ソラオト書店 ソラオト書店

ソラオト書店

人間至るところに

2017.10.04 TOPICS

人生は棺桶に片脚を突っ込むまで、と私は考えています。

つまり、死の直前までがその人の生き様である、と。

 

真田幸村という戦国武将が好きです。

好きであるがゆえに、辛口になってしまいますが、

どう控えめに見ても彼が日の本全国区に躍り出たのは晩年期、死の直前です。

しかし大阪夏の陣における彼の死を賭した突撃は、その後の日本の礎を作った徳川家康を

自決直前まで追い込んだと言われています。

彼の半生は他の戦国武将にくらべると正直地味だった。でも、最期に鮮烈な印象を

世の人々に残して散っていったのです。そして、400年以上経った現在でも彼を慕う人は

たくさんいます。

 

あなたは自分の人生にどんなタイトルをつけられるでしょうか?