NEWS

TOPICS

2004年のニュース

■『第47回グラミー賞』にノミネート

 12月7日、ハリウッドで『第47回グラミー賞』のノミネーション発表記者会見が開催され、ビョークが下記の2部門にノミネートされました。なお、『第47回グラミー賞』の授賞式は'05年2月13日に、ロサンゼルスの Staples Centerで開催される予定になっています。
Best Female Pop Vocal Performance:「Oceania」
Best Alternative Music Album:『Medulla』

2004.11.29更新


■「フー・イズ・イット」マキシ&DVDシングル12/1発売

 5thアルバム『メダラ』からの1stマキシ・シ ングル&DVDシングル「フー・イズ・イット」が12月1日に発売になります。 マキシ・シングルには「オーシャニア」のケリスをフィーチャリングしたヴァージョンが収録。(ポスター仕様アートワーク)。DVDシングルで見れる 「フー・イズ・イット」のビデオ監督はカイリー・ミノーグの「キャント・ゲット・アウト・オブ・マイ・ヘッド」を監督したDawn Shadforthを起用。他にはアート・リンゼイとのコラボも聞けます。

2004.11.29更新


■『2004 MTV Europe Music Awards』にノミネート

 『2004 MTV Europe Music Awards』のノミネーションが10月6日に発表され、ビョークがBest Alternative Act部門にノミネートされました。11月18日にローマのTor Di Valle Hippodromeで開催される授賞式の模様は、MTVヨーロッパを通じてヨーロッパ全土に生中継される予定です。

2004.10.13更新


■『メダラ』SACDとLPの発売日変更について

 8月25日発売になったビョークのニュー・アルバム『メダラ』。SACDとLPの発売日がそれぞれ下記の通り変更になりました。今後も変更があれば、このページでお知らせします。

①SACD:  10/13発売決定
3ピースケースアルバムCD(価格:税込\3,000)
UIGP-1001
*ボーナス・トラック収録予定 
②重量ヴァイナル(LP): 10/21発売決定
直輸入仕様(価格:税込\3,100)
UIJP-1003/4

2004.10.13更新


■快調な出だし!『メダラ』世界のアルバム・チャート

ビョーク通算5作目のスタジオ・アルバム『メダラ』は日本を皮切りに世界各国で大成功を収めており、9ヶ国でセールス・チャートTOP10にエントリーしました。アメリカにおいてもビルボード初登場14位と好成績を作りました。依然、女王君臨です!
 なお、各国でのチャート状況は以下の通り。
# 1 France
# 2 Italy , Denmark & Japan (international)
# 3 Norway, Switzerland
# 4 Finland
# 5 Germany, Portugal
# 6 Austria
# 9 Mexico
# 9 UK
#14 US
# 17 Australia
# 20 Holland
# 22 Ireland

2004.9.10更新


■『メダラ』がUKアルバム・チャートで初登場9位を獲得

 『メダラ』がUKアルバム・チャートで初登場9位 を獲得 9月5日付けのUK総合アルバム・チャートで、ビョークのニュー・アルバム『メダラ』が初登場9位を獲得しました。  

2004.9.8更新


■「オーシャニア」のラジオ・プロモーション盤でケリスをフィーチャー

 8月25日に日本先行発売になったビョークの ニュー・アルバム『メダラ』。リード・トラック「オーシャニア」のラジオ・プロモーション盤には、アルバムには未収録のビョークとケリスのデュエットのラ ジオ・ミックスが収録され、日本のラジオ局でもOAが始まっています。ビョークはこのミックスのためにケリスとともに再レコ―ディングを行っているそう で、この新しいヴァージョンのプロデュースもビョーク本人が手掛けています。

2004.9.3更新


■ニュー・アルバム 『メダラ』を海外の各誌が絶賛

 ビョークのニュー・アルバム 『メダラ』が8/25の日本に続き、8/30に世界で発売され、各誌で絶賛されています。その一部をここでご紹介します。
NME 「ここでハッキリさせましょう。ビョークはとても、とっても特別な存在です。マドンナ、エイフェックス・ツイン、レディオヘッドが一つになったような存在感。」
The Times 「彼女にとってはもっとも標準的なポップアルバムであるが、非常に抜きん出たアルバムである。」
Mojo「こんなに勇敢なCDを今年ほかに聞かないであろう」
Saturday Telegraph 「またもやとてつもないオリジナル・アルバム完成」
Dazed&Confuse d「通常のビョークのアルバムは彼女と五万というかけ離れた魂との対話のような感じがするが、『メダラ』は、それでもさらに近い関係を築いているようだ。」
The Independent 「ソロとして、開拓してきたこれまでの花綱模様のアルバムの中でもっとも野心溢れる作品だ。」
 また、UNCUT誌では、4つ星評価で、以下の内容で始まるレビューを掲載しています。
「アイスランド出身のビョークが、実験的で、魂を求めた、ヴォーカル幻想曲を持って新しいキャリアの第2章に入った。
『メダラ』はメジャー級のアーティストであれば、制作することをそれほど良しとされないアルバムの類である。たとえば、ビョークが露呈した色見本のような サウンドは、まさに新たに傑作完成のための準備のようなものだ。明らかに実験的な『メダラ』のような作品は最近発売された他のアーティストのアルバムの中 でもセールス的に成功するのではないだろうし、2001年に発表され世界のオペラハウスでのライヴをソールド・アウトにした『ヴェスパタイン』よりは鈍い 反応を得るだろうが、これだけのキャリアのある彼女の現在において、この月桂冠をも燃やし尽くすような冒険的作品をあえて作った、という自己信頼感が彼女 の中に芽生えたに違いない。(以下省略)」

2004.9.1更新


■最新ビデオ・クリップ「オーシャニア」PVフル視聴!

 8月13日のアテネオリンピック開会式でビョークがパフォーマンスを披露した新曲「オーシャニア」。当日会場のビジョンで公開されたPVの45秒視聴を18日からスタートしましたが、本日より待望のフルレングスでの視聴を開始!ビョークがコメントしている通り、海をテーマにした内容で、昨年のフジロックでのビョークのステージのバックに流れた映像の制作も担当したリン・ フォックスが手掛けています。また、DVD『コンプリート・ヴォリューメン』にも収められている過去の傑作PVの視聴(45秒)も5曲追加!

2004.8.24更新


■いよいよ明日ニュー・アルバム『メダラ』先行発売!MTVウェブサイトでファースト・リッスン開始!!

 いよいよ明日、8月25日に日本先行発売になるビョークのニュー・アルバム『メダラ』。それに先駆けMTVのウェブサイトでは8月30日までの期間限定でアルバム全曲のオーディオ試聴を開始。この新しいビョークの音楽世界を体験してみたい方はこちらへ。(*なお、試聴にあたってはMTV JAPANメンバー登録(無料)が必要となります。)

2004.8.24更新


■アテネオリンピック開会式で歌った「オーシャニア」試聴開始

 8月13日(現地時間)に行われたアテネオリン ピック開会式で、堂々と美しく、壮大なパフォーマンスを見せたビョークの新曲「オーシャニア」。世界地図が描かれたビョークのドレスの裾が、歌に乗せてま るで海のように1万人を超える選手全員の頭上に広がり、全員を包み込み、まさに声明文の彼女自身のコメント「海には今、国境も宗教も人種も見えていませ ん。それこそがこの大会の一番大切なテーマです」をそのまま反映させたパフォーマンスでした。
 会場のビジョンに映されていた映像はこの曲のビデオ・クリップで、制作は2003年のフジ・ロックのビョークのステージのバックに流れた映像の制作も担当したリンフォックス。


 なお、8月25日に発売されるニュー・アルバム『メダラ』に収録される、この「オーシャニア」の試聴を本日より開始しています。

2004.8.14更新


■アテネオリンピック開会式で新曲をパフォーマンス

 現地時間の8月13日(金)にアテネで開催される オリンピックの開会式で、ビョークがパフォーマンスを行います。全世界で45億人が目にすると言われるその開会式で、ビョークのパフォーマンスはもっとも 注目される、いわばハイライトになると言えるでしょう。ビョークは、日本時間14日午前5時頃、選手のパレードが終了した直後、14,000人の総ての参 加選手が会場の中央に並び終えたところで登場、選手たちは全員そこでビョークの歌を聴き開会式の終わりを見届けるという予定になっています。  ここでビョークが歌うのは「オーシャニア」という曲で、このオリンピックの開会式のために書き下ろされた曲です。これは8月25日発売の、彼女の最新ア ルバム『メダラ』に収録されます。ビョーク自身は、この出演に関して次のようにコメントしています。   「オリンピックのための作曲と演奏披露を依頼されたのはとても光栄なことです。この曲は、大地をとり囲む海の視点から書いてみました。海は何百万年もの 間、その間に進化を遂げる人間たちの行動を見守ってきました。海は今、国境も、人種と宗教の違いも見えていません。それはいつだってこの大会の一番大切な テーマです。」

2004.8.14更新


■ニュー・アルバム最新情報

 待望のニュー・アルバムに関する最新情報をお知らせします。尚、この情報はあくまで掲載時点での予定であり、今後変更があれば更新いたします。
 アルバム・タイトル:「メダラ」
1.発売日: 8月25日(日本先行)
  【形態】 通常盤: 3ピースケースアルバムCD(価格: 税込\2,548)、ボーナス・トラック1曲入り

2.発売日: 9月22日
  【形態】 ①通常盤SACD: 3ピースケースアルバムCD(価格:税込\3,000)
        *ボーナス・トラック収録予定
       ②重量ヴァイナル:直輸入仕様(価格:税込\3,100)

今作のコラボレイター:
-Rahzel: 元ルーツ
-マイク・パットン: 元フェイス・ノー・モア
-ドカカ: 日本のヒューマン・ビートボックス
-ロバート・ワイヤット: 元ソフト・マシーン
今作でもマーク・ベルやマーク・スパイク・ステント、マトモスといったビョーク制作陣が変わらず参加。
アルバムのアートワークは『ヴェスパタイン』と同じ写真家イネスとヴィヌードゥ、そしてデザイナーM/M

2004.7.14更新


■新作に日本人ビートボックス・アーティストのDOKAKAが参加

 現在レコーディング中のビョークのニュー・アルバ ムに、日本人ビートボックス・アーティストのDOKAKAが参加していると、彼女のオフィシャル・サイトで公表されました。DOKAKAは、ニルヴァーナ やキング・クリムゾン、メタリカといったアーティストのヒット曲をアカペラでプレイするアーティストで、ビョークとのレコーディングは3月にニューヨーク で行なわれた模様です。

2004.4.16更新

NEWS一覧に戻る