BIOGRAPHY

Ldc 3f 5a 8f 70e 8c 3fa 1a 63b 7cd 4f 647c 13

1968年、新宿の地下劇場「蠍座(さそりざ)」公演(寺山修司・演出)、初のひとり舞台。その折に収録された寺山作品群(「かもめ」他)及び、自作の「夜が明けたら」等により、1970年、アルバム『浅川マキの世界』でデビュー。以降、現在まで1年に1作のオリジナルアルバム(CD)を発表。ジャンルでは語れない音楽創り。ビデオ「幻の男たち」では、数多くの優れた演奏者たちのなかで歌う、そんな有り様を観ることが出来る。1990年代に入ってJazz・3三作品(zero hour ゼロ・アワー・シリーズ)をプロデュース。宮澤昭、トリスタン・ホンシンガー、植松孝夫、この三氏のリード・アルバムはそれぞれに特異で非凡な作品群である。また、浅川マキ自身のライヴ活動は常にアンダー・グラウンド・シーンを行く。2010年1月17日公演先の名古屋にて急逝。