NEWS

TOPICS

2011年のニュース

■来日記者会見を実施、観光庁より感謝状を受ける


111116

最新スタジオ・アルバム『Dear Japan, 上を向いて歩こう』がいよいよ11月16日発売となるソウル・ミュージック界のレジェンド、ベン・E.キングが11月15日、ビルボードライブ東京にて記者会見を実施した。

記者会見では、まず「上を向いて歩こう」、「スタンド・バイ・ミー」の2曲をメドレーで演奏。「上を向いて歩こう」では話題の日本語バージョンを世界初披露し、「スタンド・バイ・ミー」では50年にもわたる円熟のパフォーマンスを披露した。その後はQ&Aコーナーとなり下記のような大御所の言葉が出た。

Q:日本語で歌うのは大変だったのでは?
BEK:「日本に何度も来ているので、言葉の感覚は分かっています。でも、日本語で歌うのは難しかったです。」

Q:「上を向いて歩こう」についての印象は?
BEK:「アメリカでもSUKIYAKIとして知られています。今回はこの曲の背景も知ることができてよかったです。」

Q:「スタンド・バイ・ミー」について今感じる印象は?
BEK:「50年の長い歴史をもつ曲。それだけたくさんの人が愛してくれました。さらに嬉しいのは、リスナーの方、それぞれが、この曲に思い出(結婚など)をもってくれていることがうれしいです。」

Q:レディー・ガガがよく「スタンド・バイ・ミー」をカバーしているが、レディー・ガガについて
BEK:「彼女は何をやってもOKですよね。彼女のやることはマジックだと思います。」

IMG_3691s

Q:ジョン・レノンが「スタンド・バイ・ミー」をカバーしたことについて
BEK:「若かりし日のThe Beatles全員と会ったことがあります。UKでコンサートをしたときにThe Beatlesのマネージャーが連れてきてくれました。ジョン・レノンのことはソングライターとしても凄く尊敬していますけれども、何よりもあの"スタンド・バイ・ミー"をまるで自分の曲のように歌ってくれたことが大変うれしかったですね。」

Q:東日本大震災について
BEK:「ミュージシャン/エンターテイナーとしていろんな国を訪れてきました。遠い国のことでもパーソナルに感じます。15年来ている日本のことなので、心を痛めました。9.11と同じ感覚で忘れることはないでしょう。乗り越えて、立ち向かってほしいです。すぐには大変ですが、一歩づつ復興に向かってほしい。」

と日本への気遣いを見せたところで、溝畑 宏 観光庁長官が登場。ベン・E.キングに対して感謝状を手渡した。 さらに、レディー・ガガにもプレゼントした福島県会津地方の郷土玩具"起き上がり小法師"をベン・E.キングにもプレゼント。ネバー・ギヴ・アップ、「七転八起」の精神をもつこのサプライズ・プレゼントに対して、ベン・E.キングは「長官、本当にどうもありがとうございます。アメリカにもどりましたら自分の友人や知人に日本は本当に素晴らしい国だということを、伝えたいと思います。おいしい日本食もあるし、楽しい観光スポットもある。ぜひみんなで日本に行こうと伝えたいと思います。」とコメントし、記者会見は無事に終了した。

2011.11.16更新


■来日記念!「上を向いて歩こう」他 『Dear Japan, 上を向いて歩こう』収録曲の着うた(R)、着うたフル(R)本日発売!

[販売サイト] ユニバーサル ミュージック公式携帯サイト / レコチョク / Music.jp / dwango.jp / JOYSOUND / オリコンスタイル / TSUTAYA プレミア / YAMAHA My Sound / ミュージコ♪ / HAPPY!うた♪/ 着信★うた♪フル/ クラブZION / mu-mo

2011.11.16更新


■今週はあの「スタンド・バイ・ミー」の制作秘話についてベン・E.キングが語ります

歴史的スタンダード曲となった「スタンド・バイ・ミー」。今週はベン・キングが名曲の制作秘話を語ります。

Id _111111

「私が1番思い出に残っているのはジェリー・リーバーとマイク・ストーラーとのレコーディングです。少しピアノで弾いただけで、彼らはすべてのミュージシャンをスタジオに呼び戻してくれました。その場であっという間に仕上げられましたが、こういうすばらしいことは滅多に起きることではないですね。2人は最高のソングライター達だったのですが、わざわざスタジオに戻って来てくれた。自分は当時20代でしたが、ワンテイクでやりました。もともとはドリフターズ向けだった曲なのですが、彼らはやらなかったので自分で歌ったんです。」(ベン・E.キング談)

2011.11.11更新


■今週は震災についてベン・E.キングが語ります

今週もベン・E.キングからのメッセージをお届けいたします。今回は「震災について」です。

Id _111027

「人間の力ではどうにもならないことが原因で家族がバラバラになってしまうのは非常につらいことで、心がとても痛みます。」(ベン・E.キング談)

2011.10.27更新


■今週はいよいよ「日本語で歌うこと」についてグローバル・ソウル・レジェンドのお言葉が!

毎週、グローバル・ソウル・レジェンド、ことベン・E.キングのお言葉をお届けしているこのコーナー。今週はいよいよこのプロジェクトの真髄である、「日本語で歌うこと」について御大に感想を聞いております。グローバル・ソウル・レジェンドのお言葉をぜひお楽しみ下さい。

Id _111020

「日本語で歌うことで日本の人々の心にも直接届くことが素晴らしいと思います。だから言葉を間違えないようにする、正しく歌うなど、やりがいがあると感じております。そして歌うことの大きな意味は言葉ではなく、心です。言葉の中の心を表現することが大事です。私は常に、エンタテイメントで最も重要な役目を持っているのはシンガーである、と言っております。レコードを聴くとき、シンガーはその場にいない。だから心で届けなくてはいけない、と思います。」(ベン・E.キング談)

2011.10.20更新


■御大のお言葉+「上を向いて歩こう」ミュージックビデオ到着!!

さて、ソウル・ミュージック界のリヴィング・レジェンド、ベン・E.キングのありがたいお言葉を毎週お届けしておりますが、今週は「上を向いて歩こう」(Sukiyaki)を選んだ理由についてです!そしてなんと「上を向いて歩こう」のミュージックビデオも到着。御大の歌う姿もぜひご覧ください!!

Id _111013

「私にとってのSukiyaki(「上を向いて歩こう」)はジョン・レノンがstand by meに込めた思いと同じだと思います。命が宿っているような曲と出会うと、その一部に関わりたくなるんです。私たちのようなソングライターは言葉とつながっている。素晴らしい意味を持つ曲は歌いたくて仕方なくなるのです。」(ベン・E.キング談)

2011.10.13更新


■今週のレア・インタビューを公開!

先週の『Dear Japan, 上を向いて歩こう』制作目的に続いて、今週はプロジェクトの成り立ち、
そして日本語で歌うこと、さらには「Sukiyaki(上を向いて歩こう)」について御大のお言葉が!

Id _111005

「NY在住の日本人音楽プロデューサーTOYA氏と彼の奥さんからユニバーサルとの仕事を勧められました。ユニバーサルには素晴らしいアーティストが多くいるので話にのることにしました。日本語で歌う話が来たときも、すぐにやりたいと思いました。初めての経験でしたが、日本語のレッスンも受けました。今からプロジェクトが完成するのが待ち遠しいです。
Sukiyaki(「上を向いて歩こう」)は素晴らしい曲で、人々の記憶に長くとどまっています。私の娘に曲だけを演奏して聞かせると、彼女も知っておりました。日本とは無縁の彼女さえも知っているという素晴らしい曲ですよね。」(ベン・E.キング談)

2011.10.05更新


■最新の超レアインタビュー動画を公開!

"グローバル・ソウル・レジェンド"、ベン・E.キング。いよいよ11月に迫った待望のニュー・アルバム『Dear Japan, 上を向いて歩こう』の発売を控え、今週よりベン・E.キングの最新インタビュー映像を毎週お届け致します。

今回お届けするのは『Dear Japan, 上を向いて歩こう』制作の目的について。

Id _110929

「今回の目的は日本の友人たちが震災後無事に過ごしているか確認することです。そしてユニバーサル・ミュージック・グループの一員に加われたことに感謝の意を示すことです。そしてパフォーマーとして日本とのつながりを維持していくことです。日本は私にとって非常に特別な場所で、以前も話したが日本を第2の故郷だと思っております。」(ベン・E.キング談)

2011.09.29更新


■祝、御年73歳を迎えました!本日9月28日はベン・E.キングの誕生日!

日本独自アルバム『Dear Japan, 上を向いて歩こう』をレコーディング制作真っ最中のキング氏、本日誕生日を迎え、御年なんと73歳!となりました。
今年で名曲「スタンド・バイ・ミー」が50周年を迎えるということは、20代前半の若さであの名曲を誕生させていたんですね!
ご本人はお子様やお孫様に囲まれ、ご家族全員でお食事会をする予定、とのことです。
また、この週末はスタンド・バイ・ミー財団主催のイベントに、マーサ&ザ・バンデラスなど豪華ゲストともに出演する予定です。

2011.09.28更新


■日本へのインタビューの一部をご紹介します!

質問:
「上を向いて歩こう」のバージョンに何か特別なメッセージを入れるとしたら、どんな事を伝えたいですか?

BEK:
"Everyday is a good day." ~「1日1日が素晴らしい日である」です。英語に訳された歌詞を読んだときに、この言葉が伝わってきました。日本の皆さんには、この想いを心のどこかに留めて歩んでいって欲しいです。

2011.09.14更新


 

NEWS一覧に戻る