Biography

 モダン・プログレッシヴ・ロック・バンド、コヒード・アンド・カンブリアの6作目は、「The Afterman」というタイトルの2枚のコンセプト・アルバムになる。2枚のフルレングスを、別々にリリースする。バンドが本日、彼らのオフィシャルサイト(www.coheedandcambria.com)上で、映画のような予告映像で発表した。1枚目の「The Afterman: Ascension」はCDとデジタルの両方で、2012年11月7日、Universal Music/Thunderball667(海外は2012年10月8日、V2/Cooperative Musicにて発売)より発売になる。2枚目は「The Afterman: Descension」で、2013年2月にリリースの予定だ。
 予告映像は90秒の白黒のクラシックなフィルム・ノワール形式の短編で、Robert Schoberが監督した。コヒード・アンド・カンブリアのインストゥルメンタル音楽に乗せて、宇宙船を離れ、謎めいた未知へ旅に出る準備をする宇宙飛行士を描いている。
  デラックス盤の「The Afterman」には、シンガーでありクリエイターでもあるClaudio SanchezとソングライターのPeter David の文章と合わせたHeidi TailleferとNathan Spoorのアートを収めたハードカバーのコーヒーテーブル本が収録される。一曲ごとの体験を創出してくれるだろう。Davidは、Sanchezと散文小説を導入した2010年のアルバム「Year of the Black Rainbow」と、グラフィック小説を導入した2003年の「In Keeping Secrets of Silent Earth:3」(ニューヨーク・タイムズのグラフィック小説部門でベストセラーの4位になった)で一緒に仕事をしている。「The Afterman」も含めて、このバンドの全ての作品は、「The Amory Wars」という名前の壮大なサイエンス・フィクション・ストーリーとなる。
 今月のサンディエゴ・コミック・コンの会場で、「The Amory Wars」がLeverege Productions のStephen Levinsonと Mark Wahlbergによってライブ・アクション映画になると発表された。
   音楽的には、「Afterman」でバンドは彼らのパワーハウス・プログレッシヴ・ロック、ソウル、そしてポップの分野までを完成させている。またこの2枚は、2006年にバンドを離れたオリジナル・ドラマーのJosh Eppardが戻り、彼のベンチマークであるパーカッシヴなグルーヴが取り入れられた作品でもある。コヒード・アンド・カンブリアは「The After man」の資金を自ら調達し、Michael Birnbaun とバンドの初期3枚をプロデュースしたChris Bittnerと共同プロデュースした。そして、ミックスはRich Costey(ミューズ、シンズ、フォスター・ザ・ピープル)と、Ryan Williams(30セカンズ・トゥ・マーズ)が手がけた。
 「疑いの余地なく、これは俺が今までに書いた中で一番正直なアルバムだ」
と、Sanchezは言う。
「全ての曲は、物語の主人公を通して説明されるんだけど、最初はすごく自然発生的な方法で書かれたんだ」
 彼は続ける。
「昔は、俺が作曲する時はいつも先に決まった物語のアイディアがあった。「The Afterman」は「The Amory Wars」の中の新しい物語で、俺の人生の出来事が曲のコンセプトを決めることが出来た。それによって、ソングライティングが最大限に開かれたんだ」
コヒード・アンド・カンブリアは現在、メタル・レジェンドのアイアン・メイデンとツアー中だ。
 「The Amory Wars」について:別の宇宙(天国のフェンス)を舞台にしたサイエンス・フィクション・ファンタジーの大作。超人間の独裁者Wilhelm Ryanの勃興と、彼の支配から世界を解放する鍵を握る一家族の物語だ。この神話は元々、バンドのアルバムのインスピレーションとしてSanchezによって創造されたが、散文小説とグラフィック小説を含む他の媒体にも拡大されている。
 「The Afterman」について:天国のフェンスという別宇宙で最も賞賛されている天文学者/科学者のSirius Amoryが、"The Afterman"である。Sirius (発音はSy-ruhss:シルフス)は、ザ・キーワークというこの世界の78の惑星を束ねているエネルギー力の発見者として、功績を認められている。彼は人生最大の、そしておそらく人類最大の発見に乗り出す。それによって、彼にとって本当に一番大事なことが、彼の両手から滑り落ち始める。

 

 =メンバー=

=COHEED AND CAMBRIA=
クラウディオ・サンチェス/Claudio Sanchez - lead vocals, guitar
トラヴィス・スティーヴァー/Travis Stever - guitar
ジョッシュ・エパード/Josh Eppard - drums
ザック・クーパー/Zach Cooper - bass

http://www.coheedandcambria.com/

Coheed -a