BIOGRAPHY

BRIAN McKNIGHT


1969年6月5日、ニューヨーク州バッファロー生まれ。5人兄弟の末っ子として音楽一家に育つ。兄のひとりであるクロード・マックナイトはTake6のメンバーでもある。

シンガー、ソングライター、プロデューサー、アレンジャー…、マルチな才能を持つブライアン・マックナイト。彼のインスピレーションのルーツは、ゴスペル やジャズに根ざしている。最初のパフォーマンスは、10代の頃でフュージョン・アンサンブルとの共演だった。10代でピアノ、ギターなど主要な楽器のほと んどをマスターしていた彼は、ジャズ・クラブでピアノ弾きのバイトやバンド活動をしながら、やがて大学に進学する。が、諸般の事情により大学を中退させら れ、時間だけはありあまっていた彼は、曲作りに励むことになる。

わずか1ヶ月で65曲のデモを制作した彼は、その中から厳選した数曲をあちこちのレコード会社に配った。2週間後にはマーキュリーと契約、'92年にはデ ビュー・アルバム「ブライアン・マックナイト」をリリースする。商業的にはあまり成功しなかったが、このアルバムは、ボーイズIIメン、ヴェスタ、シン ディ・ミゼルなど多くのアーティストから支持され、彼の元には多くのプロデュース依頼が舞いこんでくる。だが、自分の資質を的確に把握していた彼は、慎重 に仕事を選んでいたらしく、実力派を中心に、量より質というスタンスで良作を生み出していく。 プロデューサーとしての名声を決定づけたのは、名だたる黒人男性アーティストが結集したユニット、ブラック・メン・ユナイテッド(B.M.U.)による <ユー・ウィル・ノウ>であった。尚、同曲はディアンジェロとの共同プロデュースである。

'95年、"ダウン・ロウ"をキーワードとしたアルバム「アイ・リメンバー・ユー」をリリース。その後も、AZ Yet、Take6などのプロデュース、サントラへの楽曲提供などの活動を経て、出世作となる3枚目のアルバム「エニィタイム」を'97年にリリースす る。「このアルバムがリリースされた当初、評論家からの評判は悪く、落ち込んだよ。曲というのは自分の子供と一緒だから。でも、俺はあれが良い作品で売れ ることは確信していたんだ。だから、言ったんだ。少し時間をくれって。そしてその通りになった。評論家の言うことに気を取られてはいられない。自分の信念 を守ることが大切なんだよ。」と語るように、ショーン"パフィ"コムズがプロデュースした1stシングル<ユー・シュッド・ビー・マイン>は、ヒットしな かった。発売から1ヶ月後に出された2ndシングル<エニィタイム>が特大ヒットし、瞬く間にアルバムは200万枚を売上げた。

2つのグラミー賞をもたらしたこのアルバムを最後にマーキュリーを離れ、Joeやディアンジェロ、エリカ・バドゥを輩出したこと で知られるケダー・マッセンバーグが当時CEOを務めていたモータウンへ移籍、'99年に移籍第一弾アルバム「バック・アット・ワン」をリリース。同タイ トルの1stシングルはもちろん大ヒット、出すシングルは軒並みチャートを賑わせることとなる。グラミー賞にノミネートされた本作も200万枚以上のセー ルスを記録、名実共にアメリカを代表するシンガーとなる。2001年『superhero』をリリース、<ラヴ・オブ・マイ・ライフ>が大ヒット、同年の グラミー賞にノミネート。2002年には初日本公演、同年12月には再来日公演を行い、日本でも着実にファン層を広げている。