BIOGRAPHY

APOCALYPTICA / アポカリプティカ


全員フィンランドの名門シベリウス・アカデミー出身のミュージシャン達。現在もフリーの演奏家として活躍するかたわら、生徒たちも教えている。結成は 1993年までさかのぼる。シべリウス・アカデミーが毎年開催する"ミュージック・キャンプ"と呼ばれている合宿で遊び感覚で始めたのがきっかけだった。 ここでのパフォーマンスが大ウケし、大学史に残る名演奏とまで表されたのだった。その後、学内のパーティで2回ほど演奏し、95年にはヘルシンキのクラブ で行われた"ヘヴィ・メタル・ナイト"に招待され、その会場でレコード会社にレコード・デビューの話を持ちかけられたのが経緯だ。96年に「メタリカ・ク ラシック」でデビューし、ヘヴィ・メタル界に衝撃を与えた。ヨーロッパやアメリカのMTVで取り上げられ、SEX PISTOLSやSEPULTURA, BAD RELIGION等とライヴで共演もしている。さらに、96年11月には地元ヘルシンキでMETALLICAの前座に起用され、なんとアルバムはワールド ワイドで25万枚のセールスを記録している。 国内でもダンロップ、デジタイヤのCMに使われた楽曲「ドリヴン」は記憶に新しい。(UICO-1039 ベスト・オブ・アポカリプティカ収録) 今作『リフレクションズ』は、彼等にとってはライヴ、ベストを除くと通算4作目のアルバムとなり、2003年10 月にリリースされるや否や高評価を受けている。