NEWS

TOPICS

チャリティ・シングル「ドゥ・ゼイ・ノウ・イッツ・クリスマス?(2014)」配信リリース!

◆ボブ・ゲルドフがエチオピア飢饉救済のためにミッジ・ユーロと共に書いた「ドゥ・ゼイ・ノウ・イッツ・クリスマス?」(1984)から30年、今年はエボラ出血熱撲滅運動支援のためにイギリスを代表するアーティストが集結、36時間で新ヴァージョンが録音され、ビデオも作られた。
 
◆このプロジェクトは非営利であり、すべての収益はエボラ出血熱撲滅と戦う世界の運動のためにBand Aid trustに送られます。
 
◆2014年11月15日(土)にロンドンのSARM STUDIOSでレコーディングが行われた。
SARM STUDIOS:Island Records創始者のクリス・ブラックウェルが創設、数多くの有名アーティストが使用、1984年の「ドゥ・ゼイ・ノウ・イッツ・クリスマス?」もレコーディングされた。
 
◆参加アーティスト(24組)(アルファベット順):
アンジェリック・キジョ、バスティル、ボノ(U2)、クリス・マーティン(コールドプレイ)、クリーン・バンディット、ディスクロージャー、エド・シーラン、エルボー、エリー・ゴールディング、エミリー・サンデー、Fuse ODG、ジェシー・ウェア、ジミー・ネイプス、ミッジ・ユーロ、オリー・マーズ、ワン・ダイレクション、パロマ・フェイス、ポール・エプワース、リタ・オラ、ロバート・プラント、ロジャー・テイラー(クイーン)、サム・スミス、シニード・オコナー、アンダーワールド
 
◆プロデューサー:ポール・エプワース(アデル『21』、ポール・マッカートニー『NEW』、コールドプレイ『ゴースト・ストーリーズ』など)、ミッジ・ユーロ
 プロジェクトのエグゼクティヴ・プロデューサー:ボブ・ゲルドフ、ミッジ・ユーロ、ジョン・ケネディ
 
◆カバー・アート:トレイシー・エミン(TRACEY EMIN)
1999年のターナー賞にノミネート、2007年のヴェネチア・ビエンナーレの英国代表に選出、2011年ロンドンのロイヤル・アカデミー・オブ・アーツにドローイング部門教授として迎えられる(同校史上初の女性教授2名のうちの1人)。現在最も著名な英国出身の女性アーティストの一人。
 
◆ボブ・ゲルドフのコメント
80年代の素晴らしいミュージシャンとスターが「ドゥ・ゼイ・ノウ・イッツ・クリスマス?」をアフリカ飢餓救済支援のためにレコーディングしてからもう30年になる。
今年は、やはりアフリカで、治療不可能なウィルスであるエボラ出血熱で亡くなっている人たちのためにレコーディングした。飢餓も病気も、貧困の結果である。
だから、寄付に感謝します。そして、この活動を支援してくれることに感謝します。
“ポップ”は小さなアート・フォームだけれど、こんなにも強力になれるのです。参加してくれてありがとう。
ボブ・ゲルドフ

NEWS一覧に戻る