NEWS

TOPICS

2006年のニュース

■'07年後半のリリースを目指し、ニュー・アルバムを制作中

 ブラック・アイド・ピーズが、ニュー・アルバム制作の最終段階に入っていることを明らかにしました。彼らは、'07年後半のリリースを目指し、ツアー中にレコーディングを行なっていたそうで、すでに12曲が完成。さらに、30~40曲をレコーディングしたいと考えているということです。ウィル・アイ・アムは、ニュー・アルバムでは社会や政治問題を扱っているものの、楽しいレコードになるとして、「俺達は文句を言いたくないんだよ。『すべてがメチャクチャだ』とか、そんなことは言いたくない。これは思慮深いレコードなんだ。世界で何が起きているのかを示している。これは、『モンキー・ビジネス』ではやらなかったことだよ」と説明しました。

2006.12.22更新


■ウィル・アイ・アムが、映画に提供されたコモンの曲をプロデュース

 現在、ニュー・アルバム『Finding Forever(原題)』を制作中のコモンが、Hillary Swank主演の最新映画『Freedom Writers』のサウンドトラックに曲を提供したようです。コモンが提供した「A Dream」は、ブラック・アイド・ピーズのウィル・アイ・アムのプロデュースによる曲だということで、このサウンドトラックの全米リリースと映画の全米公開は'07年1月の予定になっています。なお、コモン自身も、同じく'07年1月に全米公開予定の映画『Smokin' Ace』に出演しています。

2006.12.21更新


■米音楽業界で最も名誉ある『第49回グラミー賞』のノミネーション発表

 アメリカ音楽業界で最も名誉ある『第49回グラミー賞』のノミネーションが発表され、ブラック・アイド・ピーズが下記の部門にノミネートされました。12月7日にロサンゼルスのFonda theater内Music Boxで行なわれたノミネーション発表セレモニーには、メアリー・J.ブライジとリュダクリスも参加。主要部門を含む最多8部門でノミネートされたメアリーは、「本当に嬉しい」とコメントしました。授賞式は'07年2月11日にロサンゼルスのStaples Centerで開催され、この模様はCBSテレビを通じて全米に生中継されます。ちなみにノミネート作品は、'05年10月1日~'06年9月30日にアメリカでリリースされた作品が対象となっています。
 ブラック・アイド・ピーズのノミネート部門は以下の通りです。
Best Pop Performance By A Duo Or Group With Vocal:「マイ・ハンプス」
Producer Of The Year, Non-Classical:ウィル・アイ・アム
Best Urban/Alternative Performance:「That Heat」(Segio Mendes Featuring Erykah Badu & Will.i.am)
Best Urban/Alternative Performance:「Mas Que Nada」(Sergio Mendes Featuring The Black Eyed Peas)

2006.12.11更新


■大晦日に世界5都市で開催されるライヴ・イベントへの出演が決定

 大晦日の12月31日、携帯電話会社のNokiaが主催するライヴ・イベント『Nokia New Year's Eve』が世界5都市で開催されることになり、シザー・シスターズとブラック・アイド・ピーズが出演することに決定しました。このイベントは、香港のOcean Terminal、ムンバイ(インド)のAndheri Stadium、ベルリン(ドイツ)のブランデンブルグ門、リオデジャネイロ(ブラジル)のIpanema Beach、そしてニューヨーク(時差順)で開催されるもので、両バンドは香港とムンバイでパフォーマンスを行なった後、シザー・シスターズはベルリン会場、ブラック・アイド・ピーズはリオデジャネイロ会場に出演する予定になっています。なお、この模様は、インターネットなどを通じて生中継されるそうです。

2006.12.06更新


■米『2006 Billboard Music Awards』授賞式でパフォーマンスを披露

 米ビルボード誌が主催する『第17回 2006 Billboard Music Awards』の授賞式が、12月4日にラスベガスのMGM Grand Garden Arenaで開催され、メアリー・J.ブライジが最多9部門で受賞しました。他に、リアーナが3部門で、ネリー・ファータドが1部門で受賞しています。当日、メアリーは、「私の今までのキャリアの中で、こんなにたくさんの賞を貰ったことはなかったわ」とコメント。そして、ベテラン勢を押さえて主要部門で受賞したリアーナは、「まるで足が宙に浮いているみたいな感じなの。信じられないわ」とコメントしました。
 なお、授賞式では、グウェン・ステファニーが「グウェン姐さんのねじ巻き行進曲。」、ファーギーがブラック・アイド・ピーズの同僚ウィル・アイ・アムと共に「ファーガリシャス」、メアリーが「イナフ・クライン」~「テイク・ミー・アズ・アイ・アム」のメドレー、ヤング・ジージーが「I Luv It」、リュダクリスがPharrellと共に「マネー・メイカー」のパフォーマンスを披露。ザ・キラーズは、ブランドン・フラワーズが気管支炎を患っていることから、急きょパフォーマンスをキャンセルしました。そして、リアーナ、エイコン、スティーヴィー・ワンダーがプレゼンターを務めました。この模様は、FOXテレビを通じて全米に生中継されています。
 各アーティストの受賞部門は以下の通りです。

<メアリー・J.ブライジ>
R&B/Hip-hop Artist Of The Year
Female R&B/Hip-hop Artist Of The Year
R&B/Hip-hop Songs Artist Of The Year
R&B/Hip-hop Album Artist Of The Year
R&B/Hip-Hop Album Of The Year:『ザ・ブレイクスルー』
R&B/Hip-Hop Song Of The Year:「ビー・ウィザウト・ユー」
Hot 100 Airplay Song Of The Year:「ビー・ウィザウト・ユー」
R&B/Hip-hop Song Airplay Of The Year:「ビー・ウィザウト・ユー」
Videoclip Of The Year:「ビー・ウィザウト・ユー」
<リアーナ>
Female Artist Of The Year
Female Hot 100 Artist Of The Year
Pop 100 Artist Of The Year
<ネリー・ファータド>
Hot 100 Single Of The Year:「プロミスキュアス~ふしだらなビート。」(featuring Timbaland)

2006.12.06更新


■ファーギー:成功を失わないためなら、1週間に7日間、1日24時間働いても大丈夫

 ブラック・アイド・ピーズのファーギーが、自らを"仕事中毒"だと語りました。手に入れた成功が消えてしまうことがないよう、1週間に7日間、1日24時間働いてもいいのだそうです。彼女は、「どんな成功だって、当然のことでも、永遠のことでもないわ。アーティストっていうのは、アルバムをレコーディングして、プロモーションして、リハーサルをして、ツアーを行なうものでしょ。そのほとんどの時間がハードだけど、私は大好きよ。仕事のために、朝の3時に叩き起こされることもあるけどね」とコメントしました。

2006.12.01更新


■米『2006 American Music Awards』で最多3部門を受賞

 11月21日にロサンゼルスのShrine Auditoriumで開催された『第34回 2006 American Music Awards』の授賞式で、ブラック・アイド・ピーズが最多3部門を受賞しました。当日、南米のコスタリカに滞在していた彼らは、衛星中継で授賞式に参加しています。他に、メアリー・J.ブライジが2部門で、エミネムが1部門で受賞しました。
 授賞式では、ジェイ・Z(「ショウ・ミー・ワット・ユー・ガット」)、フォール・アウト・ボーイ(「This Ain't A Scene, It's An Arms Race」)、グウェン・ステファニー(「グウェン姐さんのねじ巻き行進曲。」)、プッシーキャット・ドールズ(「ボタン」)、スノウ・パトロール(「チェイシング・カーズ」)、ネリー・ファータド(「オール・グッド・シングス(カム・トゥ・アン・エンド)」)、メアリー・J.ブライジ、ライオネル・リッチーがパフォーマンスを披露。ライオネルは、娘のNicole Richieの紹介によりステージに登場し、「オール・ナイト・ロング」を含むヒット曲のメドレー・パフォーマンスを行なっています。授賞式の最後は、エイコンとスヌープ・ドッグの共演による「アイ・ウォナ・ラヴ・ユー」のパフォーマンスで幕を閉じました。
 3時間にわたるこの授賞式の模様は、ABCテレビを通じて全米に生中継されています。
 各アーティストの受賞部門は以下の通りです。

<ブラック・アイド・ピーズ>
Soul/R&B:Favorite Band, Duo or Group
Rap/Hip-hop:Favorite Band, Duo or Group
Rap/Hip-hop:Favorite Album(『モンキー・ビジネス』)
<メアリー・J.ブライジ>
Soul/R&B:Favorite Female Artist
Soul/R&B:Favorite Album(『ザ・ブレイクスルー』)
<エミネム>
Rap/Hip-hop:Favorite Male Artist

2006.11.24更新


■米『People's Choice Awards』のノミネーション第1弾発表

 今年で33回目を迎える『People's Choice Awards』のノミネーション第1弾が発表され、ブラック・アイド・ピーズ、ネリー・ファータド、ボン・ジョヴィ、マライア・キャリー、エミネム、ネリーが音楽部門の各賞にノミネートされました。このアウォーズは、アメリカの映画、テレビ、音楽界で最も活躍した人々を米国民の投票により選出し、称えるためのもので、授賞式は来年1月9日にロサンゼルスのShrine Auditoriumで開催されます。この模様は、CBSテレビを通じて全米に生中継される予定になっています。
 各アーティストのノミネート部門は以下の通りです。
<ブラック・アイド・ピーズ>
Favorite Group
<ネリー・ファータド>
Favorite Pop Song:「プロミスキュアス~ふしだらなビート。」
<ボン・ジョヴィ>
Favorite Rock Song:「フー・セズ・ユー・キャント・ゴー・ホーム?」
<マライア・キャリー>
Favorite R&B Song:「シェイク・イット・オフ」
<エミネム>
Favorite Hip-Hop Song:「シェイク・ザット」
<ネリー>
Favorite Hip-Hop Song:「Grillz」

2006.11.15更新


■ウィル・アイ・アムとのコラボレーションについてMichael Jacksonがコメント

 かねてよりウワサされていた、ブラック・アイド・ピーズのウィル・アイ・アムとMichael Jacksonとのコラボレーションを、Michael自身が正式に認めました。現在Michaelは、ウィル・アイ・アムのプロデュースにより、アイルランドのスタジオでニュー・アルバムのレコーディングを行なっているそうです。ウィル・アイ・アムについてMichaelは、次のようにコメントしています。「彼がやっていることが好きだから、コラボレートしたり、お互いのケミストリーがどうなのか試してみることに興味があったんだ。彼は素晴らしいよ。革新的で、ポジティヴで、グレイトな音楽を生み出していると思う」。

2006.11.06更新


■米『2006 Billboard Music Awards』授賞式でのファーギーのパフォーマンスが決定

 12月4日にラスベガスのMGM Grand Garden Arenaで開催される『2006 Billboard Music Awards』の授賞式で、ザ・キラーズと、ブラック・アイド・ピーズのファーギーがパフォーマンスを行なうことに決定しました。加えて、リアーナがプレゼンターとして参加する予定です。この授賞式の模様は、米FOXテレビを通じて全米に生中継されます。

2006.11.06更新


■ウィル・アイ・アムが、Michael Jacksonの新曲をプロデュース

 Michael Jacksonが、ブラック・アイド・ピーズのウィル・アイ・アムと共に新曲のレコーディングを行なっていると、米NBCテレビのエンタメ・ニュース番組『Access Hollywood』が報道しました。現在2人は、アイルランドのスタジオで作業を行なっているそうです。ちなみに、Michael Jacksonは、バーレーンのAbdulla Hamad Alkhalifa王子が所有するレーベル『Two Seas Records』とアルバム1枚のリリース契約を結んでおり、ウィル・アイ・アムがプロデュースしたニュー・アルバムは、来年後半にこのレーベルからリリースされる見込みだということです。

2006.10.23更新


■ウィル・アイ・アムがナズのデフ・ジャム移籍第1弾アルバムに参加

 ナズのデフ・ジャム移籍第1弾アルバム『Hip-Hop Is Dead ... The N(原題)』のリリース日が、英12月18日、米12月19日に決定しました。このアルバムには、ブラック・アイド・ピーズのウィル・アイ・アム、カニエ・ウェスト、ザ・ゲーム、ダミアン"ジュニア・ゴング"マーリー、Dr. Dreなどが参加。ウィル・アイ・アムは、Iron Butterflyの「Inna Gadda Davida」をサンプリングしたタイトル曲の「Hip-Hop Is Dead ... The N」でプロデュースを担当しているそうです。また、カニエは「Still Dreamin'」にヴォーカルで参加。ザ・ゲームは、Dr. Dreのプロデュースによる「QB True G」にフィーチャーされています。その他、アルバムには、「White Man's Paper」といった曲も収録される見込みです。

2006.10.13更新


■ファーギーがショウビズ界の美脚No.1に選出

 英テレビ局、Skyが行なったショウビズ界の美脚セレブを選ぶ視聴者投票で、ブラック・アイド・ピーズのファーギーがNo.1を獲得しました。ファーギーは、Christina Aguilera、Naomi Campbell、Jennifer Aniston、Angelina Jolie、Victoria Beckham、Paris Hiltonといったセレブ達を押さえてNo.1の支持を得ています。

2006.10.11更新


■『プリンセス・ファーギー』が全米アルバム・チャートで初登場3位を獲得

 10月7日付けの米ビルボード総合アルバム・チャート(The Billboard 200)で、ブラック・アイド・ピーズのファーギーのソロ・デビュー・アルバム『プリンセス・ファーギー:The Dutchess』が、初登場3位を獲得しました。このアルバムは、リリース第1週に約14万2000枚のセールスを記録しています。

2006.09.29更新


■ウィル・アイ・アムがザ・ゲームのニュー・アルバムでプロデュースを担当

 ニュー・アルバム『The Doctor's Advocate(原題)』を、アメリカで11月14日にリリース予定のザ・ゲーム。このアルバムからはすでに、ストリート・シングル「It's Okay (One Blood)」(featuring Junior Reid)がリリースされていますが、オフィシャル・ファースト・シングルは、Scott Storchのプロデュースによる「Let's Ride (Strip Club)」に決定しました。この曲は、10月に全米のラジオ局でオンエア開始となる予定です。なお、『The Doctor's Advocate』のプロデュースは、Cool & Dreやブラック・アイド・ピーズのウィル・アイ・アムなどが担当。ゲストとして、メアリー・J.ブライジやNasが参加している模様です。

2006.09.29更新


■ファーギーがMTV JAPANのイベント「MTV STUDENT VOICE AWARD」に出演決定!

 詳細は以下より!
http://www.mtvjapan.com/event/sva2006/

2006.09.28更新


■ウィル・アイ・アムがファーギーにダイアのネックレスとティアラをプレゼント

 ブラック・アイド・ピーズのファーギーのソロ・アルバム『プリンセス・ファーギー:The Dutchess』の全米リリースを記念して、9月21日にニューヨークのホットな会場『Tenjune』で、豪華なリリース・パーティが開催されました。多数のカメラマンが待ち受ける中、ファーギーは、背中が大きく開いた黒のグッチのドレス&ハイヒールという姿で登場。会場前は、彼女の名前を連呼するカメラマン達に野次馬が加わり、大騒ぎになったようです。パーティでは、ファーギーのパフォーマンス以外に、彼女の子供の頃の映像をフィーチャーしたビデオも上映。そして、ブラック・アイド・ピーズの同僚でプロデューサーのウィル・アイ・アムから、「プリンセスには欠かせない品物」として、高価なダイアモンドのネックレスとティアラがプレゼントされました。
 なお、ファーギーによると、ソロ・アルバムからの米セカンド・シングルは「ファーガリシャス」になる予定で、今後、ソロとしてのツアーも計画しているそうです。また、女優としての活動も行なっており、Quentin TarantinoとRobert Rodriguezが監督した新作映画『Grind House』で小さな役を演じているということです。

2006.09.27更新


■ファーギーのシェイプアップの秘訣は婚約者とのハイキング!?

 常にナイスバディを維持しているブラック・アイド・ピーズのファーギーが、アメリカの雑誌『Shape』の10月号の中で、その秘訣を語りました。高カロリー食品であるピザなどが大好きだという彼女は、歩くことでそのカロリーを消費しているようで、婚約者でテレビ・ドラマ俳優のJosh Duhamelとのハイキングが、一番のシェイプアップ法だとコメントしています。ちなみに、ファーギーが大好きな食べ物は、ランチ・ドレッシング(マヨネーズに近いドレッシング)かブルーチーズ・ドレッシングをかけたピザで、最もお気に入りの朝食は、カッテージ・チーズとトマトを乗せたベーグルを、ピザ風に焼いたものだということです。

2006.12.22更新


■ウィル・アイ・アムがソロ・アルバムを制作中

 ブラック・アイド・ピーズのウィル・アイ・アムが、ソロ・アルバムを制作中だと明らかにしました。現在は曲作りを行なっていますが、曲が完成してしまえば後の作業は早いそうで、今年末か来年初頭のリリースを計画しているということです。ちなみに、過去にウィル・アイ・アムはインディ・レーベルから2枚のソロ・アルバムをリリースしていますが、メジャー・レーベルからのソロ・アルバムは今回が初となります。また、プロデューサーとしても多忙なウィル・アイ・アムは、ザ・ゲームのニュー・アルバム『Doctor's Advocate』や、スヌープ・ドッグのニュー・アルバム『The Blue Carpet Treatment』に参加しているほか、ナズのニュー・アルバムにも参加する予定になっています。

2006.09.27更新


■ブラック・ミュージックを対象とした英『MOBO Awards 2006』で受賞

 ブラック・ミュージックを対象としたUKの音楽賞『第11回 MOBO Awards 2006(Music of Black Origin Awards)』の授賞式で、ブラック・アイド・ピーズ、リアーナ、ジェイ・Zが各賞を受賞しました。ブラック・アイド・ピーズは"Best Group"を、リアーナは"Best R&B"を、ジェイ・Zは"Best International Male"を受賞。加えてジェイ・Zは、Beyonceとのコラボ曲「Deja Vu」で、"Best Song"と"Best Video"も受賞しています。なお、9月20日にロンドンのRoyal Albert Hallで開催された授賞式では、リアーナがパフォーマンスを行ないました。

2006.09.22更新


■米『2006 American Music Awards』で最多3部門にノミネート

 『グラミー賞』と並ぶアメリカの権威ある音楽賞『2006 American Music Awards』のノミネーションが発表され、マライア・キャリーとブラック・アイド・ピーズがRed Hot Chili PeppersやNickelbackと並び、最多3部門にノミネートされました。他に、カニエ・ウェスト、プッシーキャット・ドールズ、メアリー・J.ブライジ、エミネムが各2部門に、ネリー・ファータド、Ne-Yo、アイズレー・ブラザーズが各1部門にノミネートされています。なお、2万人の一般投票により選ばれる受賞者は、11月21日にロサンゼルスのShrine Auditoriumで開催される授賞式で発表されます(この模様はABCテレビを通じて全米に生中継)。また、授賞式では、グウェン・ステファニーがパフォーマンスを行なうことに決定しています。
 各アーティストのノミネート部門は以下の通りです。
<マライア・キャリー>
Pop/Rock:Favorite Female Artist
Soul/R&B:Favorite Female Artist
Soul/R&B:Favorite Album(『MIMI』)
<ブラック・アイド・ピーズ>
Soul/R&B:Favorite Band, Duo or Group
Rap/Hip-hop:Favorite Band, Duo or Group
Rap/Hip-hop:Favorite Album(『モンキー・ビジネス』)
<カニエ・ウェスト>
Pop/Rock:Favorite Male Artist
Rap/Hip-hop:Favorite Male Artist
<プッシーキャット・ドールズ>
Pop/Rock:Favorite Band, Duo or Group
Favorite New Breakthrough Artist (All Genres)
<メアリー・J.ブライジ>
Soul/R&B:Favorite Female Artist
Soul/R&B:Favorite Album(『ザ・ブレイクスルー』)
<エミネム>
Rap/Hip-hop:Favorite Male Artist
Rap/Hip-hop:Favorite Album(『カーテン・コール。~ザ・ヒッツ』)
<ネリー・ファータド>
Pop/Rock:Favorite Female Artist
<Ne-Yo>
Soul/R&B:Favorite Male Artist
<アイズレー・ブラザーズ>
Soul/R&B:Favorite Band, Duo or Group

2006.09.22更新


■『2006 MTV Europe Music Awards』のノミネーション発表

 今年で13回目を迎える『2006 MTV Europe Music Awards』のノミネーションが発表され、ネリー・ファータドとカニエ・ウェストが各3部門にノミネートされました。他に、キーンとリアーナが各2部門に、ブラック・アイド・ピーズ、プッシーキャット・ドールズ、ザ・キラーズ、バスタ・ライムス、メアリー・J.ブライジが各1部門にノミネートされています。本年度の授賞式は、11月2日にデンマーク、コペンハーゲンのBella CenterとRadhuspladsen Town Squareで開催される予定で、すでにネリー・ファータドがパフォーマンスを行なうことに決定しています。なお、この模様は、ヨーロッパ各国のMTVで生中継される予定です。
 各アーティストのノミネート部門は以下の通りです。
<ネリー・ファータド>
Best Female
Best Song:「マンイーター」
Best Album:『ルース』
<カニエ・ウェスト>
Best Male
Best Hip-Hop
Best Video:「タッチ・ザ・スカイ」
<キーン>
Best Group
Best Rock
<リアーナ>
Best R&B
Best Song:「SOS」
<ブラック・アイド・ピーズ>
Best Group
<プッシーキャット・ドールズ>
Best Group
<ザ・キラーズ>
Best Rock
<バスタ・ライムス>
Best Hip-Hop
<メアリー・J.ブライジ>
Best R&B

2006.09.22更新


■ファーギーの「ロンドン・ブリッジ」が全英シングル・チャートで3位に急上昇

 9月17日付けの全英シングル・チャートで、ブラック・アイド・ピーズのファーギーのソロ・デビュー・シングル「ロンドン・ブリッジ」(ニュー・アルバム『プリンセス・ファーギー:The Dutchess』からの先行ファースト・シングル)が3位に急上昇しました。このシングルは、先週ダウンロード・セールス集計のみで25位に初登場。フル・セールスで集計された今週、3位に急上昇しています。

2006.09.20更新


■NY秋冬コレクションの幕開けを飾るイベント『2006 Fashion Rocks』に出演

 ニューヨーク秋冬コレクションの幕開けとなるチャリティ・イベント『第3回 2006 Fashion Rocks』が、9月7日にニューヨークのRadio City Music Hallで開催されました(翌8日に米CBSテレビで放映)。エルトン・ジョンの企画によるこのイベントは、音楽とファッションをミックスしたもので、ブラック・アイド・ピーズ、プッシーキャット・ドールズ、ボン・ジョヴィ、ネリー・ファータド、リアーナ、ジェイ・Z、カニエ・ウェスト、シザー・シスターズ、Christina Aguilera、Faith Hill、Jamie Foxxなどがパフォーマンスを行ないました。出演者はすべてエルトンが選んでいます。
 まず、イベントのオープニングを飾ったのはファーギーで、「ロンドン・ブリッジ」のパフォーマンスを披露。その後、ブラック・アイド・ピーズの他のメンバーが加わり、「パンプ・イット」がプレイされました。プッシーキャット・ドールズの「ボタン」では、スヌープ・ドッグの代役として新人アーティストのJibbsがパフォーマンスに加わっています。ボン・ジョヴィは、まずジョン・ボン・ジョヴィがヴァイオリニストと共に「リヴィン・オン・ア・プレイヤー」を歌い、その後にボン・ジョヴィとして「フー・セズ・ユー・キャント・ゴー・ホーム?」が披露されました。ネリー・ファータドは、Timbalandとのコラボで「プロミスキュアス~ふしだらなビート」や「マンイーター」を披露。リアーナは「SOS」を披露しました。他にも、ジェイ・ZがBeyonceの「Deja Vu」のパフォーマンスに参加。カニエ・ウェストは、自身のレーベル、G.O.O.D Musicに所属する新人アーティスト、Farnsworth Bentleyのお披露目のために出演を果たしました。そして、イベントのトリを務めたシザー・シスターズは、エルトンと共に「ときめきダンシン/I Don't Feel Like Dancin'」を披露しています。
 この日は他にも、エルトンとのコラボによるパフォーマンスが行なわれ、リアーナは「あばずれさんのお帰り/The Bitch Is Back」で、プッシーキャット・ドールズは「土曜の夜は僕の生きがい/Saturday Night's Alright For Fighting」でエルトンと共演しています。なお、このイベントの収益金は、エルトンが主宰するエイズ基金に寄付される予定になっています。

2006.09.15更新


■米『2006 MTV Video Music Awards』授賞式報告

 8月31日にニューヨークのRadio City Music Hallで開催された、米MTV主催『2006 MTV Video Music Awards』の授賞式で、オール・アメリカン・リジェクツ、AFI、プッシーキャット・ドールズ、ブラック・アイド・ピーズ、フォール・アウト・ボーイが各賞を受賞しました。当日、サプライズ受賞となったオール・アメリカン・リジェクツとAFIですが、オール・アメリカン・リジェクツは超ハイテンションで受賞。一方のAFIは緊張の面持ちで受賞したそうです。そして、フォール・アウト・ボーイのピート・ウェンツは、白黒模様の小さな猿を肩に乗せての受賞となりました。
 授賞式では、リュダクリス、バスタ・ライムス、オール・アメリカン・リジェクツ、プッシーキャット・ドールズ、ザ・キラーズがパフォーマンスを披露。リュダクリスはファレル・ウィリアムスと共に「Money Makers」を、バスタ・ライムスはSpliff Starと共に「Put Your Hands Where My Eyes Could See」のパフォーマンスを披露しました。そして、ザ・キラーズは、ガンズ・アンド・ローゼズのW.アクセル・ローズの紹介によりステージに登場し、「ウェン・ユー・ワー・ヤング」のパフォーマンスを披露しています。その他、Ne-Yo、リアーナ、50セント、L.L.クールJ、カニエ・ウェスト、スヌープ・ドッグ、リンジー・ローハンなどがプレゼンターを担当。会場には、ジェイ・Z、コモン、G-ユニット、ニュー・ファウンド・グローリーの姿もありました。
 また、授賞式のプレ・ショウ(事前イベント)『Red Carpet On The Rock』では、ブラック・アイド・ピーズのファーギーが「ロンドン・ブリッジ」のパフォーマンスを披露。彼女は、バッキンガム宮殿の護衛兵に扮したブレイク・ダンサーをバックに歌ったということです。なお、これらの模様は、MTVを通じて全米に生中継されました。
 各アーティストの受賞部門は以下の通りです。
<オール・アメリカン・リジェクツ>
Best Group Video:「ムーヴ・アロング」
<AFI>
Best Rock Video:「Miss Murder」
<プッシーキャット・ドールズ>
Best Dance Video:「ボタン」(featuring スヌープ・ドッグ)
<ブラック・アイド・ピーズ>
Best Hip-hop Video:「マイ・ハンプス」
<フォール・アウト・ボーイ>
Viewer's Choice Award:「ダンス、ダンス」

 米『2006 MTV Video Music Awards』授賞式の模様は下記の日程で日本でも放映されます!
MTV Video Music Awards 2006
9/30 [土] 21:30 - 24:30初
10/1 [日 13:30 - 16:30

豪華アーティスト、セレブが集結したVMA 2006の模様を、余すところなくたっぷり3時間オンエア。
MTV Video Music Awards 2006 Pre-Show
9/30 [土] 20:00 - 21:30初
10/1 [日] 12:00 - 13:30?
MTV Music Awards直前に続々レッド・カーペットに到着するアーティスト・セレブ達を捉え、授賞式に向けて高まる興奮を伝える。

2006.09.06更新


■ファーギーが『MTV Video Music Awards 2006』授賞式のプレ・ショウに出演

 8月31日にニューヨークのRadio City Music Hallで開催される『MTV Video Music Awards 2006』授賞式のプレ・ショウ(事前イベント)に、ブラック・アイド・ピーズのファーギーが出演すると発表されました。このプレ・ショウ『Red Carpet On The Rock』は、会場前のレッド・カーペットで開催されるもので、当日ファーギーは「ロンドン・ブリッジ」のパフォーマンスを披露する予定です(米MTVでの初パフォーマンス)。

2006.09.01更新


■ファーギーが、UKの元祖"プリンセス・ファーギー"と共にチャリティ活動を計画中!?

 先日、英GMTVの番組に出演したブラック・アイド・ピーズのファーギーが、UKの元祖"プリンセス・ファーギー"であるサラ・ファーガソン(※)さんと手を組み、チャリティ活動を計画中だと語りました。番組内でファーギーは、次のようにコメントしています。「サラ・ファーガソンさんとは、電話で話したことがあるの。最高だったわ。だって、王室関係の人と話せたのよ! 私達は、一緒にチャリティ活動をしたいと考えているの。彼女は、恵まれない子供達のために学校を建設する活動をしているから、その手助けをしたいわ。私の両親は先生だから、私は良い教育を受けることができたの。教育は、私にとって重要なことだったし、人生を過ごす上で役立っているのよ」。
(※):サラ・ファーガソンさんは英アンドリュー王子の元妻(現在は離婚)で、ファーギーの愛称で知られる。称号はヨーク公爵夫人(Duchess Of York)。エンターテインメント界の人々との華やかな交流でも有名。

2006.08.30更新


■ファーギーの「ロンドン・ブリッジ」ビデオも配信開始!

 ファーギーの「ロンドン・ブリッジ」のビデオも配信がスタートしました。
 iTunes Music Storeで入手できますので、こちらもよろしく。

2006.08.28更新


■ファーギーの「ロンドン・ブリッジ」が全米シングル・チャートで3週連続1位を達成

 9月2日付けの米ビルボード総合シングル・チャート(The Billboard Hot 100)で、ブラック・アイド・ピーズのファーギーのソロ・デビュー・シングル「ロンドン・ブリッジ」が3週連続1位を達成しました。同様にこの曲は、同誌"Hot Digital Songs"チャートでも3週連続1位を獲得。"Billboard Pop 100"チャートでは2週連続1位を達成しています。加えて、"Hot Digital Tracks"チャートでは、先週の2位から上昇して1位を獲得しました。

2006.08.25更新


■米ティーンズが選ぶ『2006 Teen Choice Awards』授賞式報告

 米Teen People誌やFOXテレビなどが主催する『2006 Teen Choice Awards』の授賞式が開催され、ブラック・アイド・ピーズが音楽カテゴリーのChoice Music - Rap Artist 賞を受賞しました。8月20日にロサンゼルスのGibson Amphitheaterで開催された授賞式の模様はFOXテレビを通じて全米に生中継されています。ちなみに、このアウォーズは、音楽、映画、テレビの分野で活躍した人々が、全米のティーンズが行なうネット投票により選ばれるもので、FOXテレビによると、今回の投票数は1470万にも及んだということです。

2006.08.23更新


■ファーギーの「ロンドン・ブリッジ」が全米シングル・チャートで2週連続1位を達成

 8月26日付けの米ビルボード総合シングル・チャート(The Billboard Hot 100)で、ブラック・アイド・ピーズのファーギーのソロ・デビュー・シングル「ロンドン・ブリッジ」が2週連続1位を達成しました。同様に、同誌"Hot Digital Songs"チャートでも2週連続1位を獲得。"Billboard Pop 100"チャートでは、先週の2位から上昇して1位を達成しています。

2006.08.18更新


■UKの音楽賞『MOBO Awards』のノミネーション発表

 ブラック・ミュージックを対象としたUKの音楽賞『第11回 MOBO Awards 2006(Music of Black Origin Awards)』のノミネーションが発表となり、ブラック・アイド・ピーズがBest Group部門にノミネートされました。授賞式は、9月20日にロンドンのRoyal Albert Hallで開催されます。

2006.08.18更新


■ファーギーの「ロンドン・ブリッジ」シングル先行配信開始!

 ファーギーのシングル「ロンドン・ブリッジ」をアルバム・リリースに先駆け本日より配信開始!
 iTunes、mora、Listen Japan、OnGen、OCN Music Store、Oriconの各配信サイトで入手できます。
 *サイトによりアップが遅れる場合がありますが、ご了承ください。

2006.08.16更新


■LAで開催されたJustin Timberlakeのショウケースに飛び入り

ブラック・アイド・ピーズのウィル・アイ・アムが、8月11日にロサンゼルスのHouse Of Bluesで開催されたJustin Timberlakeのショウケース・ライヴに飛び入りし、「Damn Girl」を共演しました。Justinとウィル・アイ・アムは、プロデュース・チーム、JAWブレーカーズとして活動しており、Justinのニュー・アルバム『FutureSex/LoveSounds』でもプロデュースを担当しています。

2006.08.16更新


■ファーギーの「ロンドン・ブリッジ」が全米シングル・チャートで1位を達成

 8月19日付けの米ビルボード総合シングル・チャート(The Billboard Hot 100)で、ブラック・アイド・ピーズのファーギーのソロ・デビュー・シングル「ロンドン・ブリッジ」(日本で9月にリリース予定のソロ・デビュー・アルバム『プリンセス・ファーギー』からのファースト・シングル)が1位を達成しました。8月5日付けの同チャートで84位に初登場したこの曲は、先週(8月12日付け)一挙に5位まで急上昇。79ランク上昇という記録は、同チャート史上で歴代2番目の記録となりました。そして今週、同チャートへの登場わずか3週目にして1位を達成したわけです。なお、同様に「ロンドン・ブリッジ」は、同誌"Hot Digital Songs"チャートでも1位を獲得しています(先週の2位から上昇/登場2週目)。

2006.08.11更新


■ファーギーのソロ・シングル「ロンドン・ブリッジ」着うた(R)発売中!

 9月に発売が予定されているファーギーのソロ・デビュー・アルバム『プリンセス・ファーギー:THE DUTCHESS』からの1stシングル「ロンドン・ブリッジ」の着うた(R)が、本日より『絶対!洋楽』サイトにて配信開始されました。
 この曲は先月来日時、ブラック・アイド・ピーズがフジテレビ「SMAP×SMAP」に出演した際に、「パンプ・イット」とメドレーで演奏し話題となった曲で、8/12付ビルボードHOT100で5位赤丸急上昇中の超強力トラックです。

2006.08.09更新


■フィリピン滞在時に栄誉ある"Presidential Medal Of Merit"を授与

 7月27日、フィリピンを訪問していたブラック・アイド・ピーズのアップル・デ・アップとウィル・アイ・アムに、フィリピン政府から"Presidential Medal Of Merit(大統領賞)"が授与されました。この栄誉ある賞は、芸術や文学などの分野でフィリピンに貢献した国内外の人物に与えられるもので、授与式はマラカニアン宮殿で行なわれたそうです。当日、入院中のために欠席したアロヨ大統領に代わり、エルミタ官房長官が賞を授与しました。なお、この授与式でブラック・アイド・ピーズは、タイトルにタガログ語を使用した「ベボー」などのパフォーマンスを披露したということです。

2006.08.04更新


■米『MTV Video Music Awards 2006』にノミネート

 米MTV主催による『第23回 MTV Video Music Awards 2006』のノミネーションが発表となり、ブラック・アイド・ピーズの「マイ・ハンプス」がBest Hip-hop Video部門にノミネートされました。8月31日にニューヨークのRadio City Music Hallで開催される授賞式の模様は、MTVを通じて全米に生中継されます。

2006.08.02更新


■来日前にロサンゼルスで「ベボー」の2種類のPVを撮影

 ブラック・アイド・ピーズが、来日前の7月上旬にロサンゼルスで、「ベボー」(アルバム『モンキー・ビジネス』収録)のPVを撮影しました。タガログ語で"hot chick"(ホットな女性)を意味するこの曲は、特にフィリピンの血を引くアップル・デ・アップにとっては特別な曲だということで、PVにも情熱を注いだのだそうです。コミュニティ・ヴァイブを反映したというこのPVについて彼は、「僕にとっては、単なるPV撮影以上の意味があったよ。フィリピンのカルチャーはコミュニティ・ムーヴメントのようなもので、この機会に僕は、その僕のカルチャーを表現できて、とても良い気分だよ」と語りました。
 このPVの監督は、Patricio Ginelsaが担当。2種類のPVが撮影されたということで、1種類が、現代の夏のバーベキュー・パーティという設定、もう1種類が歴史上の実際の出来事を基にしたPVになっているということです。監督によると歴史を基にしたPVは、リトル・マニラと呼ばれた、'38年のカリフォルニア州ストックトンが舞台。アップル・デ・アップは、ここに住むフィリピン人の農夫を演じていて(実際に、彼の祖先は農夫だった)、厳しい農作業の後に最高のスーツを着て、最高のクラブに出掛け、最高の女の子(ベボー)に会うことを楽しみに日々を過ごしている、という設定になっているそうです。加えて、PVにはフィリピンの血を引くアメリカ人のアーティストが起用されており、『American Idol』出身のJasmine Triasや、SpeaksのRafael Toledo(vo)がゲスト出演しているということです。

2006.07.21更新


■大阪城ホール、日本武道館のセットリストを、写真付で公開!

2006/7/11 大阪城ホール、2006/7/13 & 14 日本武道館のセットリストを、写真付で公開!
3日間同じセットリストでした。

M1 INTRO
M2 HEY MAMA
M3 HANDS UP
M4 DISCO CLUB
M5 DUM DIDDLY
M6 SMELLS LIKE FUNK
M7 JOINTS & JAMS
M8 DON'T LIE
M9 SHUT UP
M10 Freestyle (including "London Bridge")
M11 PUMP IT
M12 WHERE IS THE LOVE

EN1 Tables & Solo's
EN2 MY STYLE
EN3 DON'T PHUNK WITH MY HEART
EN4 MY HUMPS
EN5 LET'S GET STARTED

060713_1
060713_2
060713_3
060713_4
写真:北村一浩

2006.07.20更新


■ファーギー、ソロ・デビュー・シングル「London Bridge」のPVをロンドンで撮影

 ブラック・アイド・ピーズのファーギーのソロ・デビュー・アルバム『The Dutchess(原題)』の全米リリース日が9月19日に決定しました(日本リリースは9月13日予定)。このアルバムからの先行ファースト・シングル(ソロ・デビュー・シングル)「London Bridge」は、7月10日から全米のラジオ局でオンエア開始となる予定です。なお、先頃ファーギーは、ブラック・アイド・ピーズのヨーロッパ・ツアーの合間に、UKでこの曲のPVを撮影。撮影は、ロンドンのテムズ川や、ロンドン郊外のカントリー・ハウスで行なわれたそうで、ブラック・アイド・ピーズのメンバーもゲスト参加した模様です。

2006.07.07更新


■NYで開催されるチャリティ・コンサート『Fashion Rocks』へのゲスト出演が決定

 9月7日にニューヨークのRadio City Music Hallで開催されるファッション関係のチャリティ・コンサート『第3回 Fashion Rocks』に、エルトン・ジョンが出演すると発表されました。エルトンがキューレーターも務めるこのコンサートでは、エルトン+ゲストという形式での共演パフォーマンスが披露されるそうで、ゲストとして、カニエ・ウェスト、ネリー・ファータド、ブラック・アイド・ピーズ、ボン・ジョヴィ、シザー・シスターズ、リアーナ、プッシーキャット・ドールズ、Beyonce、Christina Aguilera、Tim McGraw、Faith Hill、Jamie Foxx、Daddy Yankeeなどが出演する予定です。ファッション面は、ヴェルサーチやカルヴァン・クラインとの仕事で知られるKCDがプロデュースを担当します。なお、このコンサートの模様は、米CBSテレビで同日放映。チケットの売上金は、エルトンが主宰するエイズ基金に寄付されるということです。

2006.07.07更新


■ウィル・アイ・アムがリュダクリスの新作にプロデューサーとして参加

 現在、ニュー・アルバム『Release Therapy(原題)』を制作中のリュダクリス。このアルバムの制作には、プロデューサーとしてすでにカニエ・ウェスト、Timbaland、Jermaine Dupri、Rick Rubin、Track Starzが参加しているほか、今後ブラック・アイド・ピーズのウィル・アイ・アムも参加する予定になっています。また、ゲスト陣も豪華で、「Girls Gone Wild」にはファレル・ウィリアムズが参加。そして、「Woozy」にはR. Kellyが、The Neptunesのプロデュースによる「Money Maker」にはネリーが参加しているということです。

2006.07.06更新


■Yahoo! ミュージック サウンドステーションでBEPを聴き放題!

All Time ブラック・アイド・ピーズ(6/30~7/29)

フルサイズの音楽をいつでも無料で聴くことができる日本初のサービス「Yahoo! ミュージック サウンドステーション」で、最新アルバム『モンキー・ビジネス』が日本でも45万枚を超えるセールスを記録した、ブラック・アイド・ピーズの曲を聴き放題! 7月11日から行われる来日公演の予習・復習にぴったりのチャンネルです!
世界的ヒット曲「ホエア・イズ・ザ・ラヴ」、「ヘイ・ママ」、「ドント・ファンク・ウィズ・マイ・ハート」など、新旧の代表曲を網羅!キャッチーでハイセンスなヒップホップを楽しんでください。

2006.06.30更新


■米『2006 BET Awards』授賞式で"Best Group"を受賞

 米BET局が主催する『第6回 2006 BET Awards』の授賞式が6月27日にロサンゼルスのShrine Auditoriumで開催され、メアリー・J.ブライジとカニエ・ウェストがJamie Foxxに並び最多2部門で受賞しました。メアリーとカニエの2人は、最も栄誉ある"Video Of The Year"を同時受賞。この賞の受賞者が2組同時に選ばれるのは異例のこととなりました。授賞式では他に、プリンスとブラック・アイド・ピーズが各賞を受賞しています。なお、この授賞式の模様は、BET局を通じて全米に生中継されました。
 各アーティストの受賞部門は以下の通りです。
<メアリー・J.ブライジ>
Video Of The Year:「ビー・ウィザウト・ユー」※カニエ・ウェストと同時受賞
Best Female R&B Artist
<カニエ・ウェスト>
Video Of The Year:「ゴールド・ディガー」(featuring Jamie Foxx)※メアリー・J.ブライジと同時受賞
Best Duet/Collaboration:「ゴールド・ディガー」(featuring Jamie Foxx)
<プリンス>
Best Male R&B Artist
<ブラック・アイド・ピーズ>
Best Group

2006.06.30更新


■米『2006 BET Awards』授賞式でパフォーマンスを披露

 米BET局が主催する『第6回 2006 BET Awards』の授賞式が6月27日にロサンゼルスのShrine Auditoriumで開催され、多数のアーティストが貴重なパフォーマンスを披露しました。
 まず、授賞式のオープニングにBeyonceが行なった「Deja Vu」のパフォーマンスには、恋人であるジェイ・Zが登場。Ne-Yoは、「セクシー・ラヴ」と「ソー・シック」をメドレーで披露しました。そして、バスタ・ライムスの「タッチ・イット」と「アイ・ラヴ・マイ・ビッ*」のメドレーには、エミネム、ロイド・バンクス、メアリー・J.ブライジ、Missy Elliott、Rah Diggaなど、多数の豪華アーティストが参加。功労賞を受賞したChaka Khanのトリビュート・パフォーマンスには、プリンス、スティーヴィー・ワンダー、インディア.アリー、Yolanda Adamsが参加し、彼女の名曲「I'm Every Woman」「I Feel For You」など全5曲が披露されました。そして、授賞式の最後は、プリンスの「3121」のパフォーマンスで締めくくられています。この日、最も多くのパフォーマンスに参加したのはブラック・アイド・ピーズのウィル・アイ・アムで、バスタ・ライムス、プリンス、ケリスのパフォーマンスに登場しました。授賞式では他に、リアーナとスヌープ・ドッグがプレゼンターを務めています。
 なお、この授賞式の模様は、BET局を通じて全米に生中継されました。

2006.06.30更新


■米『2006 Billboard R&B/Hip-Hop Awards』の最終ノミネーション発表

 米ビルボード誌主催による『2006 Billboard R&B/Hip-Hop Awards』の最終ノミネーションが発表され、メアリー・J.ブライジ、マライア・キャリー、カニエ・ウェスト、ブラック・アイド・ピーズ、Ne-Yo、プッシーキャット・ドールズ、ネリーが各部門にノミネートされました。このうち、メアリー、マライア、カニエは、それぞれ7部門でノミネートされています。同アウォーズは、ビルボード誌R&B/ヒップホップ及びラップ・チャートでの記録(対象期間は'05年5月28日~'06年5月20日)を基に受賞者が選出されるもので、授賞式は『第7回 Billboard R&B/Hip-Hop Conference』の一環として、9月8日にアトランタのRenaissance Waverlyで開催される予定です。
 各アーティストのノミネート部門は以下の通りです。

<メアリー・J.ブライジ>
R&B/Hip-hop Albums:『ザ・ブレイクスルー』
R&B/Hip-hop Songs:「ビー・ウィザウト・ユー」
R&B/Hip-hop Artists
R&B/Hip-hop Artists - Female
R&B/Hip-hop Songs Artist
R&B/Hip-hop Albums Artist
R&B/ Hip-hop Songs - Airplay:「ビー・ウィザウト・ユー」
<マライア・キャリー>
R&B/Hip-hop Albums:『MIMI』
R&B/Hip-hop Songs:「ウィ・ビロング・トゥゲザー」
R&B/Hip-hop Artists
R&B/Hip-hop Artists - Female
R&B/Hip-hop Songs Artist
R&B/Hip-hop Albums Artist
R&B/ Hip-hop Songs - Airplay:「ウィ・ビロング・トゥゲザー」
<カニエ・ウェスト>
R&B/Hip-hop Albums:『レイト・レジストレーション』
R&B/Hip-hop Songs:「ゴールド・ディガー」(Feat. Jamie Foxx)
R&B/Hip-hop Artists
R&B/Hip-hop Artists - Male
R&B/Hip-hop Albums Artist
Rap Albums:『レイト・レジストレーション』
Hot Rap Tracks:「ゴールド・ディガー」(Feat. Jamie Foxx)
<ブラック・アイド・ピーズ>
R&B/Hip-hop Artists - Duo Or Group
Rap Albums:『モンキー・ビジネス』
<Ne-Yo>
R&B/Hip-hop Artists - New
<プッシーキャット・ドールズ>
R&B/ Hip-hop Songs - Sales:「ドンチャッ!」(Feat. Busta Rhymes)
<ネリー>
Hot Rap Tracks:「Grillz」(Feat. Paul Wall, Ali & Gipp)

2006.06.23更新


米『2006 Teen Choice Awards』のノミネーション第1弾発表

 米Teen People誌やFOXテレビが主催する『2006 Teen Choice Awards』のノミネーション第1弾が発表され、リアーナ、マライア・キャリー、カニエ・ウェスト、メアリー・J.ブライジ、フォール・アウト・ボーイ、ブラック・アイド・ピーズ、フーバスタンク、ジャック・ジョンソン、Ne-Yo、オール・アメリカン・リジェクツ、リンジー・ローハン、リュダクリスが各賞にノミネートされました。このアウォーズは、音楽、映画、テレビの分野で活躍した人々が、全米のティーンが行なうネット投票により選ばれるもので、受賞者は8月20日にロサンゼルスで開催される授賞式で発表されます(この模様は米FOXテレビで生中継)。
 各アーティストのノミネート部門は以下の通りです。

<リアーナ>
Choice Music - Single
Choice Music - Female Artist
Choice Hottie - Female
Choice Music - R& B Artist
<マライア・キャリー>
Choice Music - Female Artist
Choice Music - R&B Artist
<カニエ・ウェスト>
Choice Music - Male Artist
Choice Music - Rap Artist
<メアリー・J.ブライジ>
Choice Music - Female Artist
Choice Music - R&B Artist
<フォール・アウト・ボーイ>
Choice Music - Single
Choice Music - Rock Group
<ブラック・アイド・ピーズ>
Choice Music - Rap Artist
<フーバスタンク>
Choice Music - Rock Group
<ジャック・ジョンソン>
Choice Music - Male Artist
<Ne-Yo>
Choice Music - R&B Artist
<オール・アメリカン・リジェクツ>
Choice Music - Rock Group
<リンジー・ローハン>
Choice Movie Actress - Comedy
<リュダクリス(Chris"Ludacris"Bridges)>
Choice Movie Actor - Drama / Action Adv.

2006.06.21更新


■南アフリカで貧しい子供達のために音楽のワークショップを開催

 5月28日に南アフリカでフリー・コンサートを開催したブラック・アイド・ピーズが、このコンサートの前にソウェトのコミュニティ・センターで、黒人居住区から貧しい子供達を招待し、音楽のワークショップを行ないました。この中でウィル・アイ・アムは、貧しい環境の中から抜け出し、現在の地位を築いた苦労話を披露。「俺自身の話を聞いて、南アフリカの子供達が、より良い生活を求めて頑張ろうと思ってくれたら嬉しいよ」とコメントしました。

2006.05.31更新


■Quentin Tarantinoがファーギーに新作スリラー映画への出演を依頼

 最近は女優としても大人気のブラック・アイド・ピーズのファーギーが、Quentin TarantinoとRobert Rodriguezが共同制作している新作スリラー映画『Grind House』への出演を依頼されました。Quentin Tarantinoはブラック・アイド・ピーズの大ファンだそうで、ファーギーは映画の中でセクシーな魅力をふりまいてくれるだろうと語っているようです。

2006.05.24更新


■優れた楽曲に贈られる米『2006 BMI Pop Awards』の受賞楽曲を発表

 アメリカの音楽著作権管理団体『BMI』が主催する、優れた楽曲に贈られる賞『第54回 2006 BMI Pop Awards』の受賞楽曲が発表され、ウィーザー、ブラック・アイド・ピーズ、グウェン・ステファニー、クリスティーナ・ミリアン、50セント、プッシーキャット・ドールズ、スヌープ・ドッグ、JoJo、ネリー、アシュリー・シンプソン、リアーナ、ウィル・スミス、マライア・キャリー、ライフハウスの楽曲が受賞しました。5月16日にロサンゼルスのRegent Beverly Wilshire Hotelで開催された授賞式では、この中から特別賞も選ばれており、ウィーザーの「ビバリー・ヒルズ」が全米カレッジ・ラジオ局で最多オンエア回数を記録したことから、"College Song Of The Year"に輝いています。
 なお、本年度の『BMI Pop Awards』受賞楽曲は以下の通りです。
ウィーザー:「ビバリー・ヒルズ」(College Song Of The Year)
ブラック・アイド・ピーズ:「ドント・ファンク・ウィズ・マイ・ハート」
ブラック・アイド・ピーズ:「レッツ・ゲット・イット・スターテッド」
グウェン・ステファニー:「ホラバック・ガール」
グウェン・ステファニー:「リッチ・ガール」
クリスティーナ・ミリアン:「ディップ・イット・ロウ」
50セント:「ディスコ・インフェルノ」
プッシーキャット・ドールズ:「ドンチャッ!」
スヌープ・ドッグ:「ドロップ・イット・ライク・イッツ・ホット」
JoJo:「リーヴ(ゲット・アウト)」
ネリー:「マイ・プレイス」
アシュリー・シンプソン:「ピーシズ・オブ・ミー」
リアーナ:「ポン・デ・リプレイ」
ウィル・スミス:「スウィッチ」
マライア・キャリー:「ウィ・ビロング・トゥゲザー」

2006.05.24更新


 

■米BET局主催『2006 BET Awards』のノミネーション発表

 米BET局が主催する『第6回 2006 BET Awards』のノミネーションが発表され、メアリー・J.ブライジがMissy Elliott、Jamie Foxx、Busta Rhymesと並び最多4部門でノミネートされました。他に、Ne-Yo、カニエ・ウェスト、マライア・キャリー、リアーナ、インディア.アリー、50セント、プリンス、コモン、ブラック・アイド・ピーズ、フロエトリー、レミー・マー、リュダクリス、ロイド・バンクスが各部門にノミネートされています。授賞式は6月27日にロサンゼルスのShrine Auditoriumで開催され、この模様は同局を通じて全米に生中継される予定です。
 各アーティストのノミネート部門は以下の通りです。

<メアリー・J.ブライジ>
Best Female R&B
Video Of The Year:「ビー・ウィザウト・ユー」
Video Of The Year:「Touch It(remix)」(Busta Rhymes featuring Mary J. Blige, Rah Digga, Missy Elliiott, Lloyd Banks, Papoose & DMX)
Best Collaboration:「Touch It(remix)」(Busta Rhymes featuring Mary J. Blige, Rah Digga, Missy Elliott, Lloyd Banks, Papoose & DMX)
<Ne-Yo>
Best New Artist
Best Male R&B
BET.com Viewers' Choice:「ソー・シック」
<カニエ・ウェスト>
Best Male Hip-Hop
Video Of The Year:「ゴールド・ディガー」(featuring Jamie Foxx)
Best Collaboration:「ゴールド・ディガー」(featuring Jamie Foxx)
<マライア・キャリー>
Best Female R&B
BET.com Viewers' Choice:「ドント・フォゲット・アバウト・アス」
<リアーナ>
Best New Artist
<インディア.アリー>
Best Female R&B
<50セント>
Best Male Hip-Hop
<プリンス>
Best Male R&B
<コモン>
Best Male Hip-Hop
<ブラック・アイド・ピーズ>
Best Group
<フロエトリー>
Best Group
<レミー・マー>
Best Female Hip-Hop
<リュダクリス>
Best Collaboration:「Unpredictable」(Jamie Foxx featuring Ludacris)
<ロイド・バンクス>
Video Of The Year:「Touch It(remix)」(Busta Rhymes featuring Mary J. Blige, Rah Digga, Missy Elliiott, Lloyd Banks, Papoose & DMX)
Best Collaboration:「Touch It(remix)」(Busta Rhymes featuring Mary J. Blige, Rah Digga, Missy Elliott, Lloyd Banks, Papoose & DMX)

2006.05.19更新


■5月に南アフリカで無料のチャリティ・コンサートを開催

 ブラック・アイド・ピーズが、5月に南アフリカでチャリティ・コンサートを行なうと発表しました。5月28日にヨハネスブルグのEllis ParkにあるJohannesburg Stadiumで行なわれるこのコンサートは、彼らが主宰するチャリティ組織『Peapod Foundation』が開催するもので、収益金は南アフリカのチャリティ団体『Shanduka Foundation』(現地の学校教育などを推進)に寄付される予定です。コンサートはフリー・コンサートとして行なわれるそうで、ブラック・アイド・ピーズ以外に、南アフリカのミュージシャンやダンサーも出演するということです。この件について、ウィル・アイ・アムは次のようにコメントしました。「僕達は2年前に、南アフリカの民主化10周年記念コンサートに参加して、その時に、もう一度ここに来てフリー・コンサートを開催すると約束したんだ。その時、ブラック・アイド・ピーズと一緒にお祝いするチャンスを得られなかった人々のためにね」。

2006.04.26更新


■ディディーのニュー・アルバムに参加

 ディディーが、MTVヨーロッパとのインタビューで、ニュー・ソロ・アルバムをアメリカで9月19日にリリースする予定だと語りました。このアルバムには、メアリー・J.ブライジ、ブラック・アイド・ピーズのウィル・アイ・アム、ナズ、Christina Aguilera、Brandy、Busta Rhymesといった人々を起用する予定だそうです。アルバムについてディディーは、次のようにコメントしています。
 「俺が、ダンス、エレクトリック、テクノ、ヒップホップ、ソウル、ポップといった音楽から学んだことを、このアルバムに取り入れているんだ。そういった音楽が混ざり合って一つになったようなアルバムだよ。今、ヒップホップの中にあるのは、銃、社会問題、罵り合いといった、すごくハードコアなものばかりで、ロマンティックになっているヤツなんていやしない。でも、誰だって自らの中には、必ずそういう部分もあるはずだよ。俺は、ハイ・ファッションで、エネルギッシュで、スピリットが満載されているアルバムにしたいと思う。グッド・フィーリングになるようなものにしたいね」。

2006.04.24更新


■国際的音楽授賞式MTV VIDEO MUSIC AWARDS JAPAN 2006にノミネート!

5/27(土)に国立代々木競技場第一体育館で行われる国際的音楽授賞式MTV VIDEO MUSIC AWARD JAPAN 2006でブラック・アイド・ピーズが3部門ノミネート!最優秀アルバム賞 【Best Album of the Year】(『MONKEY BUSINESS』)、最優秀グループビデオ賞、【Best Group Video】(「Don't Phunk with My Heart」)、最優秀ポップビデオ賞 【Best Pop Video】(「Don't Phunk with My Heart」)。

2006.04.06更新


■チャリティのため、ホテルのスイートルームをデザイン

ブラック・アイド・ピーズが、ホテルの高級スイートルームのデザインを手掛けることになりました。彼らが手掛けるのは、'07年7月にカリフォルニア州サンディエゴにオープン予定の『Hard Rock Hotel』にある17のスイートルーム『Rock Star Suite』で、家具から備品に至るまで、すべてを彼らが選ぶのだそうです。これらのスイートルームは100万ドル(1億1800万円)以上で分譲販売される予定で、そのうち1部屋分の売上が、ブラック・アイド・ピーズが主宰する子供達を支援するチャリティ組織『The Peapod Foundation』に寄付されるということです。

2006.04.05更新


■カナダ最大の音楽賞『2006 Juno Awards』の受賞者が決定

カナダ最大の音楽賞『第35回 2006 Juno Awards』の授賞式が開催され、ブラック・アイド・ピーズとダイアナ・クラールが受賞しました。ブラック・アイド・ピーズは『モンキー・ビジネス』で"International Album Of The Year"を受賞しましたが、Coldplayの『X&Y』と同票で、2組が同時受賞という異例の措置が執られました。ダイアナ・クラールは『Christmas Songs』で"Vocal Jazz Album Of The Year"を受賞しています。また、4月2日にNova ScotiaのHalifaxにあるHalifax Metro Centreで開催された授賞式では、すでにカナダを代表するアーティストになっているブライアン・アダムスが、今年"Canadian Music Hall Of Fame(カナダ音楽の殿堂)"に加わったと発表されました。ColdplayのChris Martinから紹介されたブライアンは、トレードマークの白いシャツ姿で登場し、「もし(カナダの)ヴァンクーヴァーでキャリアをスタートさせていなかったら、今、僕はこの場にいなかったでしょう」とコメントしています。なお、授賞式では、ブラック・アイド・ピーズやブライアン・アダムスがパフォーマンスを披露。この模様はCTVを通じてカナダ全土に生中継されました。

2006.09.01更新


■'05年の全世界アルバム・セールス・トップ10発表

 '05年の全世界アルバム・セールス・トップ10(Global Top 10 Albums Of 2005)が発表され、マライア・キャリーが2位に、50セントが3位に、ブラック・アイド・ピーズが4位に、エミネムが8位にランクインしました。International Federation Of The Phonographic Industry(IFPI/国際レコード産業連盟)が発表した、各アルバムの'05年世界セールスは以下の通りです。
2位:マライア・キャリー『MIMI』(770万枚)
3位:50セント『ザ・マッサカー~殺戮の日。』(750万枚)
4位:ブラック・アイド・ピーズ『モンキー・ビジネス』(680万枚)
8位:エミネム『カーテン・コール。~ザ・ヒッツ』(550万枚)

2006.04.05更新


■アメリカで8曲入り限定リミックスEPをリリース

 ブラック・アイド・ピーズが、iTunes StoresとBest Buy(全米のミュージック・ショップ・チェーン)限定で、8曲入りEP『Renegotiations : The Remixes』をリリースすると発表しました。iTunes Storesで3月21日に、Best Buyで28日にリリースされるこのEPは、アルバム『モンキー・ビジネス』からピックアップされた8曲のリミックス・ヴァージョンを収録したもので、Erick Sermon、DJ Premier、Jazzy Jeff、Pete Rockなどがリミックスを担当しています。
 また、ブラック・アイド・ピーズの「マイ・ハンプス」(アルバム『モンキー・ビジネス』収録)の携帯着メロのセールスが、アメリカで200万ダウンロードを突破したと公表されました。アメリカでの着メロ・セールスで、200万ダウンロードを超えた曲は「マイ・ハンプス」が史上初となります。

<『Renegotiations : The Remixes』収録曲目>
1. Like That (Album Version)
2. Ba Bump (Erick Sermon Remix)
3. My Style / feat. Justin Timberlake (DJ Premier Remix)
4. They Don't Want Music / feat. James Brown (Pete Rock Remix)
5. Feel It (Jazzy Jeff Soulful Remix)
6. Audio Delite (Album Version)
7. Disco Club (Large Pro Peas Remix)
8. Like That / Video (iTunes Only)

2006.03.15更新


■米『Kids' Choice Awards 2006』のノミネーション発表

アメリカの子供向けテレビ局、Nickelodeonが主催する『第19回 Kids' Choice Awards 2006』のノミネーションが発表され、マライア・キャリー、ネリー、ブラック・アイド・ピーズ、グウェン・ステファニーが各賞にノミネートされました。このアウォーズは、音楽以外に映画、テレビ、スポーツなどを対象としたもので、受賞者は子供達の投票により決定します。なお、4月1日にロサンゼルスのUCLAにあるPauley Pavilionで開催される授賞式の模様は、同局を通じて全米に生中継される予定です。
 各アーティストのノミネート部門は以下の通りです。
<マライア・キャリー>
Favorite Female Singer
Favorite Song:「ウィ・ビロング・トゥゲザー」
<ネリー>
Favorite Male Singer
<ブラック・アイド・ピーズ>
Favorite Music Group
<グウェン・ステファニー>
Favorite Song:「ホラバック・ガール」

2006.09.01更新


■PCDの「Beep」がUKシングル・チャートで初登場2位を獲得

3月5日付けのUK総合シングル・チャートで、ブラック・アイド・ピーズのウィル・アイ・アムをフィーチャーしたプッシーキャット・ドールズの英ニュー・シングル「Beep」(アルバム『PCD』収録)が初登場2位を獲得しました。

2006.03.08更新


■MTVアジア主催『MTV Asia Awards 2006』のノミネーション発表

今年で5回目となる、MTVアジア主催による音楽賞『MTV Asia Awards 2006』のノミネーションが発表され、カニエ・ウェスト、エミネム、マライア・キャリー、リンジー・ローハン、アシュリー・シンプソン、ブラック・アイド・ピーズ、プッシーキャット・ドールズがノミネートされました。視聴者の投票により選ばれる受賞者は、5月6日にタイのバンコクのSiam Paragonで開催される授賞式で発表されます。
 各アーティストのノミネート部門は以下の通りです。

<カニエ・ウェスト>
Favourite Male Artist
Favourite Video
<エミネム>
Favourite Male Artist
<マライア・キャリー>
Favourite Female Artist
<リンジー・ローハン>
Favourite Female Artist
<アシュリー・シンプソン>
Favourite Female Artist
<ブラック・アイド・ピーズ>
Favourite Pop Act
<プッシーキャット・ドールズ>
Favourite Breakthrough Artist

2006.03.08更新


■米『Soul Train Music Awards』授賞式報告

アメリカの長寿音楽番組『Soul Train』主催による、R&B、ヒップホップ、ラップ、ゴスペルを対象とした音楽賞『第20回 Soul Train Music Awards』の授賞式が3月4日にロサンゼルス郊外パサデナのPasadena Civic Auditoriumで開催され、マライア・キャリーがJohn Legendと並び最多2部門で受賞しました。他にブラック・アイド・ピーズとカニエ・ウェストが各1部門で受賞しています。受賞に際してマライアは、「この1年は、私の人生の中で、最もビッグで、最も成功した1年になりました。自らが強くなれば、何事にも打ち勝てるのです」とコメント。なお、受賞者は、ラジオを中心とした音楽業界関係者により選ばれました。
 また、今年から、スティーヴィー・ワンダーの功績にちなみ、優れたソングタイターを称える功労賞"Stevie Wonder Lifetime Achievement"がスタートし、第1回受賞者にR. Kellyが選ばれました。授賞式では、スティーヴィー自らがプレゼンターを担当。ちなみに、同賞のトロフィには、スティーヴィーの姿を型取ったブロンズの銅像が付いているということです。
 各アーティストの受賞部門は以下の通りです。

<マライア・キャリー>
Best Female R&B-Soul Single:「ウィ・ビロング・トゥゲザー」
Best Female R&B-Soul Album:『MIMI』
<ブラック・アイド・ピーズ>
Best Group, Band or Duo R&B-Soul Album:『モンキー・ビジネス』
<カニエ・ウェスト>
Michael Jackson Award for Best R&B/Soul or Rap Music Video:「ゴールド・ディガー」(feat. ジェイミー・フォックス)

2006.03.08更新


■カナダ最大の音楽賞『2006 Juno Awards』のノミネーション発表

カナダ最大の音楽賞『2006 Juno Awards』のノミネーションが2月15日に発表され、ダイアナ・クラール、50セント、ブラック・アイド・ピーズ、グウェン・ステファニーが各賞にノミネートされました。ダイアナ・クラールは、主要部門である"Artist Of The Year""Album Of The Year""Juno Fan Choice Award"など、全5部門にノミネートされています。また、50セント、ブラック・アイド・ピーズ、グウェン・ステファニーは、並んで"International Album Of The Year"にノミネートされました。なお、4月2日にNova ScotiaのHalifaxで開催される授賞式では、ブライアン・アダムスがパフォーマンスを行なう予定で、この模様はCTVを通じてカナダ全土に生中継されます。

2006.03.08更新


■NASCARレースの『Daytona 500』でファーギーがアメリカ国歌斉唱

NASCARの'06年シーズン・オープニング・レース『Daytona 500』で、ブラック・アイド・ピーズのファーギーが、レース前のアメリカ国歌斉唱を行なうことに決定しました。今年の『Daytona 500』は2月19日に、フロリダ州デイトナ・ビーチのDaytona International Speedwayで開催される予定です。この模様はNBCテレビを通じて全米に放映されます。

2006.02.15更新


■米MTV主催『第4回 TRL Awards』の出演者&ノミネーション発表

米MTVの人気番組『TRL』(Total Request Live)が主催する『第4回 TRL Awards』の授賞セレモニーに、マライア・キャリー、カニエ・ウェスト、U2のボノ、アシュリー・シンプソン、フォール・アウト・ボーイが出演すると発表されました。視聴者の投票により決定する受賞者は、全米で2月25日に放映される同番組内で発表されます。
 また、上記のアーティスト以外に、グウェン・ステファニー、50セント、エミネム、ブラック・アイド・ピーズ、リンジー・ローハン、ザ・キラーズが各部門にノミネートされています。
 各アーティストのノミネート部門は以下の通りです(U2のボノのみ、すでに"Most Inspired Artist Award"の受賞が決定)。

<フォール・アウト・ボーイ>
Best New Artist
Best Group That Actually Plays Instruments
<グウェン・ステファニー>
TRL's 1st Lady
Roc Da Mic
<50セント>
Man Of The Year
Roc Da Mic
<マライア・キャリー>
TRL's 1st Lady
<カニエ・ウェスト>
Man Of The Year
<エミネム>
Man Of The Year
<ブラック・アイド・ピーズ>
Roc Da Mic
<リンジー・ローハン>
Fake ID
<ザ・キラーズ>
Best Group That Actually Plays Instruments
<U2>
Most Inspired Artist Award:ボノ

2006.02.15更新


■『第48回 グラミー賞』授賞式報告

アメリカ最大の音楽賞『第48回 グラミー賞』の授賞式が2月8日にロサンゼルスのStaples Centerで開催され、ブラック・アイド・ピーズが1部門受賞しました。
●Best Rap Performance By A Duo Or Group:「ドント・ファンク・ウィズ・マイ・ハート」

 Sly & The Family Stoneのトリビュート・セッションには、ブラック・アイド・ピーズのウィル・アイ・アムが参加。彼は、数々の名曲のメドレーのうち、「Dance To the Music」でラップを披露しました。最後にSly Stone本人も登場したこのセッションには、他にJohn Legend、Joss Stone、Fantasia、Devon Lima、Maroon 5、Ciara、AerosmithのSteven TylerとJoe Perry、Robert Randolphなどが参加しました。

2006.02.10更新


■『2006 MTV Australia Video Music Awards』のノミネーション発表

オーストラリアのMTV主催による『第2回 2006 MTV Australia Video Music Awards』のノミネーションが発表となり、カニエ・ウェスト、アシュリー・シンプソン、マライア・キャリー、U2、リアーナ、プッシーキャット・ドールズ、50セント、ブラック・アイド・ピーズ、スヌープ・ドッグが各部門にノミネートされました。授賞式は、4月12日にシドニーのSuper Domeで開催されます。
 各アーティストのノミネート部門は以下の通りです。

<カニエ・ウェスト>
Best Male Artist
Best Hip Hop Video:「ゴールド・ディガー」
Song Of The Year:「ゴールド・ディガー」
<アシュリー・シンプソン>
Best Female Artist
Best Pop Video:「ボーイフレンド」
<マライア・キャリー>
Best Female Artist
Best R&B Video:「シェイク・イット・オフ」
<U2>
Best Group
<リアーナ>
Best Dance Video:「ポン・デ・リプレイ」
<プッシーキャット・ドールズ>
Best R&B Video:「ドンチャッ!」
<50セント>
Best Hip Hop Video:「キャンディ・ショップ」
<ブラック・アイド・ピーズ>
Best Hip Hop Video:「ドント・ファンク・ウィズ・マイ・ハート」
<スヌープ・ドッグ>
Best Hip Hop Video:「ドロップ・イット・ライク・イッツ・ホット」

2006.02.10更新


■米『Soul Train Music Awards』のノミネーション発表

アメリカの長寿音楽番組『Soul Train』主催による、R&B、ヒップホップ、ラップ、ゴスペルを対象とした音楽賞『第20回 Soul Train Music Awards』のノミネーションが2月2日に発表され、マライア・キャリー、ブラック・アイド・ピーズ、グウェン・ステファニー、カニエ・ウェストが各2部門にノミネートされました。他に、コモン、フロエトリー、プッシーキャット・ドールズが各1部門でノミネートされています。ラジオを中心とした音楽業界関係者により選ばれる受賞者は、3月4日にロサンゼルス郊外パサデナのPasadena Civic Auditoriumで開催される授賞式の席上で発表されます。
 各アーティストのノミネート部門は以下の通りです。
<マライア・キャリー>
R&B-Soul Single, Female:「ウィ・ビロング・トゥゲザー」
R&B-Soul Album, Female:『MIMI』
<ブラック・アイド・ピーズ>
R&B-Soul Album, Group, Band or Duo:『モンキー・ビジネス』
R&B-Soul or Rap Dance Cut:「マイ・ハンプス」
<グウェン・ステファニー>
R&B-Soul Single, Female:「ホラバック・ガール」
R&B-Soul or Rap Dance Cut:「ホラバック・ガール」
<カニエ・ウェスト>
R&B-Soul or Rap Music Video:「ゴールド・ディガー」(feat. ジェイミー・フォックス)
R&B-Soul or Rap Dance Cut:「ゴールド・ディガー」
<コモン>
R&B-Soul or Rap Music Video:「テスティファイ」
<フロエトリー>
R&B-Soul Single, Group, Band or Duo:「スーパースター」(feat. コモン)
<プッシーキャット・ドールズ>
R&B-Soul Single, Group, Band or Duo:「ドンチャッ!」(feat. バスタ・ライムス)

2006.02.08更新


■NYで開催されたチャリティ・ファッション・ショウにモデルとして登場

2月3日にニューヨークで、ミュージシャンや女優などのセレブがモデルを務める恒例のチャリティ・ファッション・ショウ『Heart Truth Red Dress』が開催され、リンジー・ローハン、シェリル・クロウ、ブラック・アイド・ピーズのファーギー、クリスティーナ・ミリアン、JoJo、ネリー・ファータドがモデルとして登場しました。心臓病など、女性の呼吸器疾患に対する見識を広めるためのこのショウは、現在開催中の'06年ニューヨーク秋冬コレクション(Olympus Fashion Week Fall 2006)の一環として開催されたもので、モデルは全員がトップ・デザイナー作の赤いドレスを着てキャットウォークを歩いています。シェリル・クロウはRalph Laurenのホルター・ドレス、クリスティーナ・ミリアンはMax Azria Atelierの宝石ストラップ付きドレス、リンジー・ローハンはCalvin KleinのVフロント長そでドレスを着用しました。

2006.02.08更新


■フランス最大の音楽賞『NRJ Awards 2006』の2部門で受賞

フランス最大の音楽賞『NRJ Awards 2006』(ラジオ局NRJ主催)の授賞式で、ブラック・アイド・ピーズが2部門を受賞しました。1月21日にカンヌで開催された授賞式で彼らは、"Best International Group"と、『モンキー・ビジネス』で"Best International Album"を受賞しています。

2006.01.25更新


■ウィル・アイ・アムがJustin Timberlakeと共に音楽制作チームをスタート

ブラック・アイド・ピーズのウィル・アイ・アムがJustin Timberlakeと共に、音楽制作チーム『Jawbreakers』をスタートしました。現在2人はスタジオで作業中ですが、その半分はJustinのニュー・アルバム用で、もう半分は、ウィル・アイ・アムの新レーベルからリリース予定のMacy Grayのニュー・アルバム用だということです。なお、ウィル・アイ・アムは、Justinのニュー・アルバムのプロデュースも手掛けています。

2006.01.25更新


■ウィル・アイ・アムが自身のレーベル"will.i.am music group"を設立

ブラック・アイド・ピーズのウィル・アイ・アムが、米A&M/Interscopeとのジョイント・ヴェンチャーで、自身のレーベル"will.i.am music group"を設立しました。このレーベルからの第1弾作品は、全米で2月14日にリリースされるSergio Mendesのアルバム『Timeless』になります。今後"will.i.am music group"からはMacy Grayや、ブラック・アイド・ピーズのファーギーのソロ・アルバムなどがリリースされる予定になっています。なお、ウィル・アイ・アムは、ファーギーのソロ・アルバムについて、「すでにほとんど完成している」と語っています。

2006.01.18更新


■米『第37回 NAACP Image Awards』のノミネーション発表

NAACP(全米黒人地位向上協会)が主催する『第37回 NAACP Image Awards』のノミネーションが発表となり、マライア・キャリーとカニエ・ウェストがAlicia Keysと並び、音楽部門の最多4部門でノミネートされました。他に、メアリー・J.ブライジ、コモン、スティーヴィー・ワンダー、インディア.アリー、ブラック・アイド・ピーズ、フロエトリーが各賞にノミネートされています。このアウォーズは音楽以外に、テレビ、映画、出版などの各界で活躍した人々の栄誉を称えるためのもので、授賞式は2月25日にロサンゼルスで開催されます(米FOXテレビで3月3日に放映)。
 各アーティストのノミネート部門は以下の通りです。

<マライア・キャリー>
Outstanding Female Artist
Outstanding Music Video:「ウィ・ビロング・トゥゲザー」
Outstanding Song「ウィ・ビロング・トゥゲザー」
Outstanding Album:『MIMI』
<カニエ・ウェスト>
Outstanding Male Artist
Outstanding Music Video:「ダイヤモンドは永遠に」
Outstanding Song:「ダイヤモンドは永遠に」
Outstanding Album:『レイト・レジストレーション』
<メアリー・J.ブライジ>
Outstanding Female Artist
Outstanding Song:「ビー・ウィザウト・ユー」
Outstanding Album:『ザ・ブレイクスルー』
<コモン>
Outstanding Male Artist
Outstanding Music Video:「テスティファイ」
<スティーヴィー・ワンダー>
Outstanding Male Artist
<インディア.アリー>
Outstanding Female Artist
<ブラック・アイド・ピーズ>
Outstanding Duo or Group
<フロエトリー>
Outstanding Duo or Group

2006.01.13更新


■UK最大の音楽賞『Brit Awards 2006』のノミネーション発表

UK最大の音楽賞『Brit Awards 2006』のノミネーション発表セレモニーが1月10日にロンドンで開催され、カイザー・チーフスがJames Bluntと並び最多5部門でノミネートされました。他に、ジャック・ジョンソン(2部門)、カニエ・ウェスト(2部門)、U2(2部門)、イアン・ブラウン、プッシーキャット・ドールズ、シュガーベイブス、BECK、ビョーク、マライア・キャリー、ブラック・アイド・ピーズが各賞にノミネートされています。授賞式は2月15日にロンドンのEarl's Courtで開催される予定で、すでにカイザー・チーフスとカニエ・ウェストがパフォーマンスを行なうことに決定しています。なお、カイザー・チーフスは、ノミネート発表セレモニーにも出席し、数曲のパフォーマンスを披露しました。
 各アーティストのノミネート部門は以下の通りです。

<カイザー・チーフス>
British Album:『エンプロイメント』
British Group
British Rock Act
British Breakthrough Act
British Live Act
<ジャック・ジョンソン>
International Breakthrough Act
International Male Solo Artist
<カニエ・ウェスト>
International Male Solo Artist
International Album:『レイト・レジストレーション』
<U2>
International Group
International Album:『ハウ・トゥ・ディスマントル・アン・アトミック・ボム』
<イアン・ブラウン>
British Male Solo Artist
<プッシーキャット・ドールズ>
International Breakthrough Act
<シュガーベイブス>
British Single:「Push The Button」
<BECK>
International Male Solo Artist
<ビョーク>
International Female Solo Artist
<マライア・キャリー>
International Female Solo Artist
<ブラック・アイド・ピーズ>
International Group

2006.01.13更新


■フェスティバル形式の全米ツアー『Honda Civic Tour』のヘッドライナーに決定

ブラック・アイド・ピーズが、今年で6回目を迎える『Honda Civic Tour』のヘッドライナーに決定しました。フェスティバル形式で開催されるこの全米ツアーは、3月23日のカリフォルニア州フレズノ公演からスタートする予定で、全日程は近日中に発表される見込みです。なお、このツアーに合わせてブラック・アイド・ピーズは、彼らの希望を取り入れたHonda Civic Hybridを特注。ブラック・アイド・ピーズをテーマにしたペイントが施されているこの車には、特別なPAシステムや、XMサテライト・ラジオなどが搭載されているそうで、ラッキーな1名のファンにプレゼントされる予定になっています。なお、このツアーについてファーギーは、「Hondaは、環境にやさしい車をプロデュースするという面において、グレイトなサポーターであり、流行の発信者でもあります。ですから、私達は彼らと手を組んで、全米にいる多くの新旧ファンに、私達のライヴ・ショウを披露できることにエキサイトしているのです」とコメントしました。

2006.01.10更新


■インテル社の新ブランドお披露目パーティでパフォーマンス

ブラック・アイド・ピーズが、1月8日にラスベガスで開催されたインテル社のパーティでパフォーマンスを行ないました。このパーティは、1月5~8日にラスベガスで開催された、大規模なエレクトロニクスの展示会『International CES』の一環として行なわれたもので、インテル社の新ブランド『Viiv』『Centrino』のお披露目が目的となっていました。ブラック・アイド・ピーズは、今後もこの新ブランドの各プロモーション活動に起用される予定になっています。

2006.01.10更新


NEWS一覧に戻る

 
 
 

FACEBOOK