エヴァーラスト
 

INFORMATION

ハウス・オブ・ペインのメインMC、しゃがれ声の暴れん坊白人Bボーイとして活躍していたエヴァーラスト。ハウス・オブ・ペインで1992年から1996年までの5年間に3枚のアルバムをリリース後、マイクをギターに持ち替えてソロの道へ。
 ソロ2作目となった『ホワイティー・フォード・シングス・ザ・ブルース』(98年)のレコーディング最終日に持病だった心臓が悪化。緊急手術の末、死の 淵から奇跡的に生還しリリースされたこのアルバムは、トータル・セールス300万枚を突破。ラップやブルース、ロックやソウルといった音楽のジャンルの垣 根を大胆に越えた意欲的なアルバムとして世界的に注目を浴びたのだった。3rdアルバム『EAT AT WHITEY'S』(00年)から3年半のブランクを経て通算4枚目のオリジナル・アルバムがいよいよISLAND / DEF JAMよりリリース!