BIOGRAPHY

THE CARDIGANS / カーディガンズ


Cardigans _bio _newTHE CARDIGANS are
ニーナ  Nina Persson - voclas
ピーター Peter Svensson - guitar
ベン  Bengt Lagerberg - drums
マグナス Magnus Sveningsson - bass
ラッセ Lasse Johansson - keyboard, acoustic guitar


1992年10月スウェーデン中部の小都市ヨンコピン(Jonkoping)で、当時ハード・ロック・バンドを作っていたピーター(G)とマグナス(B) がポップ・バンドの可能性に気付き、アート・スクールの学生だったニーナ(Vo)、そしてラッセ(Key)とベン(Ds)を加えカーディガンズを結成。 1993年、更なる活躍の場を求めて活動拠点をスウェーデン第三の商業都市であり北欧音楽のメッカでもあるマルメ(Malmo)に移しデモ製作をスタート する。年末、そのデモがプロデューサーであるトーレ・ヨハンソンの目に留まり、彼のタンバリン・スタジオでレコーディングを開始する。
1994年インディペンデント・レーベルから1stシングル"Rise & Shine"を制作し、すぐさまストックホルム・レコーズと契約、トーレのプロデュースで1stアルバム『エマーデイル』を発表する。スウェーデンのラジ オ局ですぐさま話題となり、国内で最も人気のある雑誌の読者投票により、この年のベスト・アルバムと評価を受ける。
1995年に発売した2ndアルバム『ライフ』は、バンド初のヒットシングルとなった「カーニヴァル」などにより売上150万枚の成功。その後、1996 年秋3rdアルバム『ファースト・バンド・オン・ザ・ムーン』から「ラヴフール」が映画「ロミオ+ジュリエット」のサントラで話題になりヒット、全米&全 英ラジオ・チャートで1位、全英ナショナル・チャートで初登場2位、5週連続Top5入りを果たし、セールスも250万枚を超える。 1997年アメリカ においてもMercuryと契約し、8ケ所のツアーを行う。
1998年6月4thアルバム『グラン・トゥーリスモ』を発表。ループを多用したその実験的なサウンドは、バンドの成長を感じさせた。 現在まで、このア ルバムは世界で250万枚のセールス。 後、それぞれソロ活動を実施すべくバンド活動を休止する。2003年2月に5年ぶりに5thアルバム『ロング・ ゴーン・ビフォー・デイライト』を発表、途中からトーレの手を離れ、セルフ・プロデュースに挑戦した。2003年のヨーロッパ・ツアーに続き、2004年 には全米ツアーも敢行、大喝采を浴びた。

 
 
 

CARDIGANS 着うた・着うたフル

着うた®、着うたフル®のダウンロードはこちら

QR code linking to http://recochoku.jp/artist/10001610/