NEWS

TOPICS

新曲「パパの子守唄」、 映画『天才バカヴォン~蘇るフランダースの犬~』 の主題歌決定なのだ!5月20日(水) 配信決定!

誕生から間もなく半世紀。ナンセンスギャグというジャンルを確立し、そのシュールな笑いで全国の少年少女の心を鷲掴みにした赤塚不二夫の代表作である“天才バカボン”の、初の長編アニメ映画化『天才バカヴォン~蘇るフランダースの犬~』(5月23日(土)全国公開)。

この映画主題歌をクレイジーケンバンドが担当する事が決定!!

映画監督のFROGMANが、主題歌をクレイジーケンバンドに熱烈オファーをかけ横山剣が快諾し、主題歌「パパの子守唄」が誕生しました。

なお、この曲は5月20日(水)よりiTunes、レコチョク等の配信サイトにて先行リリースされる予定なので、ぜひチェック!!


横山剣コメント
「監督のFROGMANさんから「映画の主題歌を作って欲しい」と直々にオファーをいただき、音楽屋冥利に尽きる思いでした。 ネットとか見てても、シャレやユーモアが介入する隙間すらない四角四面な今の時代の窮屈さを、やっぱりFROGMANさんも同じように感じてらっしゃって、そこに意気投合して作らせていただきました。ソウルミュージック的なサウンドですけど、西から昇ったお日様が、東に沈んで何故悪い」といった具合に、歌詞にもバカボン式パンチラインが散りばめられています。今の時代にこそ、FROGMAN監督が描く”赤塚ワールド”炸裂なこの映画を見て、みんながもっと自由に楽になれたら最高だなぁと思います。これでいいのだ。イイネ!イイネ!イイネ!」とコメント。
さらにこの日の完成披露上映会に駆け付けた横山剣は主題歌を歌いながら登場。
「監督と打ち合わせしながら、いろんな思いが駆け巡ってこんなんでましたと言う感じで
出来上がりました。フロッグマンの描く赤塚ワールドはぐっとくる場面が多く、そして最後にほっこりする映画。これでイイ~ネ!」と挨拶をし、会場を沸かせた。


FROGMANコメント
「かつての天才バカボンの主題歌は、僕らアラフォー世代は誰でも口ずさめるインパクトとキャッチーさを備えた名曲でした。そんなバカボンの主題歌に、その名曲と互角に、いやそれ以上の名曲を提供してくださったクレイジーケンバンドの皆さんには、本当に感謝以外の言葉以外見つかりません。赤塚先生の描いたナンセンスの世界は、単なる子供じみたバカではなく、遊び慣れた大人の悪ふざけというか、とにかく洗練されたユーモアでした。そんなバカボンの映画には、クレイジーケンバンドのような、洒脱で大人なバンドがぴったりでした。しっとりとしたメロディに、父親としての決意や信念みたいなものが静かに湛えられた歌詞が添えられたこの『パパの子守唄』は、本編で語りきれなかったパパの溢れる家族愛を見事に補い、このエンディングまでしっかり聞いて、初めて完成した作品になったと思っています。
僕自身、この作品に携わって以降、ずっと『パパの子守唄』を口ずさんでいます。きっと映画をご覧になった皆さんも口ずさんでくれることでしょう。横山剣さん、本当にありがとうございました。これで…イイネ!」


5月20日(水) PC、Mobile 配信
●「パパの子守唄」(ダブルジョイ インターナショナル / ユニバーサルシグマ)
クレイジーケンバンド
作詞・作曲:横山 剣
演奏:クレイジーケンバンド

NEWS一覧に戻る

 
 
 

アルバム全曲MIX!!!

 
 

CHAKU UTA

Qr _crazykenband

クレイジーケンバンド

着うた®、着うたフル®