BIOGRAPHY

キャンディ・ダルファー / CANDY DULFER


Candy _bio
キャンディ・ダルファーは、1975年たった6歳のときに始めてサクソフォンを始めて以来、エリート・コースを歩んできた。30年後、そのスピードはまだ緩んでいない。

1969年オランダに生まれたダルファーは、音楽一家に育った。彼女の父Hans Dulferは有名なサクソフォン奏者で、有名なジャズ・クラブBimhausの設立者である。クラブは当初、芸術新興の目的で政府から助成金を得ていた。皮肉なことにHansは、新しいジャズのスタイルだったためにクラブから追い出された。父自身が確立を手助けしたジャズ・コミュニティが父を追放したことは、幼いキャンディに大きな影響を及ぼした。

「当時、子供ながらに、オランダ・ジャズ・シーンに裏切られたと感じた」と彼女は思い出す。「私は自分のやり方を貫こうと決心しました。私はR&Bも、ポップも、自分が感動できるものすべて演奏しよう、そしてそのあとに、子供のころに聴いたジャズが自分のやっていることに合うかどうか決めればいいと。だから正当なライブはやったことがないんです。とても制限されていると感じるので。」

14歳でFunky Stuffという自分のバンドを持った。5年後彼女のソロ・デビュー・アルバムSaxualityをレコーディングしたときも、この音楽ユニットはまだ損なわれていなかった。1990年リリースされたこのアルバムは、世界中で100万枚以上の売り上げを記録し、グラミー賞にもノミネートされた。アルバムの大成功に伴い、ダルファーとFunky Stuffは1990年代初期ワールド・ツアーに出た。その15年後、10枚のソロ・アルバムを出し、他のアーティストのアルバムに数え切れないほどゲスト参加したのち、彼女の世界中の旅はまだ続いている。

その間、ダルファーは多くの著名人と友達になった。彼女はPrinceの1990年の"Partyman"のビデオに出演し、同年公開された Graffiti Bridgeのサウンドトラックに彼と一緒に参加している。1990年代後半から、Princeとは頻繁にツアーしており、最近では彼の2004年の Musicologyツアーにも参加している。彼女は彼の2006年のアルバム3121にも参加している。

その他、Dave Stewart (Eurythmics), Maceo Parker, Van Morrison, David Sanborn, Beyonce, Pink Floyd, Chaka Khan, Aretha Franklin, Blondie, Joey DeFrancescoなどと、コラボレートしている。明らかに彼女は、1つのジャンル、1つのスタイルに束縛されるアーティストではない。

「私のキャリアが順調だった理由のひとつは、育つ中で聴いてきた多くの音楽を、時には不可解にまでミックスしたからだと思います。ジャズとR&Bとハウス・ミュージックを自分のやっていることに取り入れることを、私は恐れたりしません。一部の人には、これはクレージーに聞こえるかもしれませんが、多くの人は気に入ってくれます」とダルファーは言う。

ダルファーはこのアプローチをCandy Storeにも適応している。同作は、彼女のヘッズ・アップからの初のリリースとなり、R&B、ポップ、ファンク、ヒップホップ、ラテンなどがミックスされている。

「父を除けば、私は本当に何でもありという目標に向かってやったオランダで初のミュージシャンの1人です」とダルファーは言う。「アメリカの音楽はアメリカ人が作り出したものだから、彼らほどうまくは演奏できません。でも、私はそれと自分自身の文化を合わせ、自分が一番楽しいと思える音楽を作ることができるのです。」