BIOGRAPHY

BLACK VEIL BRIDES


Black -Veil -Brides -official-

=バイオグラフィー=

アートは闇と光の微妙なバランスの上に成り立っている。天国に到達するためには、地獄を経験しなければならない。至福を楽しむためには、荒廃に耐えなければならない。上に上がるためには、落ちなければならない。先導者になるためには、少々ワイルドにならなければならない。

 ブラック・ヴェイル・ブライズは、3枚目のフルレングス・アルバム『Wreched and Divine』(LAVA Records/Republic Records)で、自信を持って先導する。このアルバムで、ロサンゼルスの5人組ーーAndy Biersack(vo) 、Ashley Purdy(b)、Jinxx(g) 、Jake Pitts(g) 、Christian Coma(ds)ーーは、人を動かさずにはいられないコンセプトを語りながら、やみつきになり熱中させられる曲のコレクションを提供する。きしるリフ、オーケストラの華麗な演奏、優雅なソロ、そしてアンセミックなヴォーカルといった彼らの代表的なサウンドは健在だ。それと同時に、全てがAndyとアート・コラボレーターのRichard Villa3世が書いた『The Wild Ones』についての複雑な黙示録後のドラマに見事に拡大されている。つまり、『Wreched and Divine』は新しい世界への道を開いているのだ。

 これがあなたの手に負えると思うか?

 2011年の『Set the World on Fire』のツアーを終えてレコーディング・スタジオに入る際に、ブラック・ヴェイル・ブライズは皆で意識的に開拓する決心をした。ただ単に「新しいアルバム」を作ることは、彼らには出来なかったのだ。今回は、何らかの声明をする必要があった。数回セッションを重ねた後、彼らはこのヴィジョンを実現する助けになる完璧な人物として、プロデューサーのJohn Feldmannn(ユーズド、ネオン・トゥリーズ、パニック!アット・ザ・ディスコ等の作品をを手がけた)を見つけた。

「アーティストとして、俺はちょっと闇の中にいるような状況だった」
 Andyは認める。
「『Set the World on Fire』から、単に必然的な一歩を踏み出すようなことは俺たちはできなかった。それは分かってた。俺たちは、大きな飛躍をしなければならなかったんだ。このバンドがどんなバンドであるかを、歌詞と楽曲の両方で表現する新しい方法を見つけたかった。Johnに会ってみたら、俺たちは気が合ったんだ。すぐに彼を迎え入れたよ。彼は俺たちのアイディアを使って、本当に素晴らしいものを作り上げることのできる人だったんだ。そういう創造的な精神状態で、毎日彼と一緒に仕事するのは最高だった。全行程に渡って俺たちと一緒にいてくれたプロデューサーは、彼が初めてだった。彼は俺たちが次の次元に到達する後押しをしてくれたんだ」

 レコーディングの合間に、バンドは数日間のツアーに出た。そしてAndyは以前よりもずっと大きなコンセプトの物語を新作のために思い描き始め、バスの中でも飛行機の中でも書いた。その結果、全ての曲が一つに絡み合い、暗黒郷の未来の物語を作り上げている。そこでは、統一化された教会政府が、科学と創造力を取り上げることにより、社会を滅ぼしつつある。この独裁的な政権が若者達を薬づけにして無気力にしている。だが、"The Wild Ones(暴れ者達)"ーーこのバンドの架空の別自我ーーという名の難民達が、子供達にありのままの自分たちになって、反乱を起こすように煽動するのだ。

「本質的には、バンドとBVBアーミーの始まりの物語なんだ」
 Andyは打ち明ける。
「同時に、これはミュージカルじゃない。どの曲も、それだけで成り立つブラック・ヴェイル・ブライズの曲として聞くことができる。もしアルバムに乗って旅に出ることを選ぶなら、そこには物語がある。これは僕たちの人生、それから"暴れ者達"のサウンドトラックなんだ。俺たちがこれまでにやった全ての要素が入っているけれど、新しくなってる。ハイコンセプトでありつつ、パーソナルな作品なんだよ」
 
 パーソナルといえば、ファースト・シングルの「In the End」は、このフロントマンにとって2つの意味を持っている。子供達のチャントから激しいリフ、夢見心地にさせられるキーボードまで、間断なく続いて行くこの曲は、ユニバーサルな物語を伝えながら神々しい含蓄を発散している。

「In the End」を書いた約一週間前に、俺の祖父が亡くなったんだ」
 Andyは言う。
「俺はその葬式のことを考えてた。俺の家族全員の前で、しょうとく(*死者の徳をたたえること)の言葉を述べたんだ。葬式の後、俺たちが祖父の家に戻った時、俺はある強烈な理解を得たんだ。俺たちは良い行いも悪い行いもするだろう、でも俺たちは、本当は俺たちが人生で影響を与える人々の頭と、目と、心の中だけに存在するんだ。誰かにポジティヴな影響を与えたら、彼らの中でその人の記憶が生き続ける。そして、そうやって人は次に進んで行くんだ。俺がライティングを終えた後、母が、祖父が亡くなる前に曾祖父に宛てて書いたものを送ってくれたんだ。ほぼ全てにおいて、死を怖れないことについて語られていて、「最期に」っていう言葉も使われてた。重かったよ。物語の中で、"暴れ者達"は敵と戦っている。その間に、彼らは本当の意味で怖れから逃れたり、闇を破ることはできないと気づくんだ。でも、自分が良い行いをしたことを知りながら、怖れることなく死ぬことができたら、その人は勝ったんだ」

 他の人々の声も『Wretched and Divine』の世界の中に宿っている。エイデンとウィリアム・コントロールのシンガー、Will Francisが、不気味な4パートの"F.E.A.R. Transmission"というナレーションを提供していて、ジョージ・オーウェル風の悪者の視点で、一連の出来事を結びつけている。ユーズドのフロントマン、Bert McCrackenは、危険なスラッシャーである「Days Are Numbered」にダークな無防備さを加えている。

 ファンは間違いなく、ブラック・ヴェイル・ブライズがこの時点までに成し遂げたことを全て感じて来た。2010年、彼らは『We Stitch These Wounds』と共に生まれた大勢のサポーター達のための土台を作った。このアルバムは最初の週にビルボードのトップ200(アルバム・チャート)でトップ40入りしたばかりか、インディペンデント・チャートでは一位を獲得した。そしてバンドは、LAVAと契約を結んだのだ。

 このアルバムをサポートするため、彼らはAlternative Pressツアーでヘッドライナーを務め、Revolver誌のGolden Gods Awardsで"ベスト・ニュー・アーティスト"賞を獲得し、Kerrang! Awardsでは"ベスト・ニューカマーズ"に選ばれた。また、ワープト・ツアーの出演に加えて、彼らはダウンロード・フェスティバル、バンブーズル・フェスティバル、Rock am Ringに出演した。
 
 一方、その一年後に『Set the World on Fire』はビルボードのトップ200で初登場17位を記録し、彼らはアヴェンジド・セヴンフォールドとハリウッド・アンデッドと共にツアーに出た。『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』と『アベンジャーズ』のサウンドトラックには彼らの曲が収録され、彼らのポップ・カルチャーへの浸透が続いた。その間に、彼らは現代の音楽界において最高に熱狂的なファンベースを集め、BVBアーミーと名付けた。

 だが、全ては単純に『Wretched and Divine』へと導かれたのだ。
「これは俺たちがずっと作りたかったアルバムなんだ」
 Andyが締めくくる。
「このアルバムを聞いて、俺たちのファンが何らかの影響を受けて、自分自身のアートを作ってくれたらと思う。俺はこのアルバムが、彼らに自由を与えることを望んでるんだ」
 
 真の"暴れ者"らしい発言だ。

 

アートは闇と光の微妙なバランスの上に成り立っている。天国に到達するためには、地獄を経験しなければならない。至福を楽しむためには、荒廃に耐えなければならない。上に上がるためには、落ちなければならない。先導者になるためには、少々ワイルドにならなければならない。

 

 ブラック・ヴェイル・ブライズは、3枚目のフルレングス・アルバム『Wreched and Divine(LAVA Records/Republic Records)で、自信を持って先導する。このアルバムで、ロサンゼルスの5人組ーーAndy Biersack(vo)Ashley Purdy(b)Jinxx(g)Jake Pitts(g)Christian Coma(ds)ーーは、人を動かさずにはいられないコンセプトを語りながら、やみつきになり熱中させられる曲のコレクションを提供する。きしるリフ、オーケストラの華麗な演奏、優雅なソロ、そしてアンセミックなヴォーカルといった彼らの代表的なサウンドは健在だ。それと同時に、全てが Andyとアート・コラボレーターのRichard Villa3世が書いた『The Wild Ones』についての複雑な黙示録後のドラマに見事に拡大されている。つまり、『Wreched and Divine』は新しい世界への道を開いているのだ。

 

 これがあなたの手に負えると思うか?

 

 2011年の『Set the World on Fire』のツアーを終えてレコーディング・スタジオに入る際に、ブラック・ヴェイル・ブライズは皆で意識的に開拓する決心をした。ただ単に「新しいアルバム」を作ることは、彼らには出来なかったのだ。今回は、何らかの声明をする必要があった。数回セッションを重ねた後、彼らはこのヴィジョンを実現する助けになる完璧な人物として、プロデューサーの John Feldmannn(ユーズド、ネオン・トゥリーズ、パニック!アット・ザ・ディスコ等の作品をを手がけた)を見つけた。

 

「アーティストとして、俺はちょっと闇の中にいるような状況だった」

 Andyは認める。

「『Set the World on Fire』から、単に必然的な一歩を踏み出すようなことは俺たちはできなかった。それは分かってた。俺たちは、大きな飛躍をしなければならなかったんだ。このバンドがどんなバンドであるかを、歌詞と楽曲の両方で表現する新しい方法を見つけたかった。 Johnに会ってみたら、俺たちは気が合ったんだ。すぐに彼を迎え入れたよ。彼は俺たちのアイディアを使って、本当に素晴らしいものを作り上げることのできる人だったんだ。そういう創造的な精神状態で、毎日彼と一緒に仕事するのは最高だった。全行程に渡って俺たちと一緒にいてくれたプロデューサーは、彼が初めてだった。彼は俺たちが次の次元に到達する後押しをしてくれたんだ」

 

 レコーディングの合間に、バンドは数日間のツアーに出た。そしてAndyは以前よりもずっと大きなコンセプトの物語を新作のために思い描き始め、バスの中でも飛行機の中でも書いた。その結果、全ての曲が一つに絡み合い、暗黒郷の未来の物語を作り上げている。そこでは、統一化された教会政府が、科学と創造力を取り上げることにより、社会を滅ぼしつつある。この独裁的な政権が若者達を薬づけにして無気力にしている。だが、" The Wild Ones(暴れ者達)"ーーこのバンドの架空の別自我ーーという名の難民達が、子供達にありのままの自分たちになって、反乱を起こすように煽動するのだ。

 

「本質的には、バンドとBVBアーミーの始まりの物語なんだ」

 Andyは打ち明ける。

「同時に、これはミュージカルじゃない。どの曲も、それだけで成り立つブラック・ヴェイル・ブライズの曲として聞くことができる。もしアルバムに乗って旅に出ることを選ぶなら、そこには物語がある。これは僕たちの人生、それから"暴れ者達"のサウンドトラックなんだ。俺たちがこれまでにやった全ての要素が入っているけれど、新しくなってる。ハイコンセプトでありつつ、パーソナルな作品なんだよ」

 

 パーソナルといえば、ファースト・シングルの「In the End」は、このフロントマンにとって2つの意味を持っている。子供達のチャントから激しいリフ、夢見心地にさせられるキーボードまで、間断なく続いて行くこの曲は、ユニバーサルな物語を伝えながら神々しい含蓄を発散している。

 

In the End」を書いた約一週間前に、俺の祖父が亡くなったんだ」

 Andyは言う。

「俺はその葬式のことを考えてた。俺の家族全員の前で、しょうとく(*死者の徳をたたえること)の言葉を述べたんだ。葬式の後、俺たちが祖父の家に戻った時、俺はある強烈な理解を得たんだ。俺たちは良い行いも悪い行いもするだろう、でも俺たちは、本当は俺たちが人生で影響を与える人々の頭と、目と、心の中だけに存在するんだ。誰かにポジティヴな影響を与えたら、彼らの中でその人の記憶が生き続ける。そして、そうやって人は次に進んで行くんだ。俺がライティングを終えた後、母が、祖父が亡くなる前に曾祖父に宛てて書いたものを送ってくれたんだ。ほぼ全てにおいて、死を怖れないことについて語られていて、「最期に」っていう言葉も使われてた。重かったよ。物語の中で、"暴れ者達"は敵と戦っている。その間に、彼らは本当の意味で怖れから逃れたり、闇を破ることはできないと気づくんだ。でも、自分が良い行いをしたことを知りながら、怖れることなく死ぬことができたら、その人は勝ったんだ」

 

 他の人々の声も『Wretched and Divine』の世界の中に宿っている。エイデンとウィリアム・コントロールのシンガー、Will Francisが、不気味な4パートの"F.E.A.R. Transmission"というナレーションを提供していて、ジョージ・オーウェル風の悪者の視点で、一連の出来事を結びつけている。ユーズドのフロントマン、 Bert McCrackenは、危険なスラッシャーである「Days Are Numbered」にダークな無防備さを加えている。

 

 ファンは間違いなく、ブラック・ヴェイル・ブライズがこの時点までに成し遂げたことを全て感じて来た。2010年、彼らは『 We Stitch These Wounds』と共に生まれた大勢のサポーター達のための土台を作った。このアルバムは最初の週にビルボードのトップ 200(アルバム・チャート)でトップ40入りしたばかりか、インディペンデント・チャートでは一位を獲得した。そしてバンドは、 LAVAと契約を結んだのだ。

 

 このアルバムをサポートするため、彼らはAlternative Pressツアーでヘッドライナーを務め、Revolver誌のGolden Gods Awardsで"ベスト・ニュー・アーティスト"賞を獲得し、Kerrang! Awardsでは"ベスト・ニューカマーズ"に選ばれた。また、ワープト・ツアーの出演に加えて、彼らはダウンロード・フェスティバル、バンブーズル・フェスティバル、 Rock am Ringに出演した。

 

 一方、その一年後に『Set the World on Fire』はビルボードのトップ200で初登場17位を記録し、彼らはアヴェンジド・セヴンフォールドとハリウッド・アンデッドと共にツアーに出た。『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』と『アベンジャーズ』のサウンドトラックには彼らの曲が収録され、彼らのポップ・カルチャーへの浸透が続いた。その間に、彼らは現代の音楽界において最高に熱狂的なファンベースを集め、 BVBアーミーと名付けた。

 

 だが、全ては単純に『Wretched and Divine』へと導かれたのだ。

「これは俺たちがずっと作りたかったアルバムなんだ」

 Andyが締めくくる。

「このアルバムを聞いて、俺たちのファンが何らかの影響を受けて、自分自身のアートを作ってくれたらと思う。俺はこのアルバムが、彼らに自由を与えることを望んでるんだ」

 

 真の"暴れ者"らしい発言だ。

 
 
 

MOVIE

Fallen Angels