5日より予約開始。詳細はこちら:http://www.universal-music.co.jp/smp/liberty-rocks/

2011.08.02更新


■海外で6月末にリリースされる バディ・ホリーのトリビュート・アルバム収録曲のMini Filmが完成!

海外で6月末にリリースされる バディ・ホリーのトリビュート・アルバム収録曲のMini Filmが完成!
http://www.nowness.com/day/2011/6/2/florence-welch-x-buddy-holly?

2011.06.06更新


■着うたR・着うたフルR追加配信!

「ユーヴ・ゴット・ザ・ラヴ」、「キス・ウィズ・ア・フィスト」、「ドラミング・ソング」の着うた、アルバム『ラングス』収録曲の着うたフルが本日発売です!
[販売サイト] ユニバーサル ミュージック公式携帯サイト / レコチョク / Music.jp / dwango.jp / [音楽をモーラ]mora(着うたフルのみの取り扱い)/ JOYSOUND / オリコンスタイル / TSUTAYA プレミア / YAMAHA My Sound / ミュージコ♪ / HAPPY!うた♪/ 着信★うた♪フル

2011.02.09更新

NEWS一覧に戻る