BIOGRAPHY

Bell Biv DeVoe


ニュー・エディションのメンバーである、リッキー・ベル、マイケル・ビヴンス、ロニー・デヴォーの3人によって90年に結成された。アグレッシブで攻撃的 なアッパーR&B表現に徹し、R&Bチャートのトップに輝いた<ポイズン>、<BBD>、<ドゥー・ミー!>など数々のヒットを放ち、当 時、最先端のブラック・ミュージックであった「ニュー・ジャック・スウィング」の代表格として目されるようになる。'90年リリースのデビュー・アルバム 『ポイズン』(4xプラチナム)、'91年のリミックス・アルバム『ブートシティ』(プラチナム)、'93年『フーティ・マック』(ゴールド)をリリー ス。途中、ニュー・エディションのリユニオン、各人でのプロデュース・ワークなどを経て、2002年、遂に完成した3rdアルバム(リミックス・アルバム を除く)には、ロックワイルダーなど気鋭プロデューサーを迎え制作、時代の最先端を行くR&Bに仕上っている。