NEWS

TOPICS

2003年のニュース

■大晦日恒例、ディック・クラークのテレビ特番に出演

 ディック・クラークの司会により、大晦日にアメリカのABCテレビで放映される恒例の特番『New Year's Rockin' Eve』に、ニック・ラシェイ&ジェシカ・シンプソン夫妻、3ドアーズ・ダウン、ブラック・アイド・ピーズがパフォーマーとして出演することになりました。この番組は、年越しの3部構成で放映されるもので、2部と3部ではニック・ラシェイ&ジェシカ・シンプソン夫妻が共同司会も務める予定です。また、番組内では、'03年に行なわれたツアーのハイライトも放映されますが、この中には、ボン・ジョヴィやエルトン・ジョンのツアー映像も含まれているそうです。

2003.12.12更新

 


 

■『第46回グラミー賞』にノミネート

 『第46回グラミー賞』のノミネーション発表記者会見が、12月4日、ロサンゼルスのBeverly Hilton Hotelで行なわれ、ボン・ジョヴィの「ミスアンダーストゥッド」がBest Pop Performance By A Duo Or Group With Vocalにノミネートされました。今回の対象となるのは02年10月1日~'03年9月30日の間にアメリカでリリースされた作品で、授賞式は来年2月8日にロサンゼルスのステイプルズ・センターで開催されます(CBSテレビが全米に生中継)。

2003.12.5更新

 


 

■リッチーがEverett Bradleyのデビュー・アルバムにゲスト参加

 ボン・ジョヴィのリッチー・サンボラが、パーカッション・プレイヤー、Everett Bradleyのデビュー・アルバム『Toy』にゲスト参加しました。リッチーやジョン・ボン・ジョヴィのソロ・ツアーに参加したことで日本のファンにもお馴染みのEverettは、他にDarryl HallやDavid Bowieのツアーにも同行。パーカッションだけでなくマルチ・プレイヤーの彼は、ソングライター、シンガー、俳優、ダンサーとしても活動する多彩なアーティストで、有名なところでは、ブロードウェイで上演された『Swing』を制作したり、初期メンバーとして『Stomp』に出演していたこともあります。なおリッチーは、アルバムに収録された「Funky Santa」で、歌(デュエット)とリード・ギターを担当。このアルバムは、Everettのオフィシャル・サイトを通じて販売されるそうです。

2003.11.19更新

 


 

■DVD用のライヴを故郷ニュージャージーで開催

 来年リリース予定のライヴDVD用に、11月14 & 15日の2日間にわたり、故郷ニュージャージー州アトランティック・シティにある『The Borgata Hotel, Casino & Spa』のクラブで、スペシャル・ライヴを開催したボン・ジョヴィ。このライヴにはメンバー以外に、アディショナル・メンバーとして、Everett Bradley(per)、Bobby Bandiera(g/Southside Johnny & The Asbury Jukes)、Jeff Kazee(key/Southside Johnny & The Asbury Jukes)の3人が出演しました。この両日プレイされた曲は、すべて『ディス・レフト・フィールズ・ライト~バック・アット・ザ・クロス・ロード』のヴァージョンで披露されたそうで、他にDr. Hook & The Medicine Showの'70年代のヒット曲のカヴァー「Sylvia's Mother」もプレイされました。なお、来場した観客全員に、バンドからのプレゼントとして、ポスターなどが配布されたそうです。

<セットリスト:11月14日>
(1)Wanted Dead Or Alive (2)Livin' On A Prayer (3)Bad Medicine (4)It's My Life (5)Sylvia's Mother (6)Lay Your Hands On Me (7)Someday I'll Be Saturday Night (8)Last Man Standing (9)You Give Love A Bad Name (10)Bed Of Roses (11)Everyday (12)Misunderstood (13)Born To Be My Baby (14)Keep The Faith (15)Joey (16)Love For Sale (17)I'll Be There For You (18)Always (19)Thief Of Hearts (20)Blood On Blood
<セットリスト:11月15日>
(1)Love For Sale (2)You Give Love A Bad Name (3)Wanted Dead Or Alive (4)Livin' On A Prayer (5)It's My Life (6)Misunderstood (7)Lay Your Hands On Me (8)Someday I'll Be Saturday Night (9)Last Man Standing (10)Sylvia's Mother (11)Everyday (12)Bad Medicine (13)Bed Of Roses (14)Born To Be My Baby (15)Keep The Faith (16)Joey (17)Thief Of Hearts (18)I'll Be There For You (19)Always (20)Blood On Blood

2003.11.19更新

 


 

■ニュー・アルバムが全米チャート14位に初登場

 11月22日付のビルボード総合アルバム・チャート(The Billboard 200)で、ボン・ジョヴィの『ディス・レフト・フィールズ・ライト~バック・アット・ザ・クロス・ロード』が初登場14位にランクインしました。このアルバムのリリース第1週のセールスは、7万1000枚以上を記録しています。

2003.11.14更新

 


 

■ニュー・アルバムがUKチャート4位、日本は5位に初登場

 11月10日付のUK総合アルバム・チャートで、ボン・ジョヴィのニュー・アルバム『ディス・レフト・フィールズ・ライト~バック・アット・ザ・クロス・ロード』が初登場4位にランクイン。一足早く10月31日に発売された日本では、11/10付オリコン・総合アルバム・ウィークリー・チャートで5位に初登場しました。

2003.11.12更新

 


 

■ニュー・アルバムのリリースに伴いペンシルヴァニアでサイン会を開催

 ニュー・アルバム『ディス・レフト・フィールズ・ライト~バック・アット・ザ・クロス・ロード』のリリースに伴い、ボン・ジョヴィがサイン会を開催すると発表しました。ジョン・ボン・ジョヴィとリッチー・サンボラが共同オーナーに就任したアリーナ・フットボール・チーム『Philadelphia Soul』の選手達も参加するこのサイン会は、11月11日にペンシルヴァニア州プライマス・ミーティングにある『Target』で開催されるもの。まずは、店内で記者会見やインタビューが行なわれた後、同店の駐車場でサイン会が行なわれる予定です。なお、大型量販店チェーンの『Target』は、『Philadelphia Soul』のスポンサーなのだそうです。

2003.11.5更新

 


 

■ジョンが新作映画を撮影中。今度は教師役!?

 10月第3週にジョン・ボン・ジョヴィが、ヴァージニア州リッチモンド郊外で、新作映画『Living The Lie』の撮影を行ないました。まだ全撮影日程が終了していないため、現時点で映画の詳細は公表されていませんが、ジョンが教師役を演じているというウワサもあります。また、ティコ・トレースは、来年1月に奥様Alejandraとの間に、子供が産まれる予定だと公表しました。

2003.10.29更新

 


 

■ニュー・アルバムから6曲をインフォシークで先行試聴!

 ボン・ジョヴィの10月31日発売のニュー・アルバム『ディス・レフト・フィールズ・ライト~バック・アット・ザ・クロス・ロード』収録の6曲をインフォシークで先行試聴開始!
11月3日午前9時まで、「リヴィン・オン・ア・プレイヤー」「イッツ・マイ・ライフ」「禁じられた愛」「エヴリデイ」「キープ・ザ・フェイス」「オールウェイズ」の6曲がフルレングスで試聴できます。

2003.10.27更新

 


 

■デュラセル電池の新テレビCMが全米で放映中

  ボン・ジョヴィをフィーチャーしたデュラセル電池の新テレビCMの放映が、10月6日から全米各局でスタートしました。30秒のこのCMは、去る6月に行なわれたヨーロッパ・ツアーの際、アイルランドのダブリンで収録されたものです。

2003.10.08

 


 

■ジョンが来年の春、4人目の子供のパパに

 ジョン・ボン・ジョヴィの妻ドロセアが、夫妻にとって4人目の子供を妊娠していると公表されました。出産は来年春頃になる見込みです。ちなみに現在夫妻の間には、娘のStephanie(10歳)、息子のJesse(8歳)とJacob(1歳4ヵ月)という3人の子供達がいます。

2003.10.01更新

 


 

■ジョンとリッチーがArena Football Leagueの新チームの共同オーナーに就任

 ボン・ジョヴィのジョン・ボン・ジョヴィとリッチー・サンボラが、今年からArena Football League(※)に加わったエクスパンション・チーム『Philadelphia Soul』の共同オーナーに就任しました。9月22日、チームのホーム・アリーナとなるフィラデルフィア市内のWachovia Spectrumで行なわれた発表記者会見には、ジョンとリッチーも出席しています。2人以外の共同オーナーは、リッチーの妻で女優のヘザー・ロックリア、投資家のCraig Spencer氏、ペンシルヴァニア州知事のEdward Rendell氏、Arena Football LeagueコミッショナーのDavid Baker氏など。このチームにとっての初ゲームは、来年2月6~8日に開催されるそうです。また、シーズン・チケットを購入した人は、ボン・ジョヴィがライヴを披露する、チームのプライヴェート・イベントにも招待されるそうです。記者会見の中でジョンは、「俺はフットボールが本当に大好きなんだ。心から愛する唯一のスポーツだよ。試合のハーフタイムではプレイしないつもり。それよりも、オーナー席でゆっくりと観戦したいね」と語りました。ちなみに、チーム名の『Philadelphia Soul』はジョンのアイディア。フィラデルフィアはニュージャージーに隣接した街で、ボン・ジョヴィのメンバーにとって馴染み深い場所となっています。
(※)Arena Football Leagueは'85年から始まった、室内で行なわれるアメリカン・フットボールの全米リーグ。フィールドの長さや出場選手数など、通常のNFLとはルールなどが大きく違っている。昨年までは全16チームが参加。近年、人気が高まってきている。

2003.09.24更新

 


 

■デヴィッドが音楽を担当したミュージカルの上演が決定

 ボン・ジョヴィのデヴィッド・ブライアンが音楽を担当したロックンロール・ミュージカル『Memphis』が、ボストン郊外のNorth Shore Music Theatreで、9月23日~10月12日まで上演されることになりました。デヴィッドが脚本家のJoe DiPietroと共に制作したこのミュージカルの舞台は'40年代。後に"ロックンロール"と呼ばれるようになるブラック・ミュージックを、白人層のリスナーに紹介し、最終的にリヴィングルームにまで浸透させたDJのストーリーが中心となっています。

2003.09.03更新

 


 

■アコースティック・アルバムの制作を本格的に始動

 『バウンス』に伴うワールド・ツアー終了直後から、アコースティック・アルバム制作のため、スタジオ入りしているボン・ジョヴィ。8月26日に彼らは、このアルバム用のフォトセッションを、有名フォトグラファーのMark Seligerと共に行ないました。

2003.08.29更新

 


 

■故郷ニュージャージーの2公演を最後にワールド・ツアーを終了

 8月7 & 8日、故郷ニュージャージーのジャイアンツ・スタジアムで行なった2回のソールド・アウト公演を最後に、『バウンス』に伴うワールド・ツアーを終了したボン・ジョヴィ。この2日間、会場には数多くの有名人が訪れたそうで、その中にはギターの神様Les Paul、Clarence Clemons、Mark Anthony、俳優のVincent Pastore、フットボール選手のTony Siragusaなどの姿もありました。また、「アイ・ゴット・ザ・ガール」の際にジョン・ボン・ジョヴィは、初日はデヴィッド・ブライアンの娘のGabrielleと、2日目はリッチー・サンボラの娘のAvaとダンスを披露。Avaとのダンスの後には、「本当にママ(女優のHeather Locklear)にそっくりだ」と言ったのだそうです。また、初日に「ベッド・オブ・ローゼズ」でジョンとダンスを踊った女性が、曲の後にステージ上でボーイフレンドからプロポーズされるというハプニングもありました。

2003.08.15更新

 


 

■アコースティック+エレクトリック・ショウを今後4公演でも開催

 7月15日のミネソタ州ミネアポリス公演で、全米では初となる半分アコースティック、半分エレクトリックのスペシャル・ショウを行なったボン・ジョヴィ。彼らは、今後以下の4公演でも、この形式のショウを行なうと発表しました。
7/24 - Pittsburgh(Burgettstown), PA @Post-Gazette Pavilion At Star Lake
7/29 - Columbus, OH @Germain Amphitheatre
7/30 - Indianapolis(Noblesville), IN @Verizon Wireless Music Center
8/1 - Cincinnati, OH @Riverbend Music Center
 なお、7月24日のピッツバーグ公演のアンコールでプレイされた曲は、オフィシャル・サイトのファン投票により決定したもので、投票結果の発表を兼ねて同サイト上でライヴ・ウェブキャストされました。

2003.07.25更新

 


 

■ミネアポリスでスペシャル・ショウを開催

 7月11日のシカゴ公演を皮切りに、『Bounce Tour』の最終日程である全米ツアーをスタートしたボン・ジョヴィ。彼らは7月15日のミネソタ州ミネアポリス公演で、半分アコースティック、半分エレクトリックのスペシャル・ショウを披露しました。過去、日本ではフル・アコースティック・ショウ、先月ドイツでもアコースティック+エレクトリックでのショウを披露していた彼らですが、アメリカでこのような試みを行なったのは今回が初めて。当日彼らは、まずアコーステックで、ジョン・ハイアットのカヴァー「Have A Little Faith」を含む全12曲をプレイした後、エレクトリックで全13曲(アンコールを含む)をプレイしたのだそうです。

2003.07.18更新

 


 

■ロンドンのハイド・パーク公演でヨーロッパ・ツアーを終了

 6月28日、ロンドンのハイド・パークで、ヨーロッパ・ツアーの最終公演を行なったボン・ジョヴィ。天候にも恵まれ、彼らは9万2000人の観客を前に素晴らしいショウを披露しました。アンコールでプレイされた「アイ・ゴット・ザ・ガール」では、この曲が生まれるきっかけとなったジョン・ボン・ジョヴィの娘ステファニーがステージに登場。他に、リッチー・サンボラの娘エイヴァと、デヴィッド・ブライアンの娘ガブリエルも登場し、パパ達と共にダンスを踊ったのだそうです。この日は他に、キンクスの名曲「ローラ」のカヴァーも披露されました。

2003.07.04更新

 


 

■『Special Olympics World Summer Games』の開会式に出演

 6月21日、アイルランドのダブリンにあるCroake Parkで、『第11回 Special Olympics World Summer Games』(知的障害を持つ人々による世界的スポーツ大会)の開会式が開催されました。160ヵ国、約7000人の選手入場行進の際には、ツアーのためダブリンを訪れていたボン・ジョヴィのメンバーが飛び入り。彼らは家族や子供達を伴い、アメリカ選手団と一緒に入場したそうです。特にジョン・ボン・ジョヴィは、この後も開会式の中でビデオ紹介役などを担当しました。また、この開会式では、アイルランド出身のU2、ローナン・キーティング、サマンサ・マンバがパフォーマンスを披露。U2は、フル・オーケストラをバックに「ワン」をプレイした後、この日のために歌詞を変更した「プライド」を披露しています。そして、パフォーマンスの最後にステージを降りたボノは、来場していた南アフリカ元大統領ネルソン・マンデラ氏を伴って再びステージに登場。「彼は世界中の国々と、自由を愛し、自由のために闘うすべての人々にとっての大統領だ」と紹介したそうです。なお、他にアイルランド大統領、俳優のアーノルド・シュワルツェネガーとピアース・ブロスナン、元ボクシング世界チャンピオンのモハメド・アリなども来場していました。この模様は、アイルランドの国営放送RTE局を通じて世界各国に放映されています。

2003.06.25更新

 


 

■「オール・アバウト・ラヴィン・ユー」がUKチャート第9位に初登場

「オール・アバウト・ラヴィン・ユー」がUKチャート第9位に初登場
 5月18日付のUK総合シングル・チャートで、ボン・ジョヴィのUKでのニュー・シングル「オール・アバウト・ラヴィン・ユー」(アルバム『バウンス』収録)が第9位に初登場しました。ボン・ジョヴィにとってこのシングルは、16曲目のUKトップ10入りシングルとなっています。

2003.05.21更新

 


 

■チャリティ・コンサート出演後、タイガー・ウッズ基金に2万ドルを寄付

  4月19日にラスベガスのMandalay Bay Resort & Casinoで開催された、プロ・ゴルファーのタイガー・ウッズ主催のチャリティ・コンサート『Tiger Jam VI』に出演したボン・ジョヴィが、タイガー・ウッズ基金に2万ドル(約240万円)を寄付しました。当日、チャリティ・オークションなども行なわれたこのコンサートには約1万人の観客が集まり、ボン・ジョヴィからの寄付金を集めると、総額で100万ドル(約1億2000万円)以上の寄付金が集まったのだそうです。観客の中にはMarc AnthonyやMC Hammer、俳優のChris TuckerやLauren Hollyなどの姿もありました。ちなみに、タイガー・ウッズ基金は、若者達の教育や文化を推進する活動を行なっています。

2003.04.25更新

 


 

■3ドアーズ・ダウンがボン・ジョヴィのアムステルダム公演のサポートに決定

 6月3日にアムステルダム(オランダ)のアムステルダム・アリーナで開催されるボン・ジョヴィのコンサートで、3ドアーズ・ダウンがサポート・アクトを務めることが発表されました。

2003.04.23更新

 


 

■シェリルがボン・ジョヴィの全米ツアーのサポート・アクトに!

 7~8月に行なわれるボン・ジョヴィの全米ツアー第2行程のいくつかのショウで、シェリル・クロウがサポート・アクトを務めることに決定しました。現時点で、7月19日のデトロイト公演と26日のフィラデルフィア公演への出演が決定しており、今後あと何回かのショウへの出演が決定する予定です。

2003.04.16更新

 


 

■7月以降の全米ツアー第2行程の日程を発表

 ボン・ジョヴィが、7月以降の全米ツアー第2行程の日程を下記の通り発表しました。彼らは、現在行なっている全米ツアー第1行程を4月19日のラスベガス公演で終了した後、5~6月はヨーロッパ・ツアーを行なう予定になっています。
7/11 - Chicago, IL @Tweeter Center
7/12 - East Troy, WI @Alpine Valley Music Theatre
7/15 - St. Paul, MN @Xcel Energy Center
7/17 - Toronto, CANADA @Molson Amphitheatre
7/19 - Detroit, MI @Comerica Park
7/22 - Foxboro, MA @Gillette Stadium
7/24 - Burgettstown, PA @Post-Gazette Pavilion At Star Lake
7/26 - Philadelphia, PA @Veterans Stadium
7/27 - Washington D.C. @Nissan Pavilion
7/29 - Columbus, OH @Germain Amphitheatre
7/30 - Noblesville, IN @Verizon Wireless Music Center
8/1 - Cincinnati, OH @Riverbend Music Center
8/3 - Saratoga Springs, NY @Saratoga Performing Arts Center
8/4 - Hartford, CT @ctnow.com Meadows Music
8/7 - East Rutherford, NJ @Giants Stadium
8/8 - East Rutherford, NJ @Giants Stadium

2003.04.09更新

 


 

■MTV Video Music Awards Japan 2003にノミネート

 5月25日(日)さいたまスーパーアリーナで行われる「MTV Video Music Awards Japan 2003」の14部門のノミネーション作品・アーティストが発表され、ボン・ジョヴィはBest Group Video (対象作品は"Everyday")にノミネートされています。一部の賞を省き、各部門の最優秀賞は視聴者・一般によるウェブサイト・携帯公式サイトからの最終投票で決定。応募者の中から抽選で1500組3000名が授賞式に招待されます。尚、授賞式の模様は5月31日(土)21:30-24:00(初回放送・リピートあり)放送予定です。

2003.04.04更新

 


 

■アメリカのテレビ・ショッピング局がコンサートの模様を生中継

 4月12日、カリフォルニア州サンノゼのHPパヴィリオンで開催されるボン・ジョヴィのコンサートの模様が、アメリカのテレビ・ショッピング局QVCで、約1時間にわたり生中継されることになりました。同局は、ボン・ジョヴィの最新アルバム『バウンス』の限定ツアー・エディション・パッケージ盤(ライヴDVD/ビデオ付き)を独占販売しており、今回の生中継はその商品のプロモーションのために行なわれるそうです。また、コンサート生中継の前にも、サウンド・チェック中のインタビューなどを約1時間にわたり放映。メンバーは、ファンからの生電話の質問にも答える予定です。

2003.04.02更新

 


 

■仲間の息子救済のためニュージャージー出身のアーティスト達が集結

 ジョン・ボン・ジョヴィ、ブルース・スプリングスティーン、サウスサイド・ジョニーといったニュージャージー出身のアーティスト達が集結し、ベネフィット・コンサート『The Hope Concert』を開催すると発表しました。4月29日、地元のカウント・ベイシー・シアターで開催されるこのコンサートは、ジ・アズベリー・ジュークスのギタリストで、ジョンのバック・バンドにも参加したことがあるボビー・バンディエラの息子Robert Bandiera Jr.を救済するためのもの(彼がどのような状況にいるのかの発表はナシ)。収益金は、Robert Bandiera Jr.のためのチャリティ団体『ロックンロール・ミュージック基金』に寄付されるそうです。

2003.03.26更新

 


 

■3月2日、デヴィッドの父親が他界、そしてジョンの誕生日

 ボン・ジョヴィのデヴィッド・ブライアンの父親Eddie Rashbaum氏が、3月2日に他界しました。3月3日のアルバニー公演と、4日のボストン公演は、彼に捧げられています。特に「夜明けのランナウェイ」をプレイする前にジョン・ボン・ジョヴィは、観客に対し、この曲が20年前に書かれたものであることと、デヴィッドの父親がハイスクール時代からジョンとデヴィッドをサポートし続けてくれたことについて語りました。
 そして、奇しくも同じ3月2日はジョンの41回目の誕生日でもありました。3月1日のシカゴ公演のアンコール前には、ジョンを除いたメンバー全員が先に、金銀ラメの燕尾服に山高帽という姿でステージに登場。リッチー・サンボラがビートルズの「Birthday」をプレイし、ジョンをステージに呼び込みました。すると、いつの間にか用意されていた巨大ケーキの中から、マリリン・モンローのそっくりさんが登場。彼女は、例の有名な「Happy Birthday」(本物のマリリンがジョン・F.ケネディ大統領に歌ったもの)をジョンに歌ったのだそうです。この見事な演出には、さすがのジョンも驚いていたということです。

2003.03.07更新

 


 

■地元ジャイアンツ・スタジアムでの2日間のコンサートを発表

 現在全米ツアー中のボン・ジョヴィが、地元ニュージャージーのジャイアンツ・スタジアム(約7万5000人収容)で、8月7 & 8日にコンサートを行なうと発表しました。
ボン・ジョヴィにとってこの2日間は、今夏のハイライトとなることでしょう。また、全米ツアー中もCNNとのインタビューに応じたり、CBSテレビの朝番組『Early Show』のための収録を行なうなど、超多忙な彼ら。2月14日のヴァレンタイン・デイに行なわれたナッシュヴィル公演の会場には、ティム・マックグロウとフェイス・ヒル夫妻の姿もありました。

2003.02.19更新

 


 

■ジョンがコスモポリタン誌の賞を男性として初受賞

 2月11日にジョン・ボン・ジョヴィが、ニューヨークの『Cipriani's』で開催された、コスモポリタン誌主催の『Fun Fearless Awards』の授賞式に出席しました。毎年コスモポリタン誌は、"Fun Fearless(楽しくて、恐れ知らず=魅力的)"な女性達を選出し、その栄誉を称えていますが、同誌は今年初めて男性部門をスタートし、その初の受賞者としてジョンが選ばれたわけです。当日、まず記者団のインタビューに応え、女性受賞者達(女優のChristina Applegate、シンガーのMandy Moore、ボクサーのLeila Aliなど)に囲まれて写真撮影を行なったジョンは、その後約1500人の招待客の前でスピーチを行ないました。

2003.02.14更新

 


 

■「オール・アバウト・ラヴィン・ユー」のビデオ・クリップを撮影

 2月8日から全米ツアーをスタートしたボン・ジョヴィ。彼らはこの前日の7日に、ニューヨークのダウンタウンにあるロフトで、最新アルバム『バウンス』からのアメリカでのニュー・シングル「オール・アバウト・ラヴィン・ユー」のビデオ・クリップ撮影を行ないました。監督は、「ミスアンダーストゥッド」と同様にMark Klasfeldが担当。バンドの出演はパフォーマンス・シーンのみで、編集の段階でそこにストーリー・シーンが加えられるということです。なおボン・ジョヴィは、この撮影の前にニューヨークのNBCスタジオを訪れ、テレビ朝番組『The Today Show』のために「ミスアンダーストゥッド」と「My Funny Valentine」の2曲のパフォーマンスを収録しました(放映日は2月12日)。

2003.02.12更新

 


 

■アメリカン・オンライン(AOL)独占インタビュー&ライヴ映像を日本のAOLでフィーチャー中

 アメリカン・オンライン(AOL)独占インタビュー&ライヴ映像を日本のAOLでフィーチャー中。
ブロードバンドユーザーはインタビューの日本語訳もご覧になれます。
尚、AOLのサイトをご覧になるためにはの専用ソフトのインストールと会員登録(有料)が必要です。

2003.02.06更新

 


 

■タイガー・ウッズ主催のチャリティ・コンサートに出演

 ボン・ジョヴィが、人気プロ・ゴルファーのタイガー・ウッズが主催するチャリティ・コンサート『第6回 Tiger Jam』に出演することになりました。4月19日にラスベガスの『Mandalay Bay Events Center』で開催されるこのイベントは、『タイガー・ウッズ基金』を含む、恵まれない子供達のためのチャリティ団体への寄付金を集めるためのもの。なお、ボン・ジョヴィにとってこれは、2月からスタートする全米ツアーの最後の公演となる予定で、ツアーでサポート・アクトを務めるグー・グー・ドールズも共にこのイベントに出演します。ボン・ジョヴィの出演決定についてタイガー・ウッズは、声明文の中で、「『Tiger Jam』には、素晴らしい才能を持った人々が毎年参加してくれています。今年は、ボン・ジョヴィがその伝統を継承してくれることになりました。僕はボン・ジョヴィを聴いて育ってきたので、彼らのライヴをとても楽しみにしています。彼らが僕と共に、『Tiger Jam』を通じて若者達に力を貸してくれることは、僕にとってとても意味のあることなのです」と語りました。

2003.01.31更新

 


 

■『NFL スーパーボウル』で熱狂的なライヴを披露

 1月26日、カリフォルニア州サンディエゴのクアルコム・スタジアムで開催された、NFL(全米プロ・フットボール・リーグ)の今シーズン優勝決定戦『第37回スーパーボウル』で、シャナイア・トゥエイン、ノー・ダウト、スティングがハーフタイム・ショウを行ないました。スタジアム内の約7万3000人の観客に加え、ハーフタイム・ショウのみフィールドにも大量のファンを動員。フィールド上に設置されたステージにまず最初に登場したのはシャナイアで、ほとんど下着のようなトップスにマイクロ・ミニ、膝上まであるロング・ブーツに黒のロング・コートという超セクシーなファッションに身を固めた彼女は、前作『カム・オン・オーヴァー』からの「フィール・ライク・ア・ウーマン」と、最新アルバム『アップ』からのセカンド・シングルでタイトル曲の「アップ」を披露しました。今回のショウの演出は、『スーパーボウル』史上過去最大と言われていましたが、その前評判通りシャナイアはフィールドのファンと直接触れ合ったり、クレーンに乗って歌ったりと派手なパフォーマンスを繰り広げていました。
 そして、シャナイアと交代でステージに登場したのはノー・ダウト。いつものように、スポーティでセクシーな衣装で登場したグウェン・ステファニーは、最初にプレイした曲「Just A Girl」('95年の大ヒット曲)の歌詞の一部を"I'm just a girl at the Super Bowl!"と替えて歌い、場内を大いに盛り上げていました。この曲が終了すると、スペシャル・ゲストのスティングが登場。彼はノー・ダウトと共に、ポリスの名曲「Message In A Bottle」を披露しました。ちなみにスティングは、この日対戦した2チームのTシャツを半分ずつつなげた特製Tシャツ(?!)を身につけていました。
 なお、試合終了後の表彰セレモニーにはボン・ジョヴィが登場し、「イッツ・マイ・ライフ」と「エヴリデイ」のパフォーマンスを披露しています。

2003.01.29更新

 


 

■『第37回スーパーボウル』でパフォーマンスを披露

 1月26日に開催されるNFL(全米プロ・フットボール・リーグ)の今シーズン優勝決定戦『第37回スーパーボウル』に、ボン・ジョヴィが出演することになりました。彼らはゲーム終了後、優勝トロフィ授与式の前にパフォーマンスを披露する予定です。なお、本年度の『スーパーボウル』開催地はカリフォルニア州サンディエゴにあるクアルコム・スタジアムで、当日は約7万人の観客が収容されます。この模様はABCテレビを通じて全米に生中継される他、日本を含む世界各国で放映される予定です。ちなみに、同日のハーフタイム・ショウには、シャナイア・トゥエインやノー・ダウトの出演がすでに決定しています。

2003.01.20更新

 


 

■全米ツアーの3月中旬~4月中旬までの追加日程を発表

 現在、最新アルバム『バウンス』に伴う日本公演を行なっているボン・ジョヴィ。彼らは2月から全米ツアーをスタートする予定になっていますが、すでに発表されている日程に加え、3月中旬~4月中旬までの追加日程が以下の通り発表されました。

3/12 - Houston, TX @The Houston Rodeo
3/14 - Fort Lauderdale, FL @Office Depot Center
3/15 - Tampa, FL @St. Petes Times Forum
3/19 - Dallas, TX @American Airlines Arena
3/21 - Raleigh, NC @RBC Center
3/22 - Charlotte, NC @Coliseum
3/24 - Pittsburgh, PA @The Mellon Center
3/27 - Buffalo, NY @HSBC Arena
3/31 - Cleveland, OH @Gund Arena
4/3 - Denver, CO @Pepsi Center
4/5 - Salt Lake City, UT @Delta Center
4/7 - Phoenix, AZ @America West
4/9 - Los Angeles, CA @The Staples Center
4/10 - Anaheim, CA @The Pond
4/12 - San Jose, CA @Compaq Center
4/14 - Portland, OR @Rose Garden
4/15 - Seattle, WA @Key Arena
 
■全米の量販店チェーン『ターゲット』の店頭のみで限定CDをリリース
 ボン・ジョヴィが、全米の量販店チェーン『ターゲット』の店頭のみで、8曲入りの限定CDを1月14日にリリースしました。『The Red CD』(公式タイトルはなし)と呼ばれているこの限定CDには、『バウンス』の制作時にレコーディングされていた(アメリカでの)未発表曲のデモ・ヴァージョン全5曲(「Breathe」「Lucky」「No Regrets」「Standing」「We Can Dance」)の他、「Misunderstood」と「Just Older」のライヴ・ヴァージョン(昨年8月にニューヨークで収録)、そして、「Everyday」のアコースティック・ヴァージョンが収録されています。

2003.01.15更新

 


 

■第45回グラミー賞ノミネーション発表

 1月7日にニューヨークで、本年度『第45回グラミー賞』のノミネーションが発表されました。この中でエミネム、シェリル・クロウ、アシャンティ、ネリーが、Bruce Springsteen、Norah Jones、Raphael Saadiq、Avril Lavigneと並び最多5部門でノミネートされています(一般部門のみ対象/以下同様)。そして、レミー・シャンドが4部門で、エルヴィス・コステロ、インディア.アリー、ノー・ダウト、エリカ・バドゥが3部門でノミネートされました。なお、本年度『第45回グラミー賞』は'01年10月1日~'02年9月30日の間にアメリカでリリースされた作品が選考対象で、授賞式は2月23日にニューヨークのマジソン・スクエア・ガーデンで開催され、この模様はアメリカCBSテレビを通じて生中継されます。
 ノミネートの発表には、ネリー、アシャンティが、Avril Lavigne、John Mayerらとともに出席。過去2回ノミネートされているもののまだ受賞していないネリーは「グレート。受賞できれば、もっと素晴らしいけどね。」と語っています。
ボン・ジョヴィがノミネートされた部門は以下の通り。
Best Pop Performance By A Duo Or Group With Vocal:「エヴリデイ」

2003.01.09更新

 


NEWS一覧に戻る