BIOGRAPHY

BUBBA SPARXXX


Bubba _0310ジョージア州出身26歳。
アメリカ南部初の白人ラッパーというユニークさだけでなく、6フィートで220ポンドの巨漢、「イナカである南部」を自ら「アグリー(=醜い) 」(シングル・タイトルでもある) と堂々とレペゼンした "潔さ" のライムとスキル、そしてバックを支えるサウンドは現在最先端ビートメイカー=ティンバランドというトリッキーな組み合わせで話題を呼び、瞬く間にアメリカでヒットを記録 (デビュー・アルバム『ダーク・デイズ、ブライト・ナイツ』は全米3位を記録)。    

白人ラッパーと黒人プロデューサーの組み合わせは全世界で現象を起したエミネムとドクター・ドレーの関係を想起させ、欧米ではその比較論が熱を帯びている。またミッシー・エリオットのヒット曲「ゲッチュア・フリーク・オン」が瞬間サンプリングされたシングル「アグリー」がここ日本のDJ達の間でもマスト・アイテムとなっている中での日本盤の登場となる。そしてこのババ・スパークスはティンバランドがインタースコープ傘下に立ち上げたレーベルの第1弾アーティストでもある。

BUBBA SPARXXX - STORY -