Artist: アクスウェル Λ イングロッソ")
Label: UNIVERSAL INTERNATIONAL

BIOGRAPHY

AXWELL˄INGROSSO
(アクスウェル+セバスチャン・イングロッソ)

デフ・ジャム・レコーディングス(US)/ヴァージンEMI(UK)と契約

元スウェディッシュ・ハウス・マフィアの2人が2014年に新曲をリリース / デビューアルバムは2015年に発売

3 (38)元スウェディッシュ・ハウス・マフィアのメンバーだったデュオ、AXWELL˄INGROSSOがユニバーサル ミュージックと独占契約を結び、2014 年に新曲をリリースする。USはデフ・ジャム、UKはヴァージンEMIで、2015年にはデビュー・アルバムも発売する予定。これはAXWELL˄INGROSSOにとって初のオフィシャル・アルバムとなる。二人はスウェディッシュ・ハウス・マフィアでは、一度もフル・スタジオ・アルバムをリリースしていないが、世界中で1,000万枚以上のセールスを上げた。(2枚のコンピ・アルバムをヴァージン・レコーズ/Astralwerksより、2010年(Until One)と2012年(Until Now)にリリース)

「AXWELL˄INGROSSOがデフ・ジャムをレーベルに選んでくれたことを、われわれは非常に誇りに思う。二人の音楽は進歩的で、革新的で、すがすがしく、無限だ」 と、デフ・ジャムのCEO、Steve Bartelsはいう。「デフ・ジャムはDJカルチャーの芸術性もエネルギーも、今までの経歴で培ってきた。それはこのロゴに示されている。今回の契約はデフ・ジャム同様、皆にとって大きな意味のある出来事だ」

スウェディッシュ・ハウス・マフィアは、2012年にマディソン・スクエア・ガーデンのチケットを、市場にはアルバムが一枚も流通していなかったにもかかわらず、わずか9分で完売させたことで知られていた。解散したのは2013年3月で、その月にマイアミのウルトラ・ミュージック・フェスティバルで最後のセットをプレイした。その後デュオとして登場したAXWELL˄INGROSSOは、2014年3月後半に、Zane Loweがパーソナリティを務めるBBCのラジオ番組で新曲を初披露。「ぼくは本当に運が良かった。今週スタジオへ行って、楽曲をすべて聴くことができたのだから。これはきっとすごいことになるよ」とラジオでLoweは絶賛した。「この二人にとってまったく新しい時代の幕開けだ」

6月の始めに、バンドはアメリカに再び舞い戻った。彼らにとって初のヘッドライニング・ギグをニューヨークのガバナーズ・ボール、続いてラス・ヴェガスのエレクトリック・デイジー・カーニバルで行うことになったからだ。ロサンゼルス・タイムスは彼らの演奏をこう賞賛した。「世界で最も偉大なバンドの1つであることを望まれているプレッシャーをものともせず、このデュオのセットは、今までのプロジェクトのなかで、最もハードルが高く、遊び心に満ちたものだった……AXWELL˄INGROSSOのセットで明らかになったのは、二人が異なったアイデアでテンションにも楽曲制作にも取り組んだことだ……ファンが“On My Way”という仮題を与えた新曲は、サビの部分が耳に残りやすく、ヒット曲となる可能性を秘めているように思う。とはいえ、長めの間隔のドラム構成や、聴衆をからかうようなペーシングは、まったく新しいものだと感じた」

AXWELL˄INGROSSO(と三人目のメンバーのSteve Angello)は、スウェディッシュ・ハウス・マフィアとして2007年にコラボレーションを開始し、“One feat. Pharrell”や“Miami 2 Ibiza vs. Tinie Tempah”といった楽曲のヒットでマルチ・プラチナムを達成、ヨーロッパでは誰もが知る存在となった。2011年には“Save the World”をリリースし、“Antidote vs. Knife Party”も併せて、その勢いはとどまるところをしらなかった。

“Don't You Worry feat. John Martin”は2012年の大ヒット曲となり、UK、スウェーデン、オーストラリアで第1位を獲得。世界の主要国でトップ10入りを果たしたが、そこにはRIAA(全米レコード協会)がトリプル・プラチナム(300万枚)を認定したUSも含まれている。だが、2012年の終わりにSHMは“One Last Tour”(2013年)をもって解散することを発表し、AXWELL˄INGROSSO登場のための下準備にはいった。

スウェディッシュ・ハウス・マフィアについて:
スウェディッシュ・ハウス・マフィアはアクスウェル、セバスチャン・イングロッソ、スティーヴ・アンジェロから成るスーパー・グループだった。子どものころからの友人同士だった三人は、シングルを最速のスピードでBeatportの1位に到達させ、グラミー賞には2度ノミネートされ、1週間で100万枚のチケットをソールドアウトさせた。2010年にはUKでBPI(英国レコード産業協会)が認定するゴールド・セールス(40万枚)を初めて獲得し、インターナショナルな成功を満喫。2012年に告知した“One Last Tour”では36カ国を訪れ、5ヶ月で感動的な56回のショーを駆け抜けた。スウェーデン政府によるExport Prizes(ABBAなども受賞)に選ばれ、International Dance Music Awardでは4部門受賞(ノミネートは7部門)、加えてMTV European Ballz awardsではBest Swedish Actに選出されている。さらにビルボード・ミュージック・アワードでは4部門、ワールド・ミュージック・アワードでは2部門、グラミー賞では2部門にノミネートされた。ブランド・コラボでは楽曲“Greyhound”でのアブソルート・ウォッカを含む、ボルボ、ソニー・エリクソンなど。ファイナルツアーの最後の行程ではニューヨークでチャリティ・イベントBlack Tie Raveを行い、ハリケーン・サンディの義援金として100万ドルを集めた。市はエンパイア・ステート・ビルをスウェーデンのカラーである青と黄色に彩り、彼らに敬意を表した。また、一度は関係したポピュラー・ダンス・ミュージックへの憎悪をもみ消し、こういったチャートのトップに立つ努力や画期的なライブの数々で新たな前例を作りあげた。

Axwell/アクスウェルについて:
グローバルなアイコンで、グラミー賞に5回ノミネートされたAxwellの経歴は、スウェーデンのアンダーグラウンドの世界から始まって、マディソンン・スクエア・ガーデンや、UKチャートへと続いている。どのリリースも重要視すべきだという信念に動かされている彼のAxtone Recordsは、クオリティと一貫性でリードし続けて行くことを印象づけ、自分好みの音楽と周囲のフレッシュな才能とのバランスを取っている。己のレーベルでもすでに大きなヒット曲をいくつもリリース。“Feel The Vibe”、“Wonderful World”、そして思いがけなくクロスオーバー・アンセムとなった“I Found U”といった楽曲は、すべてAxの初期の活動の代名詞だ。

Sebastian Ingrosso/セバスチャン・イングロッソについて:
Sebastian Ingrossoはメロディの世界を熟知するミュージシャンで、同時にキック・ドラムのパワーもよく理解している。自身のレーベルRefuneー今年10周年を迎えたーを通してSebastianは、コンスタントに新たな才能を発見しては、そこから発展させている。そのなかにはOtto Knowsや、人気急上昇のAleesoがおり、後者はUSのデフ・ジャム、UKのヴァージン/EMIと契約を果たした。