ケルティック・ウーマン

スーザン・マクファーデン参加のプレスリリース到着!

2012.01.23 TOPICS

20120123224329_4f 1d 640164f 48

アメリカより、最新のプレスリリースが到着しました!
スーザン・マクファーデンは英国でNo.1ヒットをたたき出していたボーイズ・グループ“ウエストライフ”のメンバー“ブライアン・マクファーデン”の妹。彼女自身のキャリアも素晴らしく、ぜひ、応援をよろしくお願いいたします!

―PRESS RELEASE―

世界中で高い評価を得る女性ヴォーカルグループ、ケルティック・ウーマンに、ロンドン、ウエスト・エンド・ミュージカルのスター、スーザン・マクファーデンが最新メンバーとして加入すること発表された。

最新CDとDVDのリリースと60都市に及ぶ北米ツアーを目前に控えたケルティック・ウーマンに新たなメンバーとして、ウエスト・エンド・ミュージカル界のスター、スーザン・マクファーデンが加わることが発表された。世界的大反響を巻き起こしているケルティック・ウーマン結成当初からのメンバーであるリサ・ケリーが4人目となる子供の出産を控えているためである。

「今に至るケルティック・ウーマンの成功を私もずっと注目してきたわ」とスーザンは言う。「そんな特別なグループの一員に選ばれたことを、心から嬉しく、そして光栄に思っています。『ビリ―ヴ』をサポートするツアーに参加し、マレード、リサ(・ラム)、クロエと一緒に歌えることが、今から本当に楽しみです。」

ダブリン生まれのスーザン・マクファーデンの名前がイギリス中に知れ渡ったのは、超人気リアリティ番組『Grease Is The Word』で優勝し、ウエスト・エンド版ミュージカル『グリース』で主役サンディの座を射止めたことからだろう。続くイギリス版『Legally Blonde The Musical(映画邦題は『キューティ・ブロンド』)』では、まずはセリーナの役を、その後、主役エル・ウッズを演じたことでミュージカル界に一大旋風を巻き起こしたスーザンはいくつもの栄えある賞の受賞候補に輝いた。もともと11歳から子役として活躍していたスーザンだったが、ダブリンのオリンピア劇場での『アニー』の主役に抜擢されたことで、プロとしてのキャリアは一気に軌道に乗った。その後、『Singin’ in the Rain(雨に唄えば)』、『Brighton Beach Memoirs(ブライトン・ビーチ回想録)』、アイルランド人シンガー、ダニエル・オドネルの『Daniel O’Donnell’s Rock’n’Roll tour』、ロンドン、ウエスト・エンドでの『Seven Brides for Seven Brothers(掠奪された7人の花嫁)』のミリー役などの演技を通じて、スーザンはアイルランド、イギリスでその評価を高めていった。テレビでも、RTEシリーズ『Bachelors Walk』『Relative Strangers(4部のミニシリーズ)、PBS特番『Daniel O’Donnell’s Rock’n’Roll』を通じて、お茶の間の人気者になったスーザンだが、今度はケルティック・ウーマンでアメリカを魅了することになるであろう。

「スーザン・マクファーデンを我がケルティック・ウーマンの最新メンバーに迎えられることはこの上ない喜びです」と彼女を歓迎するのは、エミー賞候補にもあがったミュージカル・ディレクター、デヴィッド・ダウンズだ。「何年にもわたって、スーザンの輝かしいキャリアには注目していました。ようやくその彼女と仕事をする機会を得られたことを本当に嬉しく思います。彼女の加入はケルティック・ウーマンのショウに一層の花を添えることでしょう。最新CD/DVDを伴ってのツアーでは、クロエ、リサ(・ラム)、マレードの素晴らしいパフォーマンスに、最新メンバーであるスーザンの感動的な歌声も加わり、皆様の心奪うライヴ・ステージになることは間違いありません。」

2月3日、ナッシュヴィルを皮切りにスタートするケルティック・ウーマン最新ツアー“BELIEVE”では、スーザン・マクファーデン、クロエ・アグニュー、リサ・ラムという3人のヴォーカリストとヴァイオリン奏者マレード・ネスビットによって、「ザ・パーティング・グラス」「ウーマンズ・ハート」「明日に架ける橋」「ユール・ネヴァー・ウォーク・アローン」「テーラ・ウァル・リ」といった誰もが良く知るアイルランド民謡からポップソング、高揚感溢れるナンバーまでが、ケルティック・ウーマンならではの輝きと透明感溢れるスタイルで披露される。
2月22日に日本盤でも発売となるCDとCD+DVDのスペシャル盤『アウェイクニング~めざめの瞬間(とき)』は2011年9月に、初のアメリカでのライヴ収録となったジョージア州アトランタ、フォックス・シアターでのショウが収められている。

ケルティック・ウーマンは2005年3月、アメリカ国営テレビ(PBS)でデビューを果たして以来、瞬く間に、国境や文化を越え、大きな商業的成功を収めるグループへと成長した。現在に至るまでに、全世界で彼女たちのCD/DVD売り上げは600万枚以上、コンサートのチケット総売り上げ枚数は200万枚を越える。