BIOGRAPHY

ブレイキング・ベンジャミン1999年の末、バンドのメイン・ソングライターであるベンジャミン・バーンリー(vo, g)とその友人、ジェレミー・ハンメル(ds. 2004年脱退)によって結成される。日本では2004年に1stアルバム『ウィ・アー・ノット・アローン』をリリース。そのアルバムは本国ではプラチナ・ディスク(100万枚以上のセールス)を獲得し、アメリカ全土のその名を轟かせる。2006年には2ndアルバム『フォビア』をリリースした後は自身のヘッドライン・ツアーを敢行し、全英での地位を不動のものにする。そして2010年1月、リード・シングル「アイ・ウィル・ノット・ノウ」がブルース・ウィリス主演映画『サロゲート』のエンディング・テーマ曲として使用されたことでも有名な3rdアルバム『ディア・アゴニー』を発表。あれから約4年半、ブレイキング・ベンジャミンが動き始めた。ニュー・アルバム『ダーク・ビフォー・ドーン』、2015年6月に発売決定。震えて待て。